評論『統一朝鮮が日本に襲いかかる』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

島根県立大学名誉教授の豊田有恒氏による韓国・朝鮮論。
   
第1章 常軌を逸した反日
第2章 対日戦に備える韓国・北朝鮮
第3章 韓国政府閣僚は、すべて北の手先
第4章 北は核を放棄しない
第5章 このままではミュンヘン会談の再現
第6章 はずべき民族、韓国・朝鮮
第7章 高麗連邦の悪夢
第8章 日本は、どうすればよいのか

の各章から成り立っている。

(発刊は今年の2月なので、
ベトナムでの第2回米朝会談の訣別は反映されていない)

韓国・朝鮮論については、
言い尽くされた感があるが、
反日の動機についての示唆は、
なるほどと思わせるものがあった。

誰かに世話になった、あるいは恩義を受けた場合、
そのことをオブリゲーション(obligation=恩義)に感じたくないため、
妙な自尊心にとらわれ、
かえって相手の恩義、厚情を否定する。
いわゆる<日本隠し>というものだが、
隠すだけならまだしも、
逆に攻撃的になり
事実までまげてしまう。
日本統治によって近代化したにもかかわらず、
残虐非道な目に遭わされたと主張する。
朝鮮動乱の際、
アメリカに救われたにもかかわらず、
アメリカの介入しなかったら、
祖国統一が成っていたと言い出す。
いずれも同じ思考法の産物である。


同じ統治を受けた台湾が、
当時の日本について感謝しているのとは真反対の反応の根源が
「恩義を感じたくないため」だったとは、初めて知った。
何と腐った人々であろうか。
犬だって3日飼われた恩は忘れないというのに。
その歪んだ民族性を思うと、
やっかいな人々を相手にしたものだと
嘆かざるを得ない。

徴用工問題で新日鉄住金が標的になったのも、
同じ文脈でとらえられる。
韓国及び韓国人は、
製鉄所の建設に対し、
新日鉄から返しきれないほどの恩義、協力を受けたからなのだ。
だから、その恩義を否定するために、
徴用工問題で新日鉄を悪者にしたのだという。

しかも、約束を破ることを何とも思わない。

日本では言霊が尊ばれるから、
いったん口にしたことは拘束力を持つが、
韓国・朝鮮では、
あっさり前言を翻しても、
とくだん非難されることもない。
状況が変わったと弁解すれば、
それで通ってしまう。


徴用工問題で日韓基本条約を反故にし、
慰安婦合意をなし崩しに無効化する根本は、
このような民族性によるのだ。

だから、

日本側は、しばしば「残念だ」と口にする。
これでは、納得したと韓国側に誤解される。
韓国人は、己れの意に反する言論に出会うと、まず怒る。
あるいは、怒ったふりをする。
残念とか、遺憾などという穏やかな表現は、
韓国相手では禁物である。
相手は、しぶしぶながら了承したと解釈するだけである。


本題の「統一朝鮮が日本に襲いかかる」は、
次のとおりだ。

北朝鮮信奉者の文在寅大統領は、
しゃにむに南北統一をなし遂げようとする。
その動機は、南北一体となって、
「敵国」日本を攻撃するためだという。
なにしろ南北が統一すれば、
「核」が手に入るのだ。
核ミサイルで脅しをかければ、
平和憲法を信奉する日本は何も出来ない。

そう思えば、徴用工問題で動こうとしない
文大統領の方策も納得できる。
日本がしびれを切らして、経済制裁に出た時、
「わが国の経済が破綻したのは日本のせいだ」と
責任転嫁できるからである。
場合によっては、経済不振を逆手に取って、
財閥解体、社会主義への移行までなし遂げるかもしれない。
慰安婦問題といい、レーダー照射問題といい、
解決しようとする意図が見えないのは、
解決する意思がなく、
日本が仕掛けて来るのを待っているのだと思えば、腑に落ちる。
文大統領になって以来、
これでもかとばかりに反日カードを切るのは、
日本の側から断絶させるためなのだ。

文が老獪な点は、
日本側の要人と会う際は、
ふつう韓国人がよくやるように、
声を荒らげて詰問するような態度を取らないことである。
しかし、国民感情を盾にとって、
これら問題が解決していないと訴える。
あたかも、日本側に下駄を預けたかのような態度である。
 
                                           では、統一朝鮮はどのようになし遂げられるか。
そのための案として「連邦制」や「連合制」が挙げられるが、
いずれの場合でも、
人的交流は行われないという。
なぜなら、

これまで、北朝鮮では、
共和国南半部(韓国)は、
乞食と売春婦がひしめく貧しい国と、人民に教えてきた。
したがって韓国との交流を、
人民レベルで進めるのは、望ましいことではない。
なぜなら、経済発展している韓国の実情が、
人民に知れ渡ってしまうからである。
人民は党中央に騙されていたことに気づいてしまう。

結局のところ、北朝鮮には、
韓国から取るものだけ取って
交流を控えるしか道がない。
韓国の実情が、知れ渡れば、
下手をすれば体制崩壊につながりかねない。
しばらくのあいだは、
北が言う連邦、韓国が言う連合というかたちで、
経済面だけの交流を進め、
なるべく人的交流を避ける道に進むだろう。


しかし、それも限度がある。
その時、北朝鮮はどうするか。
「自分の得意な方法」に訴えるしかない。
北朝鮮にとっての得意な方法とは。
金日成以来の「伝統の南侵策」しか残されていないというのだ。

それには、既に南に侵入していた北のスパイ、
トンネルを通って真侵入する韓国兵に偽装した北朝鮮の軍隊、
特殊部隊などが動いて、ソウルを制圧。
ソウル市民が人質になるため、
韓国軍は動けない。
粛清が行われ、
(真っ先に血祭りに挙げられるのが、文大統領ら政府要人だ)
北朝鮮に迎合する人々が現れ、
惨状が地方に広がっていく。
それから逃れる人々が玄界灘を越えて、
日本に押し寄せる・・・

ただ、この推測の中に在韓米軍は出てこない。
在韓米軍がいる限り、北の南侵は不可能だと思うが、
「今度ばかりは反米に固まった韓国を救うためには、
アメリカは動くまい」
と言うのみである。
そして、統一なった朝鮮半島は、
核の力で、日本を攻撃し始めるというのだが・・・

ただ、いくらなんでも、
長い間「自由」を謳歌してきた韓国の人々が
やすやすと北流の圧政を受け入れるはずはなく、
朝鮮半島は内戦状態に陥る、
というのが私の見解だが。
いずれにせよ、そうなったら、
半島は焦土と化し、韓国は終わりだ。


類書「『統一朝鮮』は日本の災難」は、↓をクリック。

「『統一朝鮮』は日本の災難」




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ