日本のイノベーションB  様々な話題

日本のイノベーション、
今回は台所篇。

電気炊飯器

クリックすると元のサイズで表示します

1955年12月に光伸社(現サンコーシヤ)によって開発され、
東京芝浦電気(現東芝)から発売された電気炊飯器は、
「三重釜間接炊き」とバイメタル技術を組み合わせることにより、
四季折々に気候環境が移り変わる我が国において、
いつでも手軽に安定した品質のコメを炊き上げることを可能にした
自動式電気炊飯器の国産第1号製品である。

直接火を用いることなく
自動でコメを炊くことを可能にした電気炊飯器の出現によって、
台所仕事の負担を大幅に軽減するところとなった。

かつて、炊飯は非常に手間のかかる仕事であった。
外気温などの条件に合わせて火加減をこまめに調節する必要から
炊けるまでつきっきりの仕事にならざるを得なかった。

こうした炊飯の光景は、
自動式電気炊飯器の出現を契機として、
急速に姿を消していくことになる。
自動式電気炊飯器を用いることで、
誰でも失敗することなくおいしいコメが炊け
寝ている間に翌朝のご飯を炊くことができるようになった。

自動式電気炊飯器の普及スピードは極めて速いものであった。
1955年の第1号機発売の後、
1960年の世帯保有率は28%、
1971年には早くも90%に達し、
1980年以降には95%以上の世帯が保有するに至っている。

また、自動式電気炊飯器の普及は国内にとどまらず、
現在ではコメを主食とするアジア各国においても
広く利用されるようになっている。

従来の炊飯の方法を根底から覆し、
多くの人々の生活様式を一変させたという点において、
自動式電気炊飯器の開発は、
日本が世界に誇る画期的イノベーションということができる。


電子レンジ
クリックすると元のサイズで表示します
電子レンジは、連続波マグネトロンという
電子管から発生する電磁波(マイクロ波)を利用しており、
主に調理用加熱器として広く使われている。

マグネトロンの発見は20世紀初頭にすでになされていたが、
それが主として使われたのは
第二次世界大戦におけるレーダーの開発においてである。

アメリカのレイセオン社の技術者であったパーシー・スペンサーは
戦時このマグネトロン・チューブの大量生産に成功した技術者であった。
彼は、1945年頃、
マイクロ波が食品の加熱に利用できることを発見した。
これに着想を得たレイセオン社は、
最初の電子レンジを製品化し、発売したが、
家庭の台所に設置するには余りにも大きく、
また高価であったため市場の評価を得られなかった。
アメリカでの電子レンジの開発は
その後他社において進められ、
1952年には家庭用も販売されるまでになったが、
広く普及するまでには至らなかった。

マグネトロンが家庭用電子レンジとして新たな市場を創出したのは
日本メーカーによる数々の技術改良による。

日本におけるマグネトロンの電子レンジへの応用は、
1950年代半ばから開始された。
1959年には、日本初の業務用電子レンジが
東京芝浦電気(現・東芝)によって製作され、
1964年には新幹線開業時からビュッフェで使用されるところとなった。
更に1962年、早川電機(現、シャープ)が、
また1963年には、松下電器産業(現・パナソニック)も販売を開始した。
これらはいずれも業務用であった。

家庭用が開発されたのは1960年代後半からで、
1965年松下が小型機を販売したのを皮切りに
各社が一斉にその開発競争を展開するようになった。
ターンテーブルや安全確保のためのドアロック、
センサーによる温度調節などの便宜性を増すとともに、
それまで家庭用加熱燃料の中心であった
ガス事業にも大きな影響を与え、
ガスと一体化したガスコンビネーションレンジが開発されるまでになった。

電子レンジに使用されていたマグネトロン自体の技術についても、
1967年、レイセオン社の基本特許期限が切れると、
各社は自社開発のマグネトロンを電子レンジに搭載するようになった。
東芝は1967年に永久磁石を内蔵したマグネトロンを自社開発し、
松下、日立製作所、新日本電気も自社製マグネトロンの生産を開始した。
1971年には東芝の電子レンジが、アメリカのリットン社に採用され、
日本のマグネトロンの技術がアメリカのそれに対抗できるレベルになった。

1990年代には日本製電子レンジ用マグネトロンの生産が
世界シェア90%以上を占め、
電子レンジそのものも、更なるコンパクト化など洗練を重ね、
1980年代には日本の家庭用電子レンジの普及率は世界一となった。
そして、2005年、シャープはその生産台数が
世界累計1億台に達したことを公表した。


IHクッキングヒーター
クリックすると元のサイズで表示します
IHクッキングヒーターは、
パナソニックを中心とした日本の家電メーカーによってもたらされた
イノベーションである。

従来、一般家庭においては、
ガスコンロを用いた加熱調理が支配的であった。
他方で、IHクッキングヒーターは、
誘導加熱(Induction Heating)の原理を用いて、
コイル状の導線に交流電流を流すことで発生する磁力線を
金属鍋に当て、鍋自体を発熱させることによって
加熱調理を行うものである。
これは、従来の「火」による調理ではなく、
「電気」による調理である。

IHクッキングヒーターは従来のガスコンロに比べて、
加熱効率性、火力の制御性、安全性、清潔性など
様々な面で利便性を有している。

日本における誘導加熱を用いた「電気」による調理は、
1974年に三菱電機が低周波型、
パナソニックが高周波型の
IH調理器を商品化したことによって始まった。

初期のIH調理器は、重量が大きく高価格だったため、
一般家庭向けではなかった。
しかしパナソニックは、電流を高周波に変換する
高周波インバーターの小型化、
低コスト化を積極的に推し進め、
1978年には一般家庭で使用可能な
卓上型IH調理器の商品化に成功した。
また1988年には、
誘導加熱の原理を炊飯器の釜に応用することによって、
世界で初めてIHジャー炊飯器を開発した。

卓上型IH調理器によって一般家庭で利用されるようになったが、
本格的な調理を行うほどの十分な火力はなかった。
更なる技術開発によって様々な技術的課題が解決され、
1990年には200V対応のIHクッキングヒーターが開発された。
これによって、家庭において電気による本格的な調理が可能になった。
更に2002年には、
IHクッキングヒーターで調理可能な金属鍋の材質が、
鉄やステンレスに限られるという課題に対応して、
あらゆる材質の金属鍋の加熱調理が可能な
オールメタル加熱型IHクッキングヒーターも商品化された。
これを機に、IHクッキングヒーターは
一般家庭に広く普及するようになった。


レトルト食品

クリックすると元のサイズで表示します

レトルト食品とは、合成樹脂フィルムや
これとアルミ箔等をはり合わせた
光を通さない材質のパウチ(袋)または成型容器を用い、
内容物を詰めて完全に密封(ヒートシール)し、
加圧加熱殺菌(レトルト殺菌)を行った
袋詰又は成型容器詰食品のことを指す。

1968(昭和43)年に市場に登場してから約40年間で、
およそ18億1427万個(180g入り換算)、
生産総額では約2104億円に上る。

軽量でその取り扱いや開封が容易な点、
短時間で温め可能な点、
容器のリサイクル性が容易な点
等の商品特性が多くの消費者からの支持を得、
消費も大きく伸び、レトルト食品といえば、
今や一般の家庭における代表的な食品(形態)の一角を担っている。

レトルト食品の研究開発は1950年頃の米国にさかのぼるが、
一般消費者向けに広く受け入れられる製品化に成功したのは、
1968(昭和43)年に大塚食品が発売した「ボンカレー」が最初である。

クリックすると元のサイズで表示します

半透明のレトルトパウチ製品で、
パウチの作製、完全密封のヒートシールを実現する充填機の開発、
殺菌温度と圧力とのバランスの最適化等、
様々な難点を克服したことで実現した。

更に翌年の1969(昭和44)年には、
アルミ箔をしん層とした3層の遮光性のパウチが導入されたことで、
衛生性、長期保存性、常温流通による経済性、
短時間の再加熱で食卓に供せられる利便性・簡便性が
消費者に大きく受け入れられ、
レトルト食品飛躍の発端となった。

その後、次々と参入する企業が増え、
米飯類、ハンバーグ、ミートソースなど
各種のレトルト食品が開発され、
近年では100社を超える企業で
500種以上のレトルト食品が生産されている。

レトルト食品の普及・商業化は、
日本と同様に湯を使う(ゆでる、蒸すなど)調理法が一般的な
アジア中心に広く受け入れられ、多くの国で普及している。




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ