『ウエスト・サイド物語』試写会  映画関係

六本木ヒルズの奇妙なオブジェ。向こうに東京タワーが見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は、朝からここに来たのは、
「ウエスト・サイド物語」の試写会があるからです。

クリックすると元のサイズで表示します

前に紹介した『午前十時の映画祭』のオープニングイベントです。
大変な競争率だったそうですが、
運良く当たりました

クリックすると元のサイズで表示します

会場はTOHOシネマズ六本木ヒルズ。

クリックすると元のサイズで表示します

席はコンピューターが指定。自分では選べません。

クリックすると元のサイズで表示します

事務局長の席はC-14。前から3列目の真ん中。

実は、今日は特別ゲストが来日。
ベルナルドを演じてアカデミー賞助演男優賞を獲得した
ジョージ・チャキリス
その名前がイイ男の代名詞になる、ということがありますが、
たとえば、ジェラール・フィリップやアラン・ドロン。
トム・クルーズやブラッド・ピット。
1960年代のある時期、
まぎれもなく、ジョージ・チャキリスはイイ男の代名詞でした。

このイベントのためにわざわざ来日。
日本が大好きで、日本映画や舞台にも出演しています。
佐久間良子が主演した「白蝶記」の
東京宝塚劇場1ヶ月公演で見たことがあります。
「蝶々夫人」みたいな話でした。

年齢は75歳。
しゃべり方、立ち居振る舞いには歳を感じましたが、
体型は当時と同じにスリム。
髪もふさふさの若々しさ。

この日は特別ゲストに松坂慶子が来て、
花束を渡していました。

3列目のため、
ゲストとの対面は
5メートルの近さでしたが、
映画が始まると、
あまりに近すぎて、
そびえるようなスクリーンを見上げる形になります。
しかし、この映画祭のためのニュープリントで、
楽しむことが出来ました。
「マリア」「トゥナイト」「アイ・フィール・プリティ」「クール」と、
次々と出て来る名曲の数々。
素晴らしいダンス。
陶酔の時間でした。

事務局長が全ての映画の中から10本選ぶとすれば、
必ず入る青春の一本です。
大学受験が終わった日に
観に行ったのも、この映画でした。
事務局長のミュージカル好きの原点とも言えるものです。

その頃はまだ海外旅行が自由化になっておらず、
ブロードウェイに行くなど、夢でした。
まさか気軽に、
行くことが出来るなど想像もつきませんでした。

昨年の
ニューヨークでの
「ウエスト・サイド物語」観劇記
、興味ある方は、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20090913/archive

この映画は、
当時、丸の内ピカデリーで2年近いロングラン。
(1961年12月23日から63年5月17日まで509日上映)
沢山の劇場で一挙に公開する今とは違い、
東京では1館のみでの上映。
昔のロードショーというのは、そういうものでした。

公開時の衝撃はものすごく、
テレビの音楽番組のダンスの振付が一変。
レナード・バーンスタインの音楽、
スティーブン・ソンドハイムの歌詞、
ジェローム・ロビンスの振付、監督
ロバート・ワイズの監督
という、
天才たちが一点に収束した奇跡の作品でした。
アカデミー賞では、10部門で受賞

来日公演の舞台も劇団四季も
宝塚もニューヨークの舞台も観ましたが、
映画は舞台よりすぐれています

中学から高校、大学と観続け、
数年前には銀座のル・テアトルでの上映には
カミさんと娘を連れて行き、
今度はニュープリントでの上映。
もちろんレーザーディスクもDVDも持っていますが、
久しぶりの大画面で観る機会。
沢山の人に観てもらいたいものです。

なお、「午前十時の映画祭」は、
来週2月6日から1年間開催。

クリックすると元のサイズで表示します

お近くの上映館を知るには、↓をクリック。

http://asa10.eiga.com/theater/

劇場ごとにスケジュールが違い、
各劇場の名前をクリックすると、
日程が出ます。

東京のTOHOシネマズ六本木ヒルズのスケジュールは、↓をクリック。

http://asa10.eiga.com/theater/08.html

最初の作品は「ショーシャンクの空に」
これも事務局長の歴代10本に入る作品です。




2010/2/1  22:29

投稿者:チョウ

こんにちは。公演情報をご提供いたします。
米国神韻芸術団は2010年3月に4度目来日公演、詳細はホームページをご参考ください。http://www.ticket-online.jp/home/
2010年日本公演スケジュールはこちら:http://www.ticket-online.jp/home/index.php?main_page=page&id=3
有名人から2009年日本公演への評価:
http://www.epochtimes.jp/jp/spcl_shenyun_1.html
作詞家・東海林良氏(日本音楽著作権協会会員)の絶賛
世界的チェロ奏者で作曲家でもある平井丈一朗氏の称賛
演技派俳優・村田雄浩氏の評価
日本映画ビジュアルエフェクト(VFX)クリエーターの第一人者・柳川瀬雅英氏の評価
人間国宝の善竹十郎氏の評価
デヴィ夫人の評価
等など

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ