映画『ヴィクトリア女王 最期の秘密』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

ヴィクトリア女王末期の
インド人側近との交流を描く。

1887年、英国のヴィクトリア女王は在位50周年を迎えていた。
インド皇帝でもある女王に対して、
英領インドから女王への献上品である
記念金貨「モハール」を捧げる要員に
背が高いという理由で
刑務所官吏アブドゥル・カリムが選ばれ、英国へ向かう。
宮殿での儀礼では、女王と目を合わすことを禁じられていたが、
アブドゥルは女王の足に口づけ、強い印象を残してしまう。

クリックすると元のサイズで表示します

女王は、39年前に治世最初の首相だったメルバーン子爵を、
26年前に最愛の夫アルバートを、
3年前に寵臣ジョン・ブラウンを、と
信愛を寄せた男性たちを次々に喪い、
子供たちとの関係も悪化し、
宮廷の因習に囲まれ、孤独の中にいた。

その女王の心を癒したのがアブドゥルで、
女王は、このインド人を話し相手として側に置いて
息子のように可愛がり、
「ムンシ」(師、を意味する)と呼び、
アブドゥルは女王に、
「最も高貴な言語」であるウルドゥー語の手ほどきをする。
女王は、未知のインド文化に触れ、
王室のしきたりに臆することのないアブドゥルを厚遇する。
その結果、アブドゥルは従来の王室職員たちから
嫉妬と怨嗟は反発を買うようになっていく。
側近たちのは女王に諫言する。
アブドゥルがインド下層民の出身であること、
なにより彼が有色人種であることを・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

ヴィクトリア女王といえば、
大英帝国を象徴する女王として知られ、
その治世は「ヴィクトリア朝」と呼ばれる。

クリックすると元のサイズで表示します

在位は63年7か月にも及び、
現エリザベス2世に抜かれるまで、
歴代イギリス国王の中では最長の在位を誇った。

その在位の終わり頃、
インド人の若者を身近に侍らせ、
特別扱いしたのでは、
波風が立たない方がおかしいというもの。
なにしろ、彼らにとっては、
インドは植民地であり、
その目下の土地からやって来た下僕同然の青年が
女王の心を掴んでしまったというのだから。
「インド人に王室を乗っとられた」
と騒ぐのも当然といえよう。
アブドゥルは当時24歳。
良からぬ噂もあっただろう。

クリックすると元のサイズで表示します

アブドゥルのことは広く知られているわけではない。                Wikipedia のヴィクトリア女王の項目でも、

ディズレーリ時代には
ヴィクトリアはインドに強い興味を示すようになり、
ヒンディー語の勉強を始めるようになった。
またインド人侍従を側近くに置くようになった。
とりわけ「ムンシー」ことアブドゥル・カリームを寵愛し、
彼はジョン・ブラウンの死後に
ブラウンに取って代わったと言っても過言ではない存在となった。

女王の大葬は2月4日まで行われた。
大葬後、エドワード7世の意向で
「ムンシー」はじめインド人侍従たちは
全てインドへ送り返されることになり、
また「ムンシー」に関する文書も焼却処分された。


と触れられているだけである。

この閉ざされた歴史物語に光を当てたのがシャラバニ・バスで、
その小説「Victoria & Abdul」を原作としている。
冒頭タイトルで「ほとんど」実話と断っているとおり、
作家の想像力を働かせた物語なのは当然だ。

大英帝国の元首たる重荷に耐えかねた女王が
インドという奥の深い世界に対する憧憬として、
アブドゥルを捉え、そこに魂の安らぎを得た、
という話は、どこか一抹の清涼剤として感じられる。

ヴィクトリアを演ずるジョディ・デンチは、
『Queen Victoria 至上の恋』(1997)に続き、
当たり役・2度目のヴィクトリア女王を演じ、貫祿たっぷり。

クリックすると元のサイズで表示します

女王の精神状態を憂いて迫る王室職員たちに、
はっきりと自己主張をするところなど、
さすがの演技だ。
アブドゥルはアリ・ファザルが演じるが、
少々ハンサム過ぎるのが欠点か。

クリックすると元のサイズで表示します

監督は「クイーン」のスティーヴン・フリアーズ
ヴィクトリア女王の姿をなかなか写さず、
写した時にはイビキ姿、というのは、
女王の倦怠と疲労を感じさせていい。

臨終の床でのアブトゥルとの交流、
その後のエドワード7世の仕打ちは
歴史の薄情さを表している。
アブドゥルは失意のうちに帰国し、
1909年に46歳で死去する。
21世紀に入ってからアブドゥルと女王の記録が発見された。

↓は実際のアブドゥルと女王。

クリックすると元のサイズで表示します

特にハンサムではない。

昨年のアカデミー賞で、
衣装デザイン賞
メイクアップ&ヘアスタイリング賞にノミネート。
ゴールデン・グローブ賞では、主演女優賞にノミネート。

5段階評価の「4」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/AyUGGCajJHY

ヒューマントラストシネマ有楽町他で上映中。

タグ: 映画



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ