アメリカ旅行記・前編@「キングコング」  旅行関係

それでは、アメリカ旅行記を始めましょう。

今回の航空会社はユナイテッド

クリックすると元のサイズで表示します

というのは、貯まったマイルを使ったためで、
7万マイルあれば十分なのですが、
時期的に往路3万5千マイル、復路8万マイルの
計11万5千マイルが必要。
保有マイルは10万マイルで、
1万5千マイル不足したため、
そのマイルを購入しての特典旅行。
この時期17万円ほどかかるところ、
追加購入の6万4千円で航空券を買えました。

チェックインは自動機械で。

クリックすると元のサイズで表示します

この日はお盆休みの始まりの8月9日。
荷物検査場からはみ出す事態となりました。

クリックすると元のサイズで表示します

ゲートに来れば、一安心。

クリックすると元のサイズで表示します

ほぼ定刻通りに出発。

クリックすると元のサイズで表示します

機内映画は70本ほどが日本語で観れます。

クリックすると元のサイズで表示します

観ていなかった「シャザム」、
近く日本公開の「トールキン」、
ミュージカルの予習の「アナと雪の女王」、
それに映画館で眠ってしまった
「スパイダーマン・スパイダーバース」(途中まで)
の4本。

機内食は3回。

クリックすると元のサイズで表示します

深夜に第2回。

クリックすると元のサイズで表示します

到着前に第3回。

クリックすると元のサイズで表示します

いよいよニューヨークが近づきます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

予定より30分早く到着。

クリックすると元のサイズで表示します

ニューアーク空港はニューヨーク近郊にある
国際空港の一つで、
場所はマンハッタンのハドソン河をはさんだ
ニュージャージー州にあります。

クリックすると元のサイズで表示します

マンハッタンには、空港バスを利用。

クリックすると元のサイズで表示します

通常、17ドル×2=34ドルかかるところ、
シニア割引と往復割引の併用で18ドル。

リンカーントンネルを通り、
市内のバスターミナルに着いたのは7時28分。

そこから10分ほど歩いて7時40分にホテル到着。

クリックすると元のサイズで表示します

ブロードウェイと8アベニューの間、49丁目の
まさに劇場街にあるホテル
ミュージカル観劇には最適のホテルです。

高級ホテルではありませんので、
ロビーは申し訳程度。

クリックすると元のサイズで表示します

狭い廊下。

クリックすると元のサイズで表示します

狭い部屋。
4畳半程度ですが、
これでも1泊1万5千円も取ります。
ニューヨークのホテルは高い。

クリックすると元のサイズで表示します

カーテンと壁紙の模様は、
こんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

窓の外は、ご覧のとおり、
隣のビルの壁です。

クリックすると元のサイズで表示します

荷物を開きもせず、
まずタイムススクェアの

クリックすると元のサイズで表示します

ディカウントチケットブースへ。

クリックすると元のサイズで表示します

というのは、
この日8時からの「キングコング」は、
日本でチケットの予約をしていなかったのです。
予約をしない理由は、
渋滞でバスが遅れる可能性があることと、
トニー賞の授賞式でどの程度の作品か分かっており、
あまり客の入りがよくなく、
多分ディスカウントチケットに出ているだろうと予想したため。

クリックすると元のサイズで表示します

予想は的中し、
正価より5千円も安いチケットが手に入りました。

上演中のブロードウェイ劇場

クリックすると元のサイズで表示します

やはり評判が悪く、
8月18日に閉幕。

クリックすると元のサイズで表示します

舞台奥に巨大な映像システムがあり、
そこに大恐慌時代のニューヨークが映し出されます。
振り付けがダサい。

クリックすると元のサイズで表示します

売れない女優が映画監督に拾われて南洋の島にロケに行き、

クリックすると元のサイズで表示します

そこで巨大生物に遭遇し、

クリックすると元のサイズで表示します

麻酔銃で眠らされたキングコングが
ニューヨークに連れて来られて見せ物にされ、
鎖を切ったコングが暴走し、
エンパイアー・ステートビルによじ登って、
飛行機からの攻撃を受け、
落下して死亡する・・・
という話を舞台で展開。

クリックすると元のサイズで表示します

キングコングはワイヤでつり下げられ、
10人ほどの黒子(くろご)が操作。
照明がは暗いものの、黒子の存在は丸見えです。

問題はキングコングの造形で、
顔に愛嬌がない上に、

クリックすると元のサイズで表示します

毛もなく、ハリボテ感満載。

クリックすると元のサイズで表示します

女優も黒人で、
やはりここは、白人の金髪女性でやってほしいところ。
(差別発言!)
彼女、歌はよかった。

↓こういう写真もありますから、

クリックすると元のサイズで表示します

白人・金髪の女優が出る日もあるらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

コングの動きに連動した音響はなかなかのもので、
映像と連動したコングの疾走シーンは迫力がありますが、

クリックすると元のサイズで表示します

とにかくハリボテ感が邪魔をする。

クリックすると元のサイズで表示します

カーテンコールでは、
ご覧のとおり、
明るい照明のもと、全身をさらします。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、私が撮った写真。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

観客には大ウケでしたが、
映画の舞台化の志の低い例を見た思いがしました。

ミュージカル「キングコング」の動画は↓をクリック。

https://youtu.be/rT3omqgy-Vc

https://youtu.be/IjIqNj4vFeI

コングの操演の様子は、↓をクリック。

https://youtu.be/FqAsVFeUrk8

その後、42丁目のフードコートで、

クリックすると元のサイズで表示します

↓の食事をしましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

こんなジャンクフードが税込みで19ドル21セント(2080円)。
フードコートでなければ、
更にチップが4ドルほど加算されます。

以降、ニューヨークの物価の高さに驚かされる毎日でした。




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ