ウズベキスタン旅行記Fヒワへ  旅行関係

旅行第5日は、完全移動日
ブハラからヒワへ450qを約8時間かけて走破します。

クリックすると元のサイズで表示します

キジルクム砂漠を疾走。

クリックすると元のサイズで表示します

バス内部はこんな。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

砂漠と言っても、
鳥取砂丘のようなものではなく、
要するに荒地

クリックすると元のサイズで表示します

ラクダが食べるような草だけが生えています。

クリックすると元のサイズで表示します

シルクロードの時代、
こんな道をローマへ向けて隊商が進んだとは。

クリックすると元のサイズで表示します

ところどころに見える盛り土のようなものは、
人工的な運河を掘った跡。

クリックすると元のサイズで表示します

黄色いガス管がどこまでも続きます。

クリックすると元のサイズで表示します

馬車が行きます。

クリックすると元のサイズで表示します

迷い牛?

クリックすると元のサイズで表示します

これはドイツに委託した道路整備。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

やがて快適な道路になることでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今回のツアー(Bコース)の参加者は28名
ご夫婦が5組、父娘が1組、
女友達同士が2組、姉妹とその義妹と職場の友人の4人組が1組、
一人参加が男4、女4、うち男女1組は以前からの知り合い同士。

居住地は、東京都7、千葉県6、埼玉県3、神奈川県2、
静岡県3、長野県2、福井県2、三重県2、大分県1

ウズベキスタンに来ようなどという人が
初海外のはずはなく、
旅行経験豊かな人ばかり。
中にはモンゴル、ブルネイやコスタリカなど、
私の視野に入っていない土地に行った方もいました。
中で77カ国に行ったという人が、
行ったことがある国を塗りつぶしてくれる
世界地図作成サービスのサイトがあると教えてくれたので、
帰国後、そのサイトを探し、
ずらりと並んだ国名の中から
私の行った国をチェックすると、
↓のような地図を作ってくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

色のついたのが、
私の行った国
色の違いは、
国境を明らかにするためのもので、意味はありません。
そのサイトでの計算では、
私は67カ国に行っているようです。

さて、砂漠の中でのトイレタイム。
女性を野外でさせるわけにはいかないので、
男性トイレは女性陣に譲り、

クリックすると元のサイズで表示します

男性陣は青空トイレ

クリックすると元のサイズで表示します

添乗員によれば、
あのトイレは
目がしみて痛くなるほどすさまじいものだといいます。

トイレから管を通じて流れ出るものは、
↓の穴にためられ、
やがては埋められます。

クリックすると元のサイズで表示します

↑これは、今回の旅行で2番目に汚い写真

昼食は、このようなレストランで、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ランチボックス配付。

クリックすると元のサイズで表示します

入っていたジュースには、
ロシア語、ウズベク語、

クリックすると元のサイズで表示します

英語、トルクメニスタン語、カザフスタン語で
同じ内容が印刷されています。

クリックすると元のサイズで表示します

まさに、現代のロゼッタストーン

クリックすると元のサイズで表示します

バーベキューを焼いてくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

回教国ですから、豚は出なく、羊の肉と

クリックすると元のサイズで表示します

鶏肉。

クリックすると元のサイズで表示します

もっとも、ガイドさんたちは
「豚肉、食べるよ」
と言っていました。

ウズベキスタンは、回教国といっても、
「ゆる〜い回教国」なので、
1日5回の礼拝もしなければ、
豚肉も食べるそうです。
「メッカ巡礼は行くんですか」と訊くと、
「行かない」と即答。
ましてや辛い断食などするはずもない。

回教国を旅行すると、
ミナレットという塔の上から
礼拝時間の到来を告げる
アザーンという声が旅の情緒を刺激しますが、
今回の旅行で、
アザーンを聞いたのは、
ヒワで1回だけ。

ちなみに、アザーンは、
ミナレットの階段を登って
塔の上から、よく通る肉声でやるのが基本。
しかし、最近では拡声器を使って、
地上でやるようになりました。
ただし、録音の再生は不可。
あくまで人間が呼びかけなければなりません。

また、アザーンと一緒に音楽を流すことは禁じられています。
イスラム教正統派は、教義上、
音楽を官能的快楽をもたらすものとして、
容認していないからです。
ことほどさようにイスラムはやっかいです。

クリックすると元のサイズで表示します

一角にあったトイレ。

クリックすると元のサイズで表示します

この旅行で3番目に汚い写真

クリックすると元のサイズで表示します

更に山のない平らな土地をしばらく走って、

クリックすると元のサイズで表示します

ここのモテルで休憩。

クリックすると元のサイズで表示します

ここでお茶を飲みました。

クリックすると元のサイズで表示します

向かいのレストランに置いてあったハエ取り紙。

クリックすると元のサイズで表示します

今度の旅行中、一番汚い写真

口直しに、きれいな雲の写真を。

クリックすると元のサイズで表示します

ウズベキスタン人の平均寿命は男性71、女性73
女性の方が長生きなのは、
ガイドによれば、「奥さんがいないから」。
そこから、ウズベキスタンの女性が強い、という話に。
ガイドさんは二人とも恐妻家のようです。
その一人が
「日本のいいところは、
奥さんがご主人を尊敬しているところ」
と言うと、
添乗員さんが、色をなして
「それは、ずっと昔の話です」
と否定していました。
なんだかガイドも添乗員も恐妻家が揃ったようで、
添乗員さんは、
奥さんに水をかけられたことがあるそうです。
あとで「原因は何ですか?」と訊くと、
「それは、我が家の秘密です」と言われました。
それにしても、
ガイドさんは、日本の時代劇でも観たのでしょうか。

やがて大きな川・アムダリヤ川を渡り、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

緑が増えると、
砂漠が終わったことが分かります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

政府の建て売り住宅。

クリックすると元のサイズで表示します

ヒワ市内に入り、
外城の門から入ったところにある

クリックすると元のサイズで表示します

このホテルに宿泊。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな立派なロビーと

クリックすると元のサイズで表示します

プールもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

室内。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここも、冷たい水しか出ませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

ホテル前には、内城イチャン・カラの南門があります。

クリックすると元のサイズで表示します

明日は1日かけて、

クリックすると元のサイズで表示します

この世界遺産を観光します。

クリックすると元のサイズで表示します

夜のとばりが降りると、

クリックすると元のサイズで表示します

イチャン・カラの中を散策。
北門まで歩いてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

街灯がなく、

クリックすると元のサイズで表示します

真っ暗。

クリックすると元のサイズで表示します

次回はヒワ市内を。




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ