金環日蝕  

待ちに待った金環日蝕の日。

早朝の中国南部から始まって、
日本の広範囲の地域を通過、
無人の太平洋を通って
アメリカ西部で
食のまま没する。
何とも雄大な天文ショーですが、
↓の図にあるように、

クリックすると元のサイズで表示します

マカオからラスベガスまで
世界の二大ギャンブルの町に
至るのが興味深い。

日本では↓の地域で金環食が見られ、

クリックすると元のサイズで表示します

まさに東京はドンピシャリの中心線で、
完璧な形の金環食が期待されます。

首都圏では173年ぶり、
このような広範囲で見られるのは、
平安時代以来の932年ぶりといいます。

ちなみに、去年行った礼文島では、
1948年5月9日に金環食を観測した石碑が
海岸付近に立っています。

クリックすると元のサイズで表示します

根が野次馬の事務局長は、早起きして、
海の方に出かけました。

クリックすると元のサイズで表示します

遠くに見えるのは、幕張のビル群。

クリックすると元のサイズで表示します

海近くの公園は、こんな状態。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、雲が厚くたちこめており、

クリックすると元のサイズで表示します

欠け始めても、こんな風にしか見えません。

クリックすると元のサイズで表示します

出勤しなければならないので、
徐々に駅方面に移動し、

クリックすると元のサイズで表示します

最後はここで。

クリックすると元のサイズで表示します

まさに金環食が始まった時、

クリックすると元のサイズで表示します

雲の切れ間がやって来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

日食メガネではくっきり見えているのですが、

クリックすると元のサイズで表示します

デジガメでは無理。
そこで、レンズの前に日食メガネを置いてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

まるで太陽を使った壮大な視力検査。
「右です」「左です」「下です」

クリックすると元のサイズで表示します

何となく暗くなり、
空気もひんやりしてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

マンションの中庭で見ていたカミさんによると、
この時、鳥たちが静かになり、
金環食が終わると、一斉に鳴き始めたそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

リングが太いのは、カメラがぶれているため。

クリックすると元のサイズで表示します

ネットで調べた写真では、
↓この写真が一番見事なようです。

クリックすると元のサイズで表示します

金環食については、
↓のウィキペディアが分かりやすい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E7%92%B0%E6%97%A5%E9%A3%9F

2100年までの日蝕の予想と、
日本での主な日蝕の記録が出ています。
前に書いた源平の戦の時の記述もあります。


「あ〜あ、見れなかった」と
「見れた、見れた」では、大違い。
金環食の瞬間に
雲の切れ間がやって来るとは、
やはり普段の心がけの良さでしょうか。




2012/5/22  21:09

投稿者:セリオンのはなちゃん

定年退職って局長さん本当なの?そんなにジイさんでもないようなのに…過去では白髪頭に腰曲がりだったようですが今はみんな若いよね。最近の若者の方が定年寸前のようでゲンキ少ないよね。 金冠日食にも思うの パワースポットのお伊勢さん 天岩戸  平安時代や 日本書記にもの天照大神が岩屋に隠れるようにも連想しちゃうのよね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ