カードの不正使用  耳より情報

本日午後、クレジット会社から電話があり、
私のクレジットカードでの買い物について、
疑義があったので、電話したといいます。

今朝、22万円ほど、
○○という通販会社で買い物をした事実があるか、
ということ。
そういう覚えはない、と言うと、
クレジットカードの番号を確認
(先方が読み上げる。こちらから言うのは怪しい)、
使用期限も確認(これも先方が読み上げ)、
住所も確認(同じく先方が読み上げ)した後、
カードが不正使用されたと思われるので、
現在のカードは
この電話が終わった段階で使用出来なくなり、
1週間から10日ほどで新しい番号のカードが届くが、
公的料金や携帯で引き落としのある会社などに
変更した旨、連絡してほしい、といいます。

不正使用者はカード番号だけでなく、
使用期限も正しく申告したといいます。

どうして不正使用と思ったかと訊くと、
クレジットカード会社は、
カードホルダーのカードの使い方を
ある程度パターン化して把握しており、
どんな場所でどれくらいの金額で、
どんな物を買うなどをシステム内で把握しているので、
そのパターンに合わないカードの利用があると、
もしかしたら不正使用かもしれないということで、
そこでカードを一時的に止めることがあるというのです。

私のカードの使い方についても、
2、3点(映画館のネット予約等)を確認し、
カード会社では、常時監視しており、
今回のケースでも不審な使用方法と認定した、というのです。

カード会社の監視を逃れた場合、
引き落とされてしまうことを予防するため、
ご利用代金明細書を常に確認してほしいといいます。

私は我が家の家計の月決算のため、
クレジット会社の引き落としは
ネットで毎月確認しており、
その時点で身に覚えのない買い物をした場合は、
クレジット会社に言えば、
支払いを停止することが出来るとのこと。
ただし、引き落とし期限が迫っていて、
引き落とされてしまった場合は、
後日の返金手続きとなる、とのことです。


ネットには、次のような投稿も出ていました。

クレジットカードを誰かに不正使用されました。
明細を見て気付いたのですが、
誰かが私のカード番号を使って
勝手にネットショップで買い物をしたようです。
ただ、カードは私の手元にあります。
一度も紛失したこともなければ、
誰かに貸したことも一切ありません。

誰が使用したのかネットショップに確認したところ、
注文者や商品の送付先が
私ではないことは確かなようで平謝りです。
注文者の住所も電話番号も登録されているそうです。
ですが、注文者の名前を聞いても「個人情報なので」
と教えてもらえませんでした。
「カード代金請求は取り消しします」と仰られましたが、
すぐに取り消ししてもらえず、
「しばらくお待ち下さい」との状況です。

警察にも行きましたが、
カード情報が盗まれただけでは被害届は出せないと言われました。
カード自体が盗まれていれば被害届が出せるそうです。

続いて、質問があり(省略)
それについての回答の中に、
次のようなものがありました。

カードの不正利用で被害を受けるのは「カード会社」です。
あなたは「自分のカード」と思っていますが「カード会社のカード」です。
クレジットカードの約款に記載があると思いますが
カードはあくまでも「使用者に貸与」されているだけであって
そのカードを「利用する権利」が
カードに記載の名義人にある・・・に過ぎません。

腑に落ちない気持ちもよくわかりますが
あなたのカード」でもないですし、
「被害もない」ので
あなたには何の権利もないということになります。

なるほど。
カードは自分のものではない、というのは、
目からウロコです。


カード会社のサイトには、
次のような説明もありました。

不正使用検知システムでモニタリングを行っています

昨今、お客様が気づかれないうちに
カードが偽造・盗難の被害に遭ったり、
カード番号などの情報が不正に詐取され
インターネット上で悪用されるなど、
カード犯罪に巻き込まれてしまう被害が多発しております。

こうした悪質なカード犯罪からお客様をお守りするために、
当社では、不正使用検知システムを導入し、
お客様のカードに異常が発生していないか、
24時間365日体制でモニタリング(不正使用の監視)を行っています。

不正使用検知システムにより、
カードをご利用の際に、
過去の不正使用ケースと類似点があったり、
会員様ご本人のご利用ケースと異なる点が見受けられた場合、
お取引を保留させていただく場合がございます。

このようなお取引の保留は、
お客様の信用状況、
ご利用可能額等の問題ではなく、
カード犯罪防止のための措置でございます。


私はほとんど店頭でのカードは使用しておらず、
ネットでの買い物や予約にしか使用していません。
今回の情報漏れは、
そのいずれかで発生したと思われますが、
ご利用代金明細書の確認を
確実にしなければならない、
と肝に命じた次第です。

また、カード会社にそのような監視システムがあることを
初めて知りました。




2015/9/12  8:51

投稿者:an

クレジットカードの不正利用被害、過去に何度か経験したことあるけど、クレジットカード会社との連絡やら、カードの再発行手続き、また、クレジットカードを登録しているサイトでの変更など迷惑極まりない。また、他にも不正利用されていないかと精神的ダメージも大きいですよ。
そもそも、不正利用を許した店舗が、クレジットカードの利用者、本人確認を怠って全く関係の無い第三者を被害に巻き込んでいるわけで、被害者への迷惑料の支払いなり、今後の再発防止を公表するなりして、企業としての社会的責任をはたしてほしいですね。
このような犯罪が蔓延し、多くの人が被害にあってるんだから、行政側も不正利用を許した店舗を公表し罰則化すべきだと思うよ。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ