ラスベガスの思い出  

10月ももう終わりです。
早いですね。
あと2カ月で新年だなんて、信じられます?
組合の方は理事・支部長会を終えたらもう年末モードです。
その理事・支部長会の準備を今日も進めました。
初めての目黒雅叙園
うまくいくように。

一方、数年先を見据えて、証券会社と折衝。
12月に利払いの来る仕組債は解約がないようなので、
生衛組合の1億円は単独で設定します。
特に声はかけませんが、
このブログを読んだ証券会社の方で参加の意志のある方は連絡を。

事務局長は、この1カ月、睡眠時間を削ってあることを仕上げ、
今朝それが終わったので、ちょっと充足感、達成感があります。
何をしたか?
それはうまくいったら話しましょう。

夕方からちょっとした集まりへ。
9月にラスベガスでご一緒した方たちとの「写真交換会」
事務局長は風景ばかり撮っていて交換するものがないので、
香取慎吾の「スマステ」でやったラスベガス特集のDVDを作って行きました。
それにしてもあの旅行がわずか2カ月前とは。
ずっとずっと昔のことのよう。
間に香港・マカオがはさまりましたしね。
それでもあの時の人たちと会うと、
ラスベガスでの日々がよみがえります。

やはり人間は、美しいもの、
豊かなもの、金のかかったもの、
一流のものを観ないといけませんね。
目で見たもの、耳で聞いた素晴らしいものは、
心に留まって、輝きを生みます。

そんなことを思った会合でした。

ラスベガスはそういう超一流のものの詰まった場所。
ラスベガスがまだの方、
生きている間に行かないと、損をしますよ。

昔、こういう団体旅行をすると、
その後もかかわりを持つ人が出来たものですが、
最近はそういうことは起こりませんね。
五十を過ぎると、
新しい友は生まれないもの。

やはり、若い時に沢山の人と交わっておく必要があります。
事務局長は人生で2度の不連続線を通過していますので、
沢山の友を失いました。
でも、事務局長の家の家風で、寂しくはありませんが。

ラスベガスといえば、
娘がクリスマスに、
Rainという韓国の歌手のコンサートを見るためにラスベガスに行くようです。
韓国では「ピ」といい、雨のこと。
ビーとのばすと、英語では「おしっこ」の意味になるので、注意。
事務局長の家では、娘が子供の頃から、父親(事務局長)が
「ちょっとミュージカルを観て来るよ」
と言って、
姉の言葉を借りれば
「吉祥寺に行くかのように」ニューヨークなどに出かけていましたので、
娘も観たいものがあれば海を越えるのは当たり前と思っていますが、
傍から見れば相当異常ですね。
どうやら同行させられそう
9月に行ったばかりというのに。




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ