『イオランタ』『青ひげ公の城』  オペラ関係

今日は、年度末
我が家も決算です。
個人なのですから、
1〜12月でやればいいのですが、
やはり長年やってきた4〜3月の年度の方が分かりやすい。

で、我が家の決算、
実は今年度は黒字
原因は、1年少し前から始めた
外債仕組債投資が好稼働。
それに投資信託も寄与して、黒字決算。
つまり、貯金が減らなかった、ということです。
年金生活者としてはありがたい。


で、昼前に新橋へ。

クリックすると元のサイズで表示します

この機関車前で友人と待ち合わせ。

クリックすると元のサイズで表示します

新橋、久し振りに来ました。
なんだかなつかしい。
新橋第一ビルも健在。

クリックすると元のサイズで表示します

昔はこのビルにたびたび訪れ、

クリックすると元のサイズで表示します

チケット屋で出張時の新幹線の値引きチケットを買ったり、

クリックすると元のサイズで表示します

映画の前売り券の少しだけ安いもの、
更に試写会ハガキなどを買ったものです。

クリックすると元のサイズで表示します

シニア料金になってからは、
チケット屋に来ることも少なくなりました。

今日は、新橋にある、この店で、

クリックすると元のサイズで表示します

昼のランチを。

クリックすると元のサイズで表示します

キムチやナムルと共に

クリックすると元のサイズで表示します

焼き物は、タン塩、塩ミノと

クリックすると元のサイズで表示します

カルビ、ロース、上ハラミの盛り合わせ。

クリックすると元のサイズで表示します

高級すぎて、
料金の割に量が少ない
それでも、良い肉で贅沢した気分。

その後、道端の桜を観ながら、

クリックすると元のサイズで表示します

二人で築地へ移動。

クリックすると元のサイズで表示します

目的地は、東劇です。

クリックすると元のサイズで表示します

ところで、東劇前の高速道路、
ここが昔は隅田川の運河だったことを知る人は、
ほとんどいなくなりました。

クリックすると元のサイズで表示します

東劇に来たのは、METライブビューイングを観るため。
今日は、2本立てです。
1本目は、チャイコフスキー「イオランタ」で、

クリックすると元のサイズで表示します

ロシアでは上演されているようですが、
諸外国では上演の機会がない作品です。
なにしろ、METでも初演

それを人気のアンナ・ネトレプコ

クリックすると元のサイズで表示します

ピョートル・ペチャワで上演。

クリックすると元のサイズで表示します

アンナにとっては、母国語のロシア語での上演です。
指揮は、マリィンスキー劇場のワレリー・ゲルギエフという万全の態勢。
ゲルギエフはアンナ・ネトレプコを見いだした人。
加えて、ポーランドの映画監督出身のマリウシュ・トレリンスキによる演出。

15世紀の南フランスの山中が舞台。
プロヴァンスのレネ王は、
王女イオランタが生まれながらの盲目であることを悲しみ、
目が見えないことが彼女に分からないように
山中の秘密の城で育てていた。
頼みの医師は、
イオランタ自ら盲目であることを理解しなければ治療は困難だという。
偶然城に入った騎士ヴォデモンは、
イオランタの美しさに心を奪われるが、
言葉を交わすうち彼女が盲目だと気づいてしまい・・・。
という、アンデルセンの童話に基づいた作品。

クリックすると元のサイズで表示します

全編、美しい旋律に満ち満ちています。
舞台装置はなかなかいいですが、
衣裳がちょっと、という感じでした。

クリックすると元のサイズで表示します

もう1本は、
バルトーク「青ひげ公の城」

クリックすると元のサイズで表示します

「イオランタ」がアンデルセンに対して、
こちらはC・ペローの童話。
バルトーク唯一のオペラで、
ハンガリー語での上演。

クリックすると元のサイズで表示します

青ひげ公の城の城に到着した新妻ユディットは、
暗い城内に驚き、
陽の光を入れようと提案。
鍵のかかる扉を見つけ、
それを開けるよう青ひげ公に求める。
開けた部屋は、拷問室、武器庫、宝物庫、花園、青ひげ公の領地・・・
それらは全て血に染まっていた。
ユディットは、残る2つの扉も開けるよう要求。
残酷な結末を予見した青ひげ公はためらうが・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

という内容で、暗く、音楽も陰鬱
「イオランタ」の明るさとは好対照です。

クリックすると元のサイズで表示します

特筆すべきは、マリウシュ・トレリンスキの演出で、
この平板な話を豊かな造形で語ります。
そして、一種のスリラーのような仕掛け。
ヒチコックの映画「レベッカ」に啓示を受けたそうですが、
確かに、通じるものがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

演ずるは、
ユディットにナディア・ミカエル
青ひげ公にミハイル・ペトレンコ
どちらも適役で、
おどろおどろしい劇空間を造形します。

クリックすると元のサイズで表示します

舞台装置の転換があざやかで、
観たことのないような景色を現出します。

実は、20年ほど前に
確か日生劇場でこのオペラを観たことがあり、
こんなにつまらないオペラがあるんだ、
と思って帰った記憶があります。
今回は全く退屈しませんでした。
それも演出、
そしてオーケストラの力。
さすがMET、と思わせるものがありました。


ところで、つい先日、
次シーズンのMETライブビューイングのスケジュールが発表されました。
↓がそのチラシ。

クリックすると元のサイズで表示します

大きく拡大すると、↓のとおり。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

さすがに10年目になると、
2度目のおつとめのものが多いですが、
半数の5本が新演出です。
MET初演も1本あります。
新演出ではありませんが、
「トゥーランドット」という
世界遺産的な演出作品もあります。
今度は娘を連れて行こうかと思います。




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ