娘を失った父の涙〜家、ついて行ってイイですか?  テレビ番組

5月15日にテレビ東京で放送された
「家、ついて行ってイイですか?」
の内容がジワジワと反響を呼んでいる。

この日、2本目の取材場所は大宮駅
取材日は4月18日。

クリックすると元のサイズで表示します

40代の男性に声をかけ、
家までついて行く承諾を得た。

クリックすると元のサイズで表示します

男性の名前は川上徳男さん。
47歳の板前で、

クリックすると元のサイズで表示します

ある事情で店を閉め、
今は知り合いのホテルの調理場を手伝ったりしているという。

クリックすると元のサイズで表示します

英語を話したり、おやじギャグを飛ばしたりの
気のいいお父さんという感じだった。

家は一戸建ての4LDK。

クリックすると元のサイズで表示します

12年前に離婚し、
娘二人は奥さんが連れて行ったので、
家族4人で住んでいた家に、今はひとり住まい。

クリックすると元のサイズで表示します

家のあちこちに和食の店をやっていた時代の
ケースやレジなどの商売道具が置いてあり、
閉店したのは3年くらい前。

クリックすると元のサイズで表示します

その理由については言葉を濁し、
「閉めざるを得なかった。
ものすごいみんなで賑わってたけど」
と。

娘たちの部屋のあった2階にはあまり上がらず、
リビングで寝る毎日。

娘2人のことを話す時は顔がほころぶ。

クリックすると元のサイズで表示します

時々娘たちと会い、
買いたいものを買ってやるのが

クリックすると元のサイズで表示します

「それだけが私の楽しみだった」という。

クリックすると元のサイズで表示します

お店に来た時には、
川上さんが作ったものは全て完食してくれたので、
張り切って食事を作った。

長女は負けず嫌い、学校でもトップクラスの成績で、
進学校に進んだ。

クリックすると元のサイズで表示します

次女は謙虚な、おくゆかしいところのある女の子だという。

クリックすると元のサイズで表示します

ここまでは、離婚歴のある中年男性の人生話にすぎないが、
スタッフが玄関につり下げてある背広について質問した時、
様相が一変する。

クリックすると元のサイズで表示します

今日、娘の裁判があって、そこに着て行ったのだという。
裁判?
そのわけは、奥の間に通されて分かる。

クリックすると元のサイズで表示します

そこには、小さな仏壇が。
3年前、長女が交通事故で亡くなっていたのだ。
その民事裁判が今日、あった。

クリックすると元のサイズで表示します

「3年前、長女が高校1年生のときに、
浦和でご老体に後ろから轢かれて亡くなったんだ」

運転していた人は、当時80歳だった。

「一生懸命頑張って進学校に入ってくれて。
したらその瞬間だからね、命奪われて」

「午後2時30分頃かな。
横断歩道渡り終えた娘が浦和駅に向かって歩いてたんですよ。
老人が運転する車、娘に気付かなくて、
助手席に奥さんが乗ってて『危ない!』って言ったらしいんですよ。
それで慌てたのか知らないけど、
アクセルとブレーキ踏み間違えたと言ってるんですが、
そのまま壁に向かってうちの娘を押し当てて、
5分も6分も10分も降りて来ない。その本人は。
周りの人間がダーンと窓叩いて、それでも降りてこない。
『何やってんだ!お前、早く降りろ!バックしろ!』。
それでもアクセル踏み潰してた。
娘が『ギャーー!』って言ってる声が
他のマンションの3〜4階まで響いてたってんだから」

長女は救急車で病院に運ばれたが、心肺停止。
開胸して心臓マッサージも行われたものの、
心臓の一番太い血管損傷で、失血で亡くなった。  

「たまたま(学校が)休みで、
コンサートに行く途中でした。
12月23日。あと2日で誕生日ですよ。
25日誕生日だから」
そのため
「12月が来るのが憂鬱でしょうがないです」

刑事裁判の判決は、実刑禁固1年6か月
民事裁判の判決は、この秋口くらいに出るという。

「ただ、その加害者、きょう裁判所行ったら、
2月7日に死にましたっていうんだ。
ふざけんなって話だよね。
オレ、どこに誰に、何を言えば良いの?
それで判決出た、出ない?
冗談じゃないよね。
お金払う、払わない。
そういう問題じゃないよ。
納得なんていくわけないのに、
納得いかされちゃうんだから、
判決として」

「(娘が亡くなってから)何も手がつかないですよ。
(事故当日)店もお客さんいたんですけど
それを放り投げて、そのまま(病院に)向かって、
そのまま(店を)閉めて、
収入も入らぬまま家賃だけ支払って。
(店維持するのは)不可能じゃないですか、事実上。
ですから、店を畳んじゃいました」

「僕は、娘が亡くなった時に、
いても立ってもいられなくて、
数日後には、秩父お遍路参りから
四国のお遍路参りまで全部やった。
真冬の山頂行ったら、
まだ雪があるところもあって、
これで命落とすんじゃないかなっていうくらい、
辛かったですよ。
でも、もっと辛いことしてなかったら、
この辛さが乗り越えられなかった。
(お遍路に)半月以上かかりましたね。
無心で、この子が成仏できますように、
っていうことだけを祈ってた。
寒さも痛さもさほど感じなかったなあ。
親として出来るのは、そんな事だけだもん」

裁判が終わるたびに
事故現場とお墓に行くという。
事故現場に行って、
拾った車のパイプと柵板の破片は仏壇の中に入れてある。

クリックすると元のサイズで表示します

「ここに、娘が痛い思いをしたんだなって思うと、
ギューッと握りしめて、
少しでも痛さを和らげてあげたくって」

クリックすると元のサイズで表示します

「悔しくて、無念で、仕方がない。
なんにもしてあげられなかった」


クリックすると元のサイズで表示します

「抱きしめたいよ……。抱きしめたいよ……。
抱きしめたいですよ……」

クリックすると元のサイズで表示します

長女の写真を並べる川上さん。

クリックすると元のサイズで表示します

「こんなちっちゃくて、こんなに……
この子がいなくなっちゃったと思ったら、
死にてぇよ、オレだって。

クリックすると元のサイズで表示します

かわいいだろ?
こういう写真見ちゃうと
悲しみが先に来ちゃって、前に行けねぇよ」


クリックすると元のサイズで表示します

娘の名簿が残っているのか、
成人式の晴れ着のパンフレットが送られて来るという。

「こういう、娘が着るはずのお便りがいっぱい来ますよ」

クリックすると元のサイズで表示します

「この子の友達は、みんな成人して、
子ども産んでってなりますけどね。
その幸せを全部
16歳っていう若さで奪われたんだから、
辛い・・・」


今は、支えとなっているのは、次女。
陸上競技やって、頑張っている。
長女の歳を越えて、この8月で17歳。

「食事に行ったり、買い物に行ったりしてますよ。
あの年でも、僕が手を繋いだって、
決してていいやがらない。
嬉しいですよ。
普通だったら、
みんな手を繋いでくれないでしょ?

クリックすると元のサイズで表示します

お姉さん亡くして、
その子が一生懸命やっている姿を見ると
もっとこっちがしっかりしなきゃ、と思ってますよ。

クリックすると元のサイズで表示します

情けないけどな。
逆に救われちゃっている部分があるから」

クリックすると元のサイズで表示します

最後に、スタッフは「お店を再開する気持ちは?」と質問。

「ありますよ。この裁判が決着して、
私なりにもう一度やれる力があると思えば、
決断してやろうかなと思ってますよ。
そうすれば下の子にもご飯食べさせてあげられるし。
僕が作ったものは美味しいって言ってくれてたから。
もう1回、プロフェッショナルになりますよ。
それは……娘に約束したいかな」

あまりにも重い内容に、
番組のキャストも絶句。  

放送後、ネットでは
「涙が止まらない……」
「途中から泣いちゃってちゃんと見てられなかった」
「お父さんの『抱きしめたい』が本当に辛い」
「高齢ドライバーの講習に使って欲しいくらいの、
すごく、すごく意味のある回だったと思う」
「どうか一人でも多くの人がこれを見て、考えて欲しいな」
など、さまざまな声が上がっている。
「高齢ドライバーの人に見てもらって考えてもらいたい」
「免許更新時に今日の家ついて行ってイイですか流せばいいと思う」
「車を運転する人は全員見るべき」
「心揺さぶられる回だった」

大宮駅からタクシーで家に向かう途中の様子では、
明るい、ひょうきんなお父さんに見えたが、
その背後に、こんなに大きな、深い悲しみを抱えていたとは・・・
私は、川上さんに、惚れた。

高齢者の交通事故が取り沙汰されているが、
被害者家族の悲しみがどんなに深いかを知らされた。

人生について、命について、家族について
深く考えさせられた番組だった。




2019/5/23  8:52

投稿者:家に行ってイイのファンより

ボクもこの番組の大ファンです。
車を乗る人の責任は一番ですが、
車を売る側の責任もあると思います。

自動ブレーキ等完全に装着しなければ
売ってはいけないとか。外側にもエアバッグを
装着するとか。マフラーに衛生装置を着けるとか、
ブレーキの位置を変更するとか・・・・

単に車を売ることは凶器を売っていることと同じ
だと思います。

メーカーはそのことを肝に銘じて販売してほ欲しいです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ