食肉ギフト券廃止と『ビューティフル』  

「食肉ギフト券」廃止へ向けての手続きが
各県組合で進んでいますが、
すんなりいく県と
面倒な県の差が激しく、
ここのところ、かなりの相談を受けています。

各県の財務事務所は、
各地方財務局の傘下にあり、
困っている県が
ある特定の地域に集中しているところを見ると、
その地方財務局において、                            
最近、会議か打ち合わせが行われたようです。

面倒、と書きましたが、
こちらは法にのっとってやっているので、
本質的問題ではなく、枝葉。
次の2つに集約されます。

@消費者への周知方法
A払い戻し終了後、つまり11月以降の姿勢


@は、たとえば、
「ポスターを貼る『店頭の見やすい場所』とはどこなのか」
を示せ、などと細かい注文。
お店によって違いますのでね。
自分で見に行ったらいかがですか。

「○○にも張り出したらどうか」
などともいいます。
それは貴方の手法です。

また、
ホームページを持っていない組合に
「ホームページに掲載すべきだ」
などと無理難題を言います。

Aは、11月以降、券を持って来た消費者に
払い戻しに応ずるのかどうか、
という問題。

これは「時効」に関わり、
法律の管轄が違う
従って、良いも悪いもないのですが、
その良いや悪いを言う。

いかなる根拠と権限でそういうことを言うのかと
事務局長なら即座に反論しますが、
各県組合の女性職員の方々は
役人の前で、そうはいかないようです。

大体、弱い立場の女性に
居丈高にモノを言う姿勢が気に入らない。
騎士道にも武士道にも男道にも反している。

などと思いつつ、
側面からしか援護射撃が出来ないのがもどかしい。

ただ、我々は法の定め通りにしているので、
大通りを走る人間は、
脇の雑音に影響されない

ということを信じていくしかありません。

全国の女子職員の皆さん、
頑張って下さい。


〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

舞台はバルセロナだが、
観光地的なところは全く出て来ず、
街の底辺で生きる人々の姿をていねいに描く。

監督は「アモーレス・ペロス」という大傑作を生み出した
アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ

主人公は、
麻薬取引や不法就労で生計を立てる男。
子供二人と貧しい暮らしをしており、                       
別居している躁鬱症の妻が
時々訪ねて来て、
子供たちに悪影響を与えるのを恐れている。

警察への賄賂が効かず、
麻薬の売人たちが逮捕されて、
セネガルからやって来た家族らが
途方に暮れているのを助けてあげたり、
タコ部屋のようなところで暮らしている
中国人労働者の待遇改善を求めたり、
闇社会の住人でありながら、
心根はやさしく、善良だ。

ある日、自分が末期ガンで余命2カ月と知った男は、
妻と子供の今後のために
何かを残そうと、奮闘し始めるが・・・

八方塞がりでどうすることもできない状況の中の
中年男を演ずるハビエル・バルデムの演技が圧巻。
先のアカデミー賞の主演男優賞にノミネート。
既に「ノーカントリー」で助演男優賞を取っているが、
その時の異常な殺し屋とは全く違う演技を見せる。

実はこの男、超能力を持っており、
死者の魂と会話が出来る。
事故で死んだ子供の父親に頼まれて、
死者のメッセージを伝えたりしている。

父親はフランコ政権に反対して亡命したため、
生前は会ったことがない。
墓所を売る話が持ち上がり、
父親の柩を開けて、
防腐剤がほどこされた父親の死体と初めて対面する。
その時に超能力がどう働いたかは描写しないが、
冒頭のプロローグと
ラストのエピローグで、
父との交流が描かれる。
この部分は同じ場面が異なる視点で描写され、美しい。

死に直面し、
自分のアイデンティティーと、
子供への継承に苦しむ姿は、
実は全ての人間存在に課せられた課題。
見ていて辛いが、
心の中にずしりとしたものが残る。

5段階評価の「4.5」。

立派な映画だが、
お金を払ってまで辛い思いをしたくない人は、
観なくていいです。





2011/7/1  10:43

投稿者:piano

アクシデントの連続のこの10年 業務も難題複雑化 生活も困窮  
「一事が万事」から 
局長さんの業務に対する度量の大きさには 改めて敬服します。   屈しないスーパー頭脳局長さん(私達の誇り)の本領から 法律管轄の財務局役人からの指摘に対して 商法 民法解釈からの説得力には より ギャップが感じまして伺わざるをえません。
さらなる私の願いは 早く消費回復のうえ 悲惨畜産農家の自殺者が これ以上 増加からの回避を早急に ひたすら 祈りたいです。

2011/7/1  8:49

投稿者:ひまわり

「逃げちゃだめだ」
幕末の桂小五郎の明治を開く のように 
局長さんのコメント 本当に親身になってのアドバイスは 私だけのものではありません。感謝します。それに付け替え 菅さん 政治家 全国団体のかた達にも 理論 解説
根拠にも 職務上もですが 現実問題にもっと留意願いたいですよね。 局長さんは私達の「太陽」です。頼りがいあります。 菅さんの「一定のメド」とは 比較対象にはならないですが まず一歩前進 嬉しく思います。ありがとうございます感謝します。


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ