ロンドン旅行記L 帰国  旅行関係

イギリスのポンド紙幣は、
全てエリザベス女王の肖像です。

クリックすると元のサイズで表示します

このような現存の国家元首が紙幣を飾る場合、
交代した時、どの位の期間で紙幣が変わるものなのか、
興味があります。


さて、いよいよ帰国です。
パディントン駅からヒースローへは、
ヒースローエクスプレスが15分で21ポンド(3780円)、
ヒースローコネクトが30分で9ポンド90(1780円)。
2000円の違いは大きいので、
迷うことなくコネクトを選びましたが、
この時間帯はエクスプレスしか走っておらず、
ホームでチケットの交換を申し出たところ、
「車内で」と言われました。

で、帰りは、この列車ヒースローエクスプレスで。

クリックすると元のサイズで表示します

車内もコネクトとは違います。

クリックすると元のサイズで表示します

このような豪華な座席。

クリックすると元のサイズで表示します

コネクトとの比較。

クリックすると元のサイズで表示します

先程ホームにいたお姉さんが検札に来たので、

クリックすると元のサイズで表示します

追加料金を差し出したところ、
「いいです」と。
ラッキーでした。
お姉さん、ありがとう。
↓は、そのチケット。

クリックすると元のサイズで表示します

下車したらターミナルへ。

クリックすると元のサイズで表示します

空港内の様子。
ヒースロー空港はゲートの発表が
出発1時間前と遅いので、
みんながこういった場所で待機します。

クリックすると元のサイズで表示します

帰路はビジネスクラスにしたので、
ラウンジへ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

朝食は、ここで。

クリックすると元のサイズで表示します

スターアライアンスの飛行機は、
このようにラウンジ内に表示されます。

クリックすると元のサイズで表示します

いよいよ搭乗。

クリックすると元のサイズで表示します

フランクフルト行きなのは、
この旅行はマイレージの特典旅行(無料)のため、
→フランクフルト→パリ→成田
という2回乗り継ぎの便しか取れなかったからです。

航空会社はルフトハンザ

クリックすると元のサイズで表示します

機内から見えた珍しい光景。
二つの飛行機が重なって見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらの飛行機が移動するにつれて、

クリックすると元のサイズで表示します

向こう側のジャンボが姿を現し、

クリックすると元のサイズで表示します

結構な距離のあったことが分かります。

クリックすると元のサイズで表示します

やがて離陸。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ヨーロッパ国間のビジネスクラスは、
特別な座席があるわけではなく、
真ん中の席を空席に指定。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

それでも食事は結構なものが出ます。

クリックすると元のサイズで表示します

ドイツの大地。

クリックすると元のサイズで表示します

フランクフルト空港

クリックすると元のサイズで表示します

沢山ある便の中から自分の乗る便を探し、

クリックすると元のサイズで表示します

ゲートを移動。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、EUに入国する形を取るので、
通関しなければなりません。
イギリスもEUですが、
シェンゲン協定の国境検査撤廃の適用対象から除外されているため、
こうした手続きが必要です。

クリックすると元のサイズで表示します

空港内の様子。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここでもラウンジへ。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

食べ物は豊富ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

機内食を食べたばかりなので、
こんなもので。

クリックすると元のサイズで表示します

ここからパリへ。
経度的には、戻る形です。

クリックすると元のサイズで表示します

ゲートは自動。
チケットのバーコードをかざして入ります。

クリックすると元のサイズで表示します

再び機内食を食べて、

クリックすると元のサイズで表示します

パリシャルル・ド・ゴール空港に着きました。

クリックすると元のサイズで表示します

この空港は細長い通路と

クリックすると元のサイズで表示します

未来図のような光景が観られます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここで出国扱いとなり、内部へ。

クリックすると元のサイズで表示します

またもラウンジへ。

クリックすると元のサイズで表示します

スターアライアンスの共同ラウンジ。

クリックすると元のサイズで表示します

今回の旅行では、
ここのラウンジが一番しょぼかった。

クリックすると元のサイズで表示します

パリだというのに。

クリックすると元のサイズで表示します

この麺など、最低。

クリックすると元のサイズで表示します

ゲートへ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

懐かしい日本の飛行機。

クリックすると元のサイズで表示します

最後の優先搭乗。

クリックすると元のサイズで表示します

ビジネスクラス。

クリックすると元のサイズで表示します

このタイプじゃないと思ったのに。

クリックすると元のサイズで表示します

リクライニングは自動。

クリックすると元のサイズで表示します

これが通常のアップライト。

クリックすると元のサイズで表示します

リラックス。

クリックすると元のサイズで表示します

ベッド。

クリックすると元のサイズで表示します

カーディガンも貸していただけます。

クリックすると元のサイズで表示します

機内食はもちろん和食を選択。

クリックすると元のサイズで表示します

こうした食材をどうやって調達するのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

メインディッシュは、
鱸(すずき)のソテー ガーリック風味の温野菜 サフランクラムソース

クリックすると元のサイズで表示します

機内映画も全日空は豊富。

クリックすると元のサイズで表示します

夜食に頼んだ一風堂のラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

よく眠れました。

朝食は、鯛の塩焼き

クリックすると元のサイズで表示します

日本の緑が見えて来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

荷物が出て来て、ホッ。
ロンドン→フランクフルト→パリ→成田
と、19時間40分の長い旅でした。

クリックすると元のサイズで表示します

これで、ロンドン旅行記は終わりです。

それぞれの旅行記は、↓をクリック。

出発
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20140528/archive

ウィンザー城
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20140531/archive

ストーンヘンジ
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20140603/archive

バース
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20140605/archive

ミュージカル前半3本
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20140607/archive

ストラトフォード・アポン・エイヴォン
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20140610/archive

コッツウォルズ
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20140612/archive

オックスフォード
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20140617/archive

ワーナー・スタジオ
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20140619/archive

ロンドンの街
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20140621/archive

博物館巡り
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20140624/archive

ミュージカル後半3本
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20140626/archive




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ