ナイヤガラ  旅行関係

今日は休み。
いつまでためておいても仕方ないので、
ゴールデンウィークの旅行の写真を掲載します。

↓ブロードウェイのミュージカルの看板。

クリックすると元のサイズで表示します

今回は、その中で2本を鑑賞。
↓まず「メリー・ポピンズ」

クリックすると元のサイズで表示します

ロンドン初演は観ていますが、
ブロードウェイ版でどうなっているのかの興味で観劇。
あまり変化はなく、
メリー・ポピンズが観客の上を飛ぶところがグレードアップ。
ロンドン同様、あまり感心しない出来ばえでした。

↓始まったばかりの、アリスの後日談(?)「ワンダーランド」

クリックすると元のサイズで表示します

「ジキルとハイド」や「天国の涙」のワイルドホーンの新作。
大変楽しみましたが、
観客の求めているものより前衛すぎてか、
1カ月でクローズ
ニューヨークのショービジネスは厳しい。

↓の「スパイダーマン」は、良い席が取れていたのに、
キャンセルのメールが。

クリックすると元のサイズで表示します

実はまだトライアウト期間で、
手直しのために、休演に。
6月14日にようやく正式に始まりました。
えらく評判が悪いので、
早く行かないと終わってしまうかもしれません。

そして、オペラを2つ。
今回の目的、METの「ワルキューレ」

クリックすると元のサイズで表示します

そして、「イル・トロヴァトーレ」

クリックすると元のサイズで表示します

それぞれレポート済みですので、
↓をクリック。

ワルキューレ:http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20110612/archive

イル・トロヴァトーレ:http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20110528/archive

今回のホテル↓は、タイムズスクエア近くで、窓からの景色が

クリックすると元のサイズで表示します

夜になると、↓こんな風にライトアップされます。

クリックすると元のサイズで表示します

おかげで、女子マラソンのスタートに遭遇して、

クリックすると元のサイズで表示します

ニューヨーク名物の紙吹雪の残骸を見たり、

クリックすると元のサイズで表示します

ビンラディン殺害のニュースに接したりしました。

その日のことは、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20110507/archive


さすがにニューヨークも15回目となると、行くところがなくなり、
今回は少し遠出しました。

まず、↓。
遠く見える水煙は?

クリックすると元のサイズで表示します

↓ここです!

クリックすると元のサイズで表示します

事務局長の過去の訪問国のリストに「カナダ:3時間」というのがあり、
それが38年前のここ。
2回目の訪問です。

ニューヨークからは飛行機でバッファローまで行き、
バスで国境を越えます。
↓アメリカとカナダをつなぐ橋。

クリックすると元のサイズで表示します

↓アメリカとカナダの国旗の立つここが国境。

クリックすると元のサイズで表示します

当然パスポートを持参しないといけません。

左が「アメリカ滝」。右が「カナダ滝」。

クリックすると元のサイズで表示します

カナダ滝の方が迫力があるので、
わざわざ国境を越えるわけです。

クリックすると元のサイズで表示します

とにかくすさまじい水量に圧倒。

クリックすると元のサイズで表示します

↓高校教科書の地図にあった図。

クリックすると元のサイズで表示します

エリー湖とオンタリオ湖の水位の違いがはっきり分かります。

↓これは、プロが撮った写真。

クリックすると元のサイズで表示します

下の方に見える船は「霧の乙女号」といって、
レインコートを着て、滝壺近くまで行きます。
楽しみにしていたのですが、
エリー湖の氷が全て溶けたのが確認されるまでは、運行休止。
氷が落ちてきたら危険ですからね。
今年は例年より遅く、試運転中でした。
残念!

その代わりに準備されているのが、
ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズ。

↓こんなレインコートを着て、地下へ。

クリックすると元のサイズで表示します

↓滝の近くまで。

クリックすると元のサイズで表示します

更に行くと、滝の真後ろに。

クリックすると元のサイズで表示します

↓真っ白で、何も見えません。

クリックすると元のサイズで表示します

周辺にはいろいろなアトラクションが。

クリックすると元のサイズで表示します

アメリカ的な趣味の悪さがあふれています。

クリックすると元のサイズで表示します


もう一つ遠出した町は、
また今度。




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ