美術展『印象派への旅』  美術関係

今日は、昼から渋谷に出掛け、

クリックすると元のサイズで表示します

友人と待ち合わせして、
東急本店の中の

クリックすると元のサイズで表示します

文化村へ。

クリックすると元のサイズで表示します

この美術館の

クリックすると元のサイズで表示します

この展覧会へ。

クリックすると元のサイズで表示します

スコットランドグラスゴーが誇る
世界屈指の美術館「バレル・コレクション」↓。

クリックすると元のサイズで表示します

海運王、ウィリアム・バレル↓の蒐集品を核とし、

クリックすると元のサイズで表示します

古今東西の様々なジャンルの芸術作品を収める同館から、
73点が初来日。

バレルが生前、蒐集品をグラスゴー市に寄贈するにあたり、
2つの条件を付けました。
ひとつは、「空気のきれいな郊外に展示すること」。
もうひとつは、
「イギリスから外に出さないこと」。
その条件がなぜ破られたか。
それは、バレルコレクションが改築することになり、
その間、日本に持ち出すことが許されたからだそうです。

あわせて、同市のケルヴィングローヴ美術博物館↓が所蔵する

クリックすると元のサイズで表示します

ルノワールやセザンヌ、ゴッホなど、
うち3点が日本初公開となる秀作7点も展示。

「身の回りの情景」「戸外に目を向けて」
「川から港、そして外洋へ」などに章立てて紹介し、
美術史における写実主義から印象派への流れをたどります。

館内は当然撮影禁止。
そこで、ネットの写真を拝借しました。

ドガ「リハーサル」

クリックすると元のサイズで表示します

マネ「シャンパングラスのバラ」

クリックすると元のサイズで表示します

ルノワール「静物─コーヒーカップとミカン」

クリックすると元のサイズで表示します

ゴッホ「アレクサンダー・リードの肖像」

クリックすると元のサイズで表示します

この人、画商で、ゴッホ兄弟と一緒に暮らしたこともあるそうですが、
どうして、生前のゴッホの絵を買わなかったのでしょうか。

マリス「若き芸術家」

クリックすると元のサイズで表示します

マリス「ペットの山羊」

クリックすると元のサイズで表示します

ペプロー「バラ」

クリックすると元のサイズで表示します

セザンヌ「エトワール山稜とピロン・デュ・ロワ峰」

クリックすると元のサイズで表示します

と、借用していたら、
最後に、こんなエリアが。

クリックすると元のサイズで表示します

最近、こういう粋なはからいをする展覧会が増えました。

会場の雰囲気。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クールベ「マドモワゼル・オーブ・ドゥ・ラ・オルド」

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

マリス「ドルドレヒトの思い出」

クリックすると元のサイズで表示します

ブーダン「トゥルーヴィルの海岸の皇后ウジェニー」

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

マリス「アムステルダム」

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ボスボーム「オランダの漁村」

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ボスボーム「スヘーフェニンゲン」

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

コロー「船舶」(ルアーブルまたはオンフルール)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ブーダン「ドーヴィル、波止場」

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ホトンド初めて観る絵ばかりで、
眼福の時間でした。




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ