ルーマニア・ブルガリアの旅・そのIリラの僧院  旅行関係

6日目は、
↓のような景色を見ながら、

クリックすると元のサイズで表示します

リラの僧院まで300qを5時間半かけて走ります。

クリックすると元のサイズで表示します

途中、2度ほどガソリンスタンドで休憩。

クリックすると元のサイズで表示します

給油はセルフサービス。

クリックすると元のサイズで表示します

これがルーマニア・ブルガリア通してのバス。

クリックすると元のサイズで表示します

運転手さんの腕は確か。
休憩中も水を入れたり、いろいろ忙しそう。

クリックすると元のサイズで表示します

町にコンビニはありませんが、
ガソリンスタンドの店がコンビニに相当。

クリックすると元のサイズで表示します

2回寄った店は

クリックすると元のサイズで表示します

お店の配置が全く同じでした。

クリックすると元のサイズで表示します

WiFiが使えるので、
日本の台風情報をゲット。

クリックすると元のサイズで表示します

時々、町を通ります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

民家は、こんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

バスは山に向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します

昼食は、ここで。

クリックすると元のサイズで表示します

いつものスープに

クリックすると元のサイズで表示します

マスが出ました。

クリックすると元のサイズで表示します

レストランの裏手に清流が。

クリックすると元のサイズで表示します

滝もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

バスは益々山奥へ。

クリックすると元のサイズで表示します

標高1150mのところにあるのが

クリックすると元のサイズで表示します

リラの僧院

クリックすると元のサイズで表示します

「リラの僧院」。素敵な響きですね。
リラ山脈リラ村の奥にあるので、
リラ修道院ともリラの聖ヨハネ修道院とも呼ばれています。

クリックすると元のサイズで表示します

中にあるのが聖母誕生教会

クリックすると元のサイズで表示します

その隣にフレリョの塔があり、

クリックすると元のサイズで表示します

僧房が回りを囲みます。

クリックすると元のサイズで表示します

上から見ると、こんな感じ。
建物が敷地の割に高いことが分かります。

クリックすると元のサイズで表示します

平面図。

クリックすると元のサイズで表示します

真ん中にある聖母誕生教会は

クリックすると元のサイズで表示します

外壁や天井が
フレスコ画で埋め尽くされています。

クリックすると元のサイズで表示します

リラの僧院は、
ブルガリア正教の総本山的存在で、

クリックすると元のサイズで表示します

その歴史は10世紀にまでさかのぼります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

イヴァン・リルスキという僧が

クリックすると元のサイズで表示します

隠遁の地として
この場所を選び、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

小さな寺院を建立。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

それがやがて中世の宗教と文化の中心となりました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

現在の形になったのは、14世紀。
第2次ブルガリア帝国の時代には、
歴代の王の寄進を受けて
大いに繁栄しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

その後、ブルガリアは約500年にわたって
オスマン朝の支配下に入り、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

その間、キリスト教の信仰はもちろん、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ブルガリア語の書物を読むことにも制限がありましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

この僧院だけは、
それらが黙認されていたといいます。

クリックすると元のサイズで表示します

僧院の建物は、
1833年の火事で大方燃えてしまいましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

その後、復旧され、
ユネスコの世界遺産に登録されました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

フレスコ画は、
36の聖書の物語や

クリックすると元のサイズで表示します

この地方の生活の様子が

クリックすると元のサイズで表示します

色彩豊かに描かれています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

これらは民族復興期最高のイコン画家といわれる
ザハリ・ソグラフを含む
当時を代表する画家たちが
無償で描いたそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この教会は5つのドームを戴いています。

クリックすると元のサイズで表示します

教会内部は撮影禁止。
そこで、絵はがきから転載。

クリックすると元のサイズで表示します

壁と天井には無数のイコンが描かれ、
正面にあるのは、イコノスタス
聖障と言われ、
東方正教会で至聖所の前に置かれているものです。

クリックすると元のサイズで表示します

聖母誕生教会のイコノスタスは
幅が10mもある立派なもので、
精緻な彫刻に金箔がほどこされています。
ブルガリアの木彫芸術の最高傑作といわれ、
その制作には5年の歳月を要しました。

クリックすると元のサイズで表示します

聖母誕生教会の隣にあるのがフレリョの塔。
14世紀に封建領主フレリョ・ドラゴヴォールによって築かれた物見櫓。
1833年の火災をのがれ、
14世紀に建てられた当時のままに残っています。

クリックすると元のサイズで表示します

鐘楼としても使われています。

クリックすると元のサイズで表示します

回りを取り囲むのは、僧房。

クリックすると元のサイズで表示します

往時には、3600人もの修道僧が
寝食を共にしていたといいます。

クリックすると元のサイズで表示します

4階建ての住居部分は300間、
4つの聖堂、大修道院長室、キッチン(めったにない巨大な器があることで有名)、

クリックすると元のサイズで表示します

全250の手記と9000冊の古い印刷物を収容する図書館、
そして寄贈者室から成っています。

クリックすると元のサイズで表示します

石製の高い壁と
僅かな窓で覆われた複合建築物の外観は、
修道院というよりむしろ要塞に似ています。

クリックすると元のサイズで表示します

僧房の一室。

クリックすると元のサイズで表示します

教会を後ろから見たところ。

クリックすると元のサイズで表示します

山は次第に色づき、美しい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

歴代の僧たちは、

クリックすると元のサイズで表示します

ここで何を思ったのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

↓は、絵はがきから
雪のリラの僧院。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

リラの僧院を後にして、
ブルガリアの首都、ソフィアへ。

クリックすると元のサイズで表示します

夕食は

クリックすると元のサイズで表示します

ここで、

クリックすると元のサイズで表示します

サラダと

クリックすると元のサイズで表示します

きのこシチュー。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

デザートは本場のブルガリアヨーグルト。

クリックすると元のサイズで表示します

ねっとりとした味わいで、
チーズのようでした。

最後のホテルはここ、

クリックすると元のサイズで表示します

ケンビンスキー・ゾグラフスキー。

クリックすると元のサイズで表示します

様々な賞を受賞した5つ☆ホテル。

クリックすると元のサイズで表示します

31カ国にチェーン店75店を擁します。

クリックすると元のサイズで表示します

トラピックスは最後に良いホテルに泊まります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

シュワちゃんも

クリックすると元のサイズで表示します

スタローンも来たことがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

明日は最終日。
ボヤナ教会とソフィア市内観光。






コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ