映画『アクアマン』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

「DCコミックス」の「アクアマン」の実写映画。
アメリカン・コミックスが苦手の私でも面白く観られた。

1985年、メイン州のアムネスティ湾の灯台守、トム・カリーは
海岸に打ち上げられた
海底国アトランティスから逃亡した女王アトランナを助ける。
二人は愛し合う仲となり、
アーサー・カリーが誕生する。
数年後、アトランナはアトランティスの追手に捕まり連れ戻される。
残されたアーサーはトムに育てられる。
この発端から
子供時代のアーサーが苛めにあった時の水族館の魚の反応、
長じて海賊から潜水艦を守る勇姿を見せ、
「アクアマン」のタイトルが出るまでで、
観客の心をしっかり掴んでしまう。

なにしろ、人間であると同時に海底人であるのだから、
水陸両棲で、水棲生物とテレパシーで意思疎通し、
時速160キロで泳ぎ、音波による探査能力も有し、
怪力と耐久力を持ち、
銃弾を跳ね返し、
海賊たちから潜水艦を助け出す。

海底人と地上人の両面を持つ存在、
しかも海底王国の王の血筋を引く者、
時が時であれば、王になるかもしれぬ男・・・
何というロマンあふれる設定か。
その一方で、地上人と海底人の間での
ハーフとしてのアイデンティティに悩むのだ。
(この設定は原作とは違うが、映画に奥行きを与えた改変)

海底王国ではアーサーの異父弟の王オームが、
隣国ゼベルの王ネレウスと同盟を組み、
地上人に戦争を仕掛けることを決意する。
そして海底すべての軍事力を動員するために、
海底の七つの国の半数の王に認められた
「海の覇王(オーシャンマスター)」になろうとしていた。

ネレウスの娘である王女メラは、
オームの暴走を止めるには
アトランティス王の血を引くアーサーが
王になるしかないと助けを求めに来る。
メラに連れられてアトランティスに訪れたアーサーを迎えたのは、
アーサーに戦闘の技術を仕込んだバルコだった。
バルコは、アーサーが王になるためには、
初代アトランティス王が持っていた
伝説の矛・トライデントが必要だと説明する。
こうして、トライデントを得るためのアーサーの冒険の旅が始まる。

クリックすると元のサイズで表示します

王家の血筋の若者が
艱難辛苦の末に資格を取得し、王位につく
という、伝統的な王位継承物語
海を舞台に展開するというのがミソ。
その水中の造形が素晴らしい。
どうしたらこんな光景を作り上げることが出来るのか、
と驚く映像が次々に現れ、視覚を楽しませてくれる。
俳優の髪は水の流れによって、常にゆらゆらと揺れる。
それだけでなく、
海中でのアクションが半端ない華麗さで描かれる。

クリックすると元のサイズで表示します

監督は「ソウ」などのジェームズ・ワン
この監督の頭の中を覗いてみたい。
特にシチリアでのバトルのカメラワークが出色。

アーサーを演ずるジェイソン・モモアが、
これぞ「ザ・ネプチューン」(ポセイドン)という感じでぴったり。

クリックすると元のサイズで表示します

ハワイ州のホノルルで生まれで、アイオワ州で育ち、
ハワイ州の先住民族、ドイツ系、アイルランド系、
アメリカ州の先住民族の血をひくというから、
ぴったりの役柄だ。
ニコール・キッドマンの登場も嬉しい。(若い!)

クリックすると元のサイズで表示します

パトリック・ウィルソンが仇役オームを好演。

新たな視覚効果の地平を開いてくれた作品だ。

5段階評価の「4」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/X5nHpJRwANY

映画の魅力を余すところなく伝える特別映像は、↓をクリック。

https://youtu.be/dHoX-6n_avA

タグ: 映画



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ