大腸内視鏡と2カ月経過  

今日は大腸内視鏡の検査を受けました。
どこがどう悪いわけではありませんが、
前回検査から2年経過しており、
その際、
2年ほどしたらまた来なさい、と言われていたので、
そのとおりにしたわけです。

前日から食事は軽めの消化の良いものにして、
軽い断食状態。
朝から下剤を1.8リットル飲んで、
お腹の中を何もない状態にして病院へ。

そのあたりのことは、
前回も書きましたので、
興味のある方は↓をどうぞ。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20100522/archive

○門からカメラを入れられて、ごそごそ。

結果は、ポリープを1個発見。
前回は2個でしたから、1個減っています。
切除はせずに、一部を取って組織検査へ。
1週間後に来なさい、ということでした。

これからは会社での定期健康診断はありませんので、
市の健康診断などを活用して、
健康管理に気をつけなければなりません。


さて、今日で定年退職後2カ月たちました。

すっかりこの生活に慣れました。
朝は適度な時間に起き、
一日置きのエアロビクス以外に
日課はありません。
それでも、いろいろなことをしていれば、
夕方を迎える。

毎日課せられていることといえば、
このブログくらい。

ただ、7月には、
麗水の万博
チベットの旅行に出かけましたので、
変化があるといえば変化はあります。

8月にはアメリカ横断旅行が控えています。
その飛行機の手配もホテルの予約も
ミュージカルやショーのチケットも
全部ネットで済ませ、
楽しみの半分はもう終えてしまいました。

ただ、経済的には、
予想よりお金がかかっています
日々出て行くお金は相当多い。
まだ年金は入っていませんが、
月間赤字は意外と大きい。
特に、住民税や健康保険料は、
前年の収入にかかって来る分、
相当負担になっています。
来年になれば負担は少なくなることが分かっていますが、
しばらくは月間赤字に
心配させられながら過ごしていくようです。

この2カ月で要らなくなったものはといえば、
背広やジャケットはまだ1、2回しか着用していません。
ネクタイなど、着用することは皆無。
人前に出ることも少ないので、
整髪料のたぐいもほとんど使わない。
毎日使用していたものが
無用なものになるのは、
不思議と言えば不思議、
当然と言えば当然です。








コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ