節電トライアルと再会シリーズ  

朝7時45分、
「こちらは東京都です。
食肉市場では、
昨年の最大電力の6. 5%削減を目標として
節電に取り組んでいます。
皆様のご協力をお願いします」

と館内放送が流れ、
節電対策トライアウトがスタート。

わが組合でも
蛍光灯を3分の1消し、
冷房は28度に設定し(つまり、作動せず)
ノートパソコンは電源を抜いて
内部電源で駆動、
温水器の電源を切り、
会議室、応接間、印刷室等の蛍光灯を消し
(元々使う時以外はつけていない)
と、マニュアル通りの対応。

10時10分になると、
また館内放送。
「東京都から10時現在の電力使用状況をお知らせします。
現在の電力は、使用できる電力の89%です」

と。
この後、11時10分には、「11時現在は92%です」
12時10分には「12時現在は88%です」
とアナウンスがあり、
最後に
「本日の最大電力は、使用できる電力の92%でした」
と報告がありました。

もし使用できる電力をオーバーしそうになると、
「このままでは、
使用できる電力を上回る恐れがありますので、
なお一層の節電対策をお願いします」

と流れると、資料に書いてありました。

この市場の昨年の最大電力は7860kw。
削減の目標は515kwで、昨年最大の6.5%に当たる。
また、制限に関して指定する電力の量、
つまり、東京電力との契約電力は7760kw。
使用出来る電力の限度は、その95%で、7372kw
その限度の92%とは、6782kw
う〜む、と、うなりました。

というのは、もし普通の15%削減だと限度が6596kwですから、完全にアウト
公共的な冷蔵庫があることから5%削減に認定されなければ、
オーバーしてしまう数字です。

4月当初は25%削減、と言われていましたが、
それは絶対無理。
その頃、業界から
「まず減頭ありきでは困る」
(ラインを止めて、と畜頭数を減らす話があったため)
という要望を突きつけられていた場長の
憔悴しきった姿が思い出されます。

トライアウト初日はなんとかクリアしましたが、
35度を越える猛暑が来たら、
どうなるのでしょうか。


さて、夕方からは、
銀座で、「再会シリーズ・20年編」のミュージシャンと会食。

こんなものや

クリックすると元のサイズで表示します

こんなものや

クリックすると元のサイズで表示します

こんなものを食べて、

クリックすると元のサイズで表示します

こんなことになりましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

20年ぶりのご無沙汰をこめての
事務局長のおフルマイです。

ニューヨークの音楽スタジオで仕事をしていた頃、
リハーサル後の汗だくのジェイムズ・レヴァインとすれ違ったりしたといいます。
時にはメトロポリタン歌劇場に出かけ、
最上階の立ち見席で
「ラ・ボエーム」や「トゥーランドット」を観たこともあるという、
ワクワクするような話に、時を忘れました。

再会以来、
このブログの読者になり、、
いろいろ刺激を感じてくれているようで、
そういう声を聞くと、
「よし、続けよう」という気持ちになります。


「再会シリーズ」、
次の「10年編」は来週です。




2011/7/6  17:37

投稿者:通りすがり

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110701-OYT1T00186.htm?from=popin

貴団体も東電から電気を買うのを止めたらいかがでしょうか

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ