ロシア旅行記E サンクトペテルブルク  旅行関係

サンクトペテルブルクの位置は、ここ。↓

クリックすると元のサイズで表示します

ロシア西部、バルト海のフィンランド湾最東端、
ネヴァ川河口デルタに位置します。
モスクワに次ぐロシア第二の都市です。
人口は市域で500万人。
人口が100万を超える都市としては世界で最も北に位置します。

都市の名は「聖ペテロの街」を意味します。
これは、建都を命じたピョートル大帝が
自分と同名の聖人ペテロの名にちなんで付けたもの。
当初はオランダ語風にサンクト・ピーテルブールフと呼ばれていましたが、
後にドイツ語風にサンクト・ペテルブルクと呼ばれるようになりました。
1914年、第一次世界大戦が始まりロシアがドイツと交戦状態に入ると、
ロシア語風にペトログラードと改められ、
更にロシア革命によりソビエト連邦が成立すると、
1924年よりレーニンにちなんでレニングラードと改称され、
この名称が半世紀続きました。
そして、ソ連の崩壊により、
市民投票により、
昔の名前、サンクトペテルブルクに戻ったのです。
都市の名前一つで、これだけの歴史があります。

ピョートル大帝による建都以来ロシア最大の文化都市として発展してきたため、
特に帝政時代にはこの都市を舞台に多くの文化人が活動し、
詩や小説などの題材としても扱われてきました。
詩人で作家のアレクサンドル・プーシキン
いわゆる「ペテルブルクもの」を著したニコライ・ゴーゴリ
『罪と罰』を書いたたフョードル・ドストエフスキーなど。

イワン・ツルゲーネフの作品にも描かれるように
帝政時代のモスクワはひどい「田舎」扱いされており、
ペテルブルクで活躍することこそが
エリートの絶対条件であるとみなされていました。
音楽家や画家もペテルブルクで活動するのが基本でした。

空港からの道は、このように、モダンです。

クリックすると元のサイズで表示します

運河の町であり、

クリックすると元のサイズで表示します

そのため、「北のヴェネチァ」とも呼ばれています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

岸には、

クリックすると元のサイズで表示します

銅像や

クリックすると元のサイズで表示します

オベリスクが。

クリックすると元のサイズで表示します

夜になると、跳ね橋があがり、
大きな船を通します。

クリックすると元のサイズで表示します

その様子。

クリックすると元のサイズで表示します

これを観に行く、夜中のツァーもあるようです。

町を東西に貫くネフスキー大通り

クリックすると元のサイズで表示します

モスクワ駅

クリックすると元のサイズで表示します

ロシアの駅名は、その終点の名前が付けられます。
従って、モスクワ〜サンクトペテルベルク線の
モスクワにある駅名は、サンクトペテルベルク駅。
(レニングラード駅とも)

ヴァスターニエ広場の塔。

クリックすると元のサイズで表示します

聖イサク寺院

クリックすると元のサイズで表示します

正面からの写真が撮れなかったので、
写真集から。

クリックすると元のサイズで表示します

世界遺産です。
これから沢山の世界遺産が登場しますが、
単独ではなく、
「サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群」
という一くくりです。

今は、このように修復中。。

クリックすると元のサイズで表示します

1858年に建ったこの教会、

クリックすると元のサイズで表示します

クーポラをいただく教会としては、
世界で4番目の規模を誇ります。

クリックすると元のサイズで表示します

これをしのぐのは、
ローマのサン・ピエトロ大聖堂、
ロンドンのセント・ポール大聖堂、
フィレンツェのサンタ・マリア・デル・フィオーレ聖堂だけ。

正面の公園には、
青銅の騎士像。

クリックすると元のサイズで表示します

ピョートル大帝の騎馬像です。

クリックすると元のサイズで表示します

足元に

クリックすると元のサイズで表示します

蛇を踏んづけています。

クリックすると元のサイズで表示します

ミハイロフスキー庭園

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

向こうに見えるのは、ミハイロフスキー城。

クリックすると元のサイズで表示します

出たところで花嫁に逢いました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、スパース・ナ・クラヴィー教会

クリックすると元のサイズで表示します

1881年、
皇帝アレクサンドル2世が暗殺された場所の上に建てられたので、
「血の上の救世主教会」と呼ばれています。

クリックすると元のサイズで表示します

新たに即位した息子のアレクサンドル3世が、

クリックすると元のサイズで表示します

父の死を惜しみ建てた、

クリックすると元のサイズで表示します

純ロシア風の教会です。

クリックすると元のサイズで表示します

ソ連時代は粗末に扱われ、
一時期と倉庫として使われました。

クリックすると元のサイズで表示します

今は修復され、博物館として使われています。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと運河にはみ出ています。

クリックすると元のサイズで表示します

ここでも、花嫁発見。

クリックすると元のサイズで表示します

ロシア美術館の前の芸術広場には、

クリックすると元のサイズで表示します

プーシキンの像が立っています。

クリックすると元のサイズで表示します

何でしょう、このポーズ。

クリックすると元のサイズで表示します

またお土産物屋に連れて行かれましたが、
マトリョーシカ人形は、もう一生分見たので、
写真は載せません。
一つだけ、面白いマトリョーシカ人形を紹介。
プーチンの中からエリツィンが、
その次はゴルバチョフが、
そして、ブレジネフ、フルシチョフと
歴代のロシア(ソ連)の指導者が現れます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリントンの中ら
ヒラリーやモニカが出て来るのもあるそうです。

お土産物屋から抜け出して、ちょっと散策。

↓はグランドホテル・ヨーロッパ。これも世界遺産の一つ。

クリックすると元のサイズで表示します

ネフスキー大通り。

クリックすると元のサイズで表示します

地下鉄がありました。

クリックすると元のサイズで表示します

サンクトペテルブルク、
地下鉄は5路線あります。

クリックすると元のサイズで表示します

長い通路を歩くと、

クリックすると元のサイズで表示します

チケット売り場に。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらでは、このトークンを使います。

クリックすると元のサイズで表示します

料金は28ルーブル。
モスクワより2ルーブル安い。

クリックすると元のサイズで表示します

ICカードにも対応。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

深い。

クリックすると元のサイズで表示します

千代田線のお茶の水駅より深い。

クリックすると元のサイズで表示します

電車が来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

中の写真。

クリックすると元のサイズで表示します

撮っただけ。時間がないので、乗りませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

コンサートも盛んなようです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

というわけで、
オプショナルでバレエを観に行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

演し物は、「白鳥の湖」

クリックすると元のサイズで表示します

劇場の名前は、オーロラ・パレス劇場。

クリックすると元のサイズで表示します

階段の壁に

クリックすると元のサイズで表示します

このような絵が。

クリックすると元のサイズで表示します

プログラム。

クリックすると元のサイズで表示します

日本語のあらすじもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

チケット。

クリックすると元のサイズで表示します

座席表。

クリックすると元のサイズで表示します

入場開始。

クリックすると元のサイズで表示します

中に入って驚いた。
オーケストラピットがない!

クリックすると元のサイズで表示します

1列目と舞台の間にオーケストラ。

クリックすると元のサイズで表示します

人数は30名と、そこそこいますが、
寄せ集めであることは明らか。
思うに、観光客相手の公演。
期待は急速にしぼんでいきます。
しかも、観客に中国人が多い。
きっと観光コースに入っているのでしょう。

というわけで、演奏が始まると、
前から3列目(実質最前列)と
近すぎるせいもあって、
オケの音が一つにならない。
まあ、それもじきに慣れました。
バレエの方は、
腐ってもペテルブルク、という感じで、
そこそこの出来でした。

撮影禁止なので、
パンフレットからの写真。

クリックすると元のサイズで表示します

オデット姫を踊ったタチヤーナ・フロロヴァさん。

クリックすると元のサイズで表示します

さすがプリマを張るだけあって、
確かな技量。
彼女が出ると、舞台が引き締まります。
ただ、感動するには至りませんでした。

休憩時間、オーケストラのメンバーは談笑。
この人はきれいなヴァイオリニストの女性。

クリックすると元のサイズで表示します

美しいソロを奏でたコンサートマスターの人。

クリックすると元のサイズで表示します

後ろの席の中国人がしゃべるので、
しばしば注意。
生まれて初めてバレエを観るのでしょう。

料金は1万7千円と高かったですが、
まあ、ロシアに来てバレエを観る、
という経験料。

終演後の舞台の様子。

クリックすると元のサイズで表示します

サンクトペテルブルクは3連泊で、このホテル。

クリックすると元のサイズで表示します

世界の時計が、東京でなく、ソウルになっています。

クリックすると元のサイズで表示します

部屋は、こんな感じ。
バスタブはなし。

クリックすると元のサイズで表示します

ついにロシアでの6泊は、全部バスタブなし。
これが普通なのでしょうか。
普通、ツァーでは、最後のホテルはいいのですが。

とにもかくにも、
サンクトペテルブルクの夜は更けていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

対岸のスモーリヌイ修道院のシルエットも美しく。

クリックすると元のサイズで表示します

夜中の2時半頃、廊下が騒がしくなりました。

クリックすると元のサイズで表示します

スピーカーから、なにやらロシア語のテープの音声が流れています。

クリックすると元のサイズで表示します

廊下があわただしくなり、

クリックすると元のサイズで表示します

中には荷物を持っている人も。

クリックすると元のサイズで表示します

添乗員さんを通じてフロントに問い合わせると、
「システム・トラブル。問題なし」
とのこと。

でも、様子を見るために、
階段を降りてみました。
エレベーターは止まっていますので。

クリックすると元のサイズで表示します

ロビーには、意外や10人程と少ない。
ロシアの人にとっては、
日常茶飯事なのか、反応なし。

クリックすると元のサイズで表示します

結局問題ないので、
今度は階段を8階まで登って帰りました。

クリックすると元のサイズで表示します

それでも、係が来るまでの間、
2時間位、テープの音声はずっと流れていました。
ロシアのホテルの実情を知って、
良い経験になりました。

次は、いよいよエルミタージュ美術館です。




2019/8/16  16:40

投稿者:Trip-Partner スカウトチーム

ブログ運営者様

平素より楽しくブログを拝見させていただいております。 弊社はTrip-Partner(https://trip-partner.jp/ )という新しい海外情報メディアの立ち上げを行っております。 是非、貴ブログのような、海外旅行者にとって内容に富んだ記事を弊社サイトでも投稿して頂きたいと思いまして、ご連絡差し上げました。 報酬としては2000文字程度で2500円を考えております。 もしご興味御座いましたら範國(ノリクニ)宛(director@trip-partner.jp)にメールを頂くことは叶いますでしょうか?(その際メールにブログのURLを記載いただければ幸いです。 )具体的な依頼内容等について相談させていただきます。

何卒宜しくお願い致します。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ