新聞編集終了  

『東京食肉新報』11月15日号の編集が終了
不思議なことに締め切り間際になると、
記事が「湧いて出て」、載せきれなくなる。
今回も、牛肉試食会の記事は写真1枚のみで、
「詳細は次号で」になった。
その他に新チラシのことも「ゆうせん電話」のことも、
CDプレゼントも、ことごとく次号へ。

試食会の事後処理であちこちに電話。
みんな「成功して良かったね」と言ってくれた。

包装紙の共同製作は1100包の応募があって、
計55万枚も作成。
組合の持ち出しは100万円。嬉しい悲鳴。
企画指導部の新プランはまたまたヒットです。

来訪者は業者MさんとS衆議院議員の秘書。
市場の会議が一つ。
今日のFAX通信は3枚の大作。
送信に5時間もかかった。

夕方から保険担当のO君と今後のやり方の検討。
O君は演劇青年で、
来年、イプセンの演出をすることになったそうだ。

気になっている方がいるといけないので書くと、
『24』シーズンUは見終わりました。
土曜日、朝の7時から始めて、午後2時まで。
全く退屈せず、随所で「げっ」と声を上げる意外な展開。
さあ、いつシーズンWにかかろうか。

13日の分のブログはアクセスがいつもより倍あった。
「お台場で焼肉試食会」という題名がよかったようだ。
役員の一人から 「うちの息子があなたのブログを読んで、
面白いと言っている」 と連絡が入った。
ちょっと嬉しい。
そういえば、フロリダのタンパで読んでくれている人が一人いるそうだ。





コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ