『箱入り息子の恋』  映画関係

〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

この映画も、私のアンテナには引っかからなかったが、
あまりの評判の良さに観る気になった一篇。

市役所記録課に勤める天雫(あまのしずく)健太郎は、
昼食も自宅に戻って食べ、
退庁時間になると真っ先に帰宅、
同僚とも交流せず、
職場と自宅を往復するだけの生活、
家ではテレビゲームにあけくれる、
彼女いない歴35年の内気な童貞独身青年だ。

父母は心配して、見合いを勧めるが、
「結婚はしない。
老後の生活に困らないだけの貯金はする」
と言って応じない。
見かねた両親は息子に内緒で
親同士の代理見合いをする。
(そんな会があるんだね)

そんな時、雨宿りをしていた女性に
傘を貸した健太郎。
その女性は偶然、
親同士の見合いの相手、
社長令嬢の今井奈緒子だった。

書類選考で
健太郎は社長のお眼鏡にかなわなかったが、
傘に書かれていた珍しい名前に、
母親が見合いをセッティングし、
ホテルで見合いをする。
そこで初めて、
奈緒子が盲目であることを知らされるが、
健太郎はひるまない。
しかし、
「13年も同じ部署にいて、
しかもファイリングなど新入社員の仕事。
昇進もなく、意欲のない男だ」
と社長からは侮辱を受ける。

しかし、「もう一度会ってみたい」との奈緒子の要望で、
昼休みのデートが始まる。
吉野屋に行ったり、
立ち食い蕎麦屋で食事をしたり
というささやかなデートコースに、
少しずつ距離が縮まっていく二人。
今時珍しい純愛が成り立つのは、
二人がそれぞれ(心と体に)障害を抱えているからだろう。
しかし、二人の前に思わぬ障害が立ちはだかる・・・

健太郎を演ずるのは、
俳優でミュージシャンの星野源
真面目なばかりで人との交流が出来ない風変わりな男、
でも何だかそこらにいそうな存在をよく演じた。
対する奈緒子を演ずる夏帆が美しく可憐。
この夏帆の演技は素晴らしい。
二人が不器用なデートを繰り返していく姿は、
見ていて「がんばれ」と声をかけてやりたくなるようだ。
それを見守る母親役の黒木瞳もうまい。
登場人物に感情移入した時点で、
この映画は成功している。

会えなくなった奈緒子を町でみかけた健太郎が後をつけ、
二人の思い出の吉野屋で
向かい合ったまま、
それぞれ食べながら泣くシーンは、
観客の涙を誘う。
実際、今書いていても胸が熱くなる名シーンだ。

健太郎の両親役の平泉成森山良子も好演。
エンドクレジットまで森山良子だと気づかなかったが、
見合いの席で、
社長の無礼な言葉に
「健太郎の何が分かっているの」
と言い返す場面は秀逸。

二人の家と職場の
本当に小さな小さな世界しか出てこない作品だが、
恋の喜びと痛みを等身大で描いた佳作
監督は市井昌秀

代理見合いの予行演習で、
健太郎の両親が
「貯金が趣味は?」──「計画的」
「35にして実家暮らし」──「家族思い」
「彼女いない歴35年」──「仕事熱心」
と予習した後、父親が
「これって、詐欺じゃないのか?」
と聞くと、母親が
「解釈の問題です」
と返す会話が笑えた。
その他随所にユーモラスな場面がある。

ただ、
後半はもう一ひねりが欲しかった。
シナリオは「ヒネリオ」というくらいなのだから。

5段階評価の「4」

予告編は、↓をクリック。

http://www.youtube.com/watch?v=c-RDz_zDAs8&feature=player_embedded


タグ: 映画



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ