映画『僕たちは希望という名の列車に乗った』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

原題は「沈黙する教室」
これではセガールの映画と勘違いされるとでも思ったのか、
思いっきり文学的な邦題をつけた。

クリックすると元のサイズで表示します

1956年、東ドイツの高校生のテオとクルトは、
西ベルリンの映画館で
ハンガリーの民衆蜂起を伝えるニュース映像を目の当たりにする。
二人は級友たちに呼びかけて
授業の始まりに2分間の黙祷を実行する。
自由を求めるハンガリー市民に共感した純粋な哀悼だったが、
それは当局からは、社会主義国家への反逆と見なされる。
調査に乗り出した当局から、
一週間以内に首謀者を告げるよう宣告された生徒たちは、
人生そのものに関わる重大な選択を迫られる。
仲間を密告してエリートへの階段を上がるのか、
それとも信念を貫いて大学進学を諦め、
労働者として生きる道を選ぶのか・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

ベルリンの壁が出来るのは、5年後の1961年だから、
当時は西ベルリンに行くのは自由だったという事実。
その西ベルリンから、
世界の本当の有様を知らされた若者たちの葛藤。

ロシア革命で、世界初の社会主義国家が出来たのは、1920年
第2次世界大戦を通じて、東欧がソ連の影響下に置かれ、
社会主義国家群が出来て、西側と対立。
などという歴史的事実は徐々に忘れ去られているが、
東ドイツ、チェコスロバキア、ハンガリー、ブルガリア、ルーマニアを境に、
「鉄のカーテン」↓が引かれていた。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、社会主義が人間の本性に反していたため、
いずれの国も統制強化社会となっていく。
上からの強圧がなければ、社会主義を維持できないのだ。

しかし、1991年にソ連が崩壊すると、
重しの取れた社会主義国は次々に体制を改め、
現在ヨーロッパにはソ連型社会主義国は残っていない。
現在では中華人民共和国、北朝鮮、
ベトナム、ラオス、キューバなどが残っているだけである。
それも、現実的には、
政治的には社会主義を堅持しながらも、
経済的には資本主義を導入して効率化と発展を追求する、
一種の混合経済を進めている。
ただ、体制を維持するためには、
言論への抑圧を続けなけれならず、
人類の「自由」への希求は激しいものがあるから、
やがては中国も北朝鮮も体制を変えざるを得ない時が来るに違いない。

この映画では、東ドイツの社会が
どのような息苦しいものだったかが分かる。
善意で行った黙祷が
反国家的なものとして糾弾される。
女尋問官に一人づつ呼ばれて様々な質問をされ、
裏切りを仄めかされる。
ついには、教育相が登場する騒ぎに。
大の大人が高校生に圧力を加え、
子供の行動を国ぐるみで圧殺しようというのだ。
人生の初期段階に、
行く道を決めなければならない若者たちの苦悩は深い。
それでも大多数の学生が節を曲げず、
最後の教室のシーンで、
次々と「自分が首謀者だ」と名乗り出る姿は、
キューブリックの「スパルタカス」(1960)を思わせる。
そして、最後は、西に向かう。
まさに、「希望という名の列車」に乗って。
そういう意味で、よく内容を表わす邦題といえよう。

原作者のディートリッヒ・ガルスカは、
東ドイツから西ベルリンにクラスメートと共に逃亡。
西ベルリンで高校を卒業したのち、
ドイツ文学、社会学、地理を学び、
高校教師を務めた経歴の持ち主。
2006年に自らの経験を記した
「沈黙する教室 1956年東ドイツ―自由のために国境を越えた高校生たちの真実の物語」↓を発刊。

クリックすると元のサイズで表示します

映画化された本作がベルリン国際映画祭でお披露目された
2か月後の2018年4月18日に死去。
監督は「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」などの
ラース・クラウメ

5段階評価の「4」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/bFBqvD98Jvw

ヒューマントラストシネマ有楽町、ル・シネマ他で上映中。


タグ: 映画



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ