曽野綾子さんのコラム  政治関係

今朝の産経新聞に、
賢人・曽野綾子さんが
↓のようなコラムを書いておられる。

クリックすると元のサイズで表示します

題材はこの夏に発表される
総理の戦後70年の談話

「一国の立場を代表する談話などというものを
書ける人がいるとは思われない」

「文章の怖さは
決して万人には受け入れられない
という運命を持つことだと
知悉した上でやるのだろうか」

「あらゆる人が納得するようなことだけを書けば、
こんな八方美人風の可もなく不可も文章など、
通用すると思うのか、
とそっぽを向く人出る。
総理個人の思いが強力に打ち出されていれば、
それに同感する人もいるだろうが、
必ずそれを種に攻撃する人も出る」

まさにその通りで、
そもそも70年を節目に談話を出す必要性があるのだろうか。

このような総理の談話は、
50周年の節目に時の村山総理が出し、
60周年の小泉総理も踏襲したものだ。
70周年で出し、80周年、90周年、100周年と続き、
そのたびに「謝罪」を強要されるのだろうか。
50周年で総括したのだから、
次は100年。
それでいいのではないか。

私は、そう感ずる。

そして曽野綾子さんは、
「中国や韓国は、
先の戦争のことを謝り続けろ、と言うらしい」
とし、
前にも紹介した持論を紹介する。

「謝罪ということは、
直接の被害を受けた人と、
与えた人とが、
現在そこに当事者としている場合にしか、
なし得ないことではないだろうか」

「仮に私個人に、
70年も前に起きたことを
今でも言い立てる人がいたら、
そういう性格の人とは
付き合いたくないと思うに違いない。
70年前、
顔を見たこともない私の曾祖父が犯した悪事を、
今普通の市民として生きている私に責められても、
私としては謝りようがない」

「そもそも過去の認識という行為は、
すばらしいように見えるが、
あくまで後ろ向きの姿勢なのだ。
それより現在
現実にその人が、
どれだけ誠実な市民として暮らし
周囲の人にも貢献しているかが問題であろうし、
過去の認識へのそれが答えなのだ」

「戦後の日本人は、
国中焦土になった中から復興し、
誠実に働いて優良な製品を作り、
人道にもとる行為もせずに生きてきた。
それが過去の戦争に対する反省であり、
償いでもあろう」


まさに正論である。
この文章を中韓国民に配って歩きたいほどだ。

オーストラリアのアボット首相は、こう言っている。

「日本は今日の行動で判断されるべきだ。
70年前の行動で判断されるべきではない。
日本は戦後すっと模範的な国際市民であり、
法の支配の下で行動をとってきた」

しかし、中韓には、
反日に走らざるを得ない国内事情を抱えており、
戦後の日本にはケチをつけるものが何もないので、
戦争中のことを言い立てているに過ぎない。

この中韓の姿勢は、
最近では「宿痾」(=長い間治らない病気)とさえ言われている。
何の病気か。
体でないことは確かだから、
「心の病気」に違いない。
病人を相手にしても始まらない。
後は中韓が何を言おうと、
「世界の人々は分かってくれる」
毅然たる姿勢を貫くのみである。





コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ