映画『世界の果てまでヒャッハー!』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

題名は、もちろん日本で付けたもの。
原題は「BABYSITTING 2 / ALL GONE SOUTH」という。
「2」というくらいだから、「1」があるのだろうが、
どんな映画かは知らない。

邦題が示す通り、おバカ映画である。

このブログで映画を紹介する時、
こんな映画を紹介してどうする、
ブログの信用が落ちるのではないか、
と心配することがあるが、
この映画は、そういうたぐいの映画。
まあ、たまにはご容赦ください。
なにしろフランスで昨年公開されたところ、
興行収入2週連続No.1

その上、8週連続トップ10入りを果たしたというから、
フランスでは受けたということ。
日本とフランスの笑いのツボの違いを知る上でも観て損はない。
(別に知らなくてもいい、という方は観ない方がいいでしょう)

クリックすると元のサイズで表示します

恋人ソニアの父親が経営するブラジルの高級リゾート地のホテルに
友人たちと訪れたフランク。
この旅をきっかけに父親に認められ、
ソニアにプロポースしようともくろんでいた。
ところがソニアの祖母の世話を押し付けられ、
仕方なく祖母を連れて
ジャングルの秘境ツアーに出かけるが、
それきり行方不明に。
彼らが残したビデオカメラを発見した父親は、
ホテルの客や従業員の見守る中、
手がかりを得るためにカメラの映像を見ることに。

クリックすると元のサイズで表示します

というわけで、映画は
秘境ツァーに出かけたメンバーの一人が撮った映像と
それを見守る人々の反応を描く。
POVショット」と言われる手法で、
「Point of View Shot」の略。
「視点ショット」「主観ショット」などと訳される。
登場人物の撮った映像ということだから、
基本的に長回しで、
画面がブレたり迷走したりする。
リアリティのある映像となるため、
仮想ドキュメンタリー映画でこの方式が取られることが多い。
代表作は「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」(1999)や 
「クローバーフィールド -HAKAISHA- 」(2008)など。
ホラー映画に適した方式だが、
コメディで用いられるのは、多分初めて。
クリックすると元のサイズで表示します
で、その旅の途中での一行のおバカな行状が
描かれるわけだが、
これが本当にバカ
ところどころクスリと笑うばかりでなく、
毒グモがカメラに映り込むところ、
絶滅危惧種の鳥と卵を発見して
喜ぶホテル視聴メンバーの反応に反して、
その卵で目玉焼きを作って食べてしまうところ、
先住民(原住民と言ってはいけないらしい。
まして「土人」などと言おうものなら・・・)
が現れたところでは、
声をあげて笑ってしまった。

クリックすると元のサイズで表示します

先住民に追われて乗った飛行機から
パラシュートで降下する場面では、
ナマケモノが滑空するだけでなく、
あるモノが風にあおられてヒラヒラする。

クリックすると元のサイズで表示します

本当にバカで、下ネタと人種ネタ満載。
おそらくフランスでは観客が爆笑していたんだろうな、
と思いつつ、
日本では笑い声をあげるのがはばかれるくらい
観客はまばら。
この違いは何か。

クリックすると元のサイズで表示します

エンドクレジットになって、
出演者が楽しそうに踊り狂うのを見つつ、
あまりの数々のばかばかしいことをしてくれたのを思い出して
ニヤニヤしてしまうほど。
でも、すぐ忘れてしまった。

クリックすると元のサイズで表示します

バカなことをバカバカしいと思いつつ笑える人にはおススメですが、
バカバカしいことを見て怒る人は観なくていいです。
まさに時間の無駄になるでしょうから。

なお、ホテルのオーナー役は
どこかで見た顔、と思ったら、
クリスチャン・グラヴィエ

クリックすると元のサイズで表示します

「最高の花婿」で父親役をやった大ベテラン。
こんな映画に出るとは、懐が深い。
というか、こういう人が出るほど、
フランスではこの手の映画が評価されているということか。

5段階評価の「3」

ヒューマントラストシネマ渋谷ほかで上映中。

林家パー子の奇声が笑える予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/l6rK23kmn_c

タグ: 映画



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ