映画『あなたの名前を呼べたなら』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

インドのムンバイ
農村出身のメイド、ラトナが住み込みで働くのは、
建設会社の御曹司アシュヴィンの新婚家庭。
しかし、婚約者の浮気が発覚し、
結婚式は取りやめになってしまった。
その結果、広い高級マンションで
主人とメイドが二人きりで暮らすことになった。
傷心のアシュヴィンを気遣いながら、
料理や身の回りの世話をするラトナ。

クリックすると元のサイズで表示します

ラトナは未亡人で、都会に出てきた。
しかし、彼女にはファッションデザイナーになるという夢があった。
そのため、午後の2時間だけ、仕立屋に行かせてくれと申し出、
アシュヴィンは快く許可する。
それは、後に裁縫学校での勉強にと発展するが、
その間、次第に二人の心は近づき始めていた。
だが、身分違いの恋が実るはずはなかった・・・

クリックすると元のサイズで表示します

物語の背景には、
インドを取り巻く因習と身分制度と女性蔑視がある。
未亡人という立場は、その後の人生を閉ざされたも同然。
都会に出たのも婚家の口減らしのためだという。
妹の結婚式でも、未亡人は正式に顔を出すことが許されない。

「未亡人」について、監督は、こう語る。

「都会に住む進歩的な人達でさえ、
未亡人になるということは
実質的に人生が終わったことを意味する場合があります。
未亡人がどんな服を着るべきかに関するルールは
都会ではまだ少ないものの、あらゆる縛りがあります。
私が知っている未亡人で、のちに他の人と結婚し、
前に進んだ人は一人もいません。
すでに子供がいる人は、子供に残りの人生を捧げなければならず、
他の男性と一緒になりたいとか、
誰か一緒に人生を過ごす相手が欲しいとかいう思いが
彼女にあるかどうかは関係ないのです。
そのような思いは、インド社会では完全に否定され、
女性のセクシュアリティーについて話題になることは滅多にありません」

近所のメイド仲間の話で、
主人の奥様や子供との、越えられない身分差の話も出て来る。

クリックすると元のサイズで表示します

パーティーの場で、客の女性から侮辱を受けたりもする。
それをかばうアシュヴィンはなかなか出来た男だ。

この身分差について、監督は、こう語る。

「私は子どもながらに、この力関係に常に悩みました。
どう理解すればいいのか分からなかったのです。
それから渡米し、
スタンフォード大学でイデオロギーや哲学について学んだ後、
インドへ帰国すると、以前と全く同じ状況でした。
インドと海外を行ったり来たりしながら、
非常に複雑な気分でした。
状況を変えたいと思っても、
簡単にできることではありません。
だからこそ『私に、一体なにができるだろうか』と
自分に問い続けたのです」


ラトナとアシュヴィンの間に恋心が芽生えても、
そう簡単にことは進まない。
仮に結婚したとしても、
メイドあがりだという親戚の目を感じながら生きていかなければならない、
と、アシュヴィンの友人の口から語られる。
映画の中ではカースト制に触れることはないが、
二人のカーストも違うのだろうし、
「不名誉結婚」という言葉も出て来る。

この身分違いの恋についても、監督は、こう語る。

「こういった関係を公にするということは、
不可能に近いことですから、
もし、実際にこういったことがあったとしても、
人々に知られないようにしているでしょう。
未だに社会の厳しい制約が世の中を支配していますから。
仮に、誰かがこういった関係を認めたとすれば、
その人たちは完全に疎外されてしまうでしょうね。
唯一の解決法は、国外へ逃れることだと思います。
もし、それだけの経済力があれば、の話ですが。
いったん国外に出てしまえば、
単に文化や話す言語が異なる2人の男女に戻ることができます」

監督は長編デビュー作のロヘナ・ゲラ

クリックすると元のサイズで表示します

ロヘナは、アメリカで大学教育を受け、
欧米とインドの文化の違うを体感した女性。
インドの社会に変化をもたらすことができればという思いで制作されたというが、
長い歴史がある社会の常識を変えることは難しいだろう。

恋に破れた傷心の金持ち男が、
身近な自分より下の女に手を出した、
とも解釈される、すれすれのところの
二人の心の揺らぎを女性監督らしい繊細さで描く。

日本のように自由恋愛が認められている国と違い、
異なる文化、宗教背景の世界では、まだまだ不自由が多い。
回教圏に入れば、もっとすさまじいものがあるだろう。

インドのセレブたちの暮らしと、
下層民の暮らしと
両方が描かれているが、
パーティーで料理を供した後、
台所に坐って一人黙々と食事を口に運ぶ姿が胸に迫る。

やがて中国を抜き、世界一の人口を持つ国家になるインド。
そのインドがどう変わるか。
興味は尽きない。

ラトナをティロタマ・ショーム

クリックすると元のサイズで表示します

御曹司をヴィヴェーク・ゴーンバルが演じるが、

クリックすると元のサイズで表示します

この二人がもう少し魅力的だったら、
物語に納得性も切なさも生ずるのだが。

なお、原題は「SIR」(サー)で、「旦那様」
ラトナは終始「SIR」と呼びかけ、
名前で呼ぶことはない。
「あなたの名前を呼べたなら」は、日本で付けた題名で、
物語を象徴する、良い題名と言えよう。
ラトナはアシュヴィンを名前で呼ぶことは出来るのか。
最後までご覧下さい。

5段階評価の「4」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/RVtt_x5BRHM

ル・シネマ他で上映中。

タグ: 映画



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ