新聞終了と新会場と映画2本  

午後でかける用事がありましたが、
それまでに新聞編集は完了
発送名簿の整理も終了。
とっくに組合員でなくなっているのに、
何年もの間機関紙が送られ続けていた人が相当数いました。
長い人では、昭和の時代から。
これから毎年12月にはチェックをかけるようにします。

夕方から都内某ホテルへ。
来年の新年賀詞懇親会の会場となる予定のところを下見。
今までのホテルパシフィックの萬葉の間が1000uのところ、
今度の会場は550u。
狭く感じるのではないかと心配していたのですが、
決してそんなことはなく、
今までが超ゆったり使っていただけのようです。

まだ総務部会、常務会にもかけていないので、
ホテルの名前はここには書けませんが、
部屋の写真は↓このとおり。

クリックすると元のサイズで表示します

色調も上品で立派な会場です。
お楽しみに。


実は、はっと、とんでもないことに気付いてしまいました。
今年になって、
まだ映画を1本も観ていない。


三が日日本にいなかったことと、
正月映画は既に12月中に観てしまっていたからです。
昔は正月映画と言えば、
12月下旬に公開するものでしたが、
今は11月頃からのロングランとなるので、
正月休みには、もう観るものがない、
という状況が出来上がってしまうのです。

で、新聞編集も終わったことだし、と観た映画が、↓これ。

クリックすると元のサイズで表示します

1949年のパリ。
大使館勤めの夫に付いてきたアメリカ女性のジュリアが
フランス料理に出会い、
名門ル・コルドン・ブルーで料理を学ぶ。
長年の間、書きためたレシピを、
苦労の末、本にしたら、ベストセラー。
テレビの料理番組にも出演して、人気者に。
ジュリアの本は、大変な影響を与える。

さて、その50年後のニューヨーク。
公務員で29歳のジュリーは、
作家になる夢も破れ、
ニューヨークの下町のぼろ家に住み、
市民の苦情を処理する係で鬱々と過ごしていた。
人生を変えたいと焦るジュリーは、
尊敬するジュリアの料理本の524のレシピに
365日かけて毎日挑戦し、
それをブログに掲載し始める。

という二つの話を
50年を隔てて並行して描く。
この手法がなかなかいい。
ジュリアにはジュリアの苦しみがあり、
ジュリーにはジュリーの悩みがあり、
その二つを同時に描くことで
重層的に人間の営みが見えて来る。

この二人は共に実在の人物で、
二人の書いたそれぞれの本が原作。
つまり、原作が2つあるというのも面白い。

ジュリアを演ずるメリル・ストリープは、
185センチメートルの長身の役。
以前、エレベーターで偶然一緒になった経験があり、
小柄な人だと知っていたので、
これも映像のマジックらしい。

夫役のハゲのスタンリー・トゥッチは、
ますます味が出て来た。

余談だが、子供の詩で、
「お父さんが大好き。
お父さんみたいにハゲたいなあ」

というのがあるそうです。
泣かせるね。

ジュリーを演ずるエイミー・アダムスは、
歳なのに、可愛いね。

二人とも「食べるのが大好き」なのを
明るく演じている。
食べるものを好きな人は、人生を豊かにするね。

50年の歳月を間に置く二人が
レシピを挟んで、どう出会うか。
これもなかなか人生の苦さを感じさせていい。

監督は「めぐり逢えたら」のノーラ・エフロン

暖かく、優しく、とても素敵な時間を過ごさせてくれる映画。

5段階評価の「4」

もう一本は、今日観たわけではありませんが、↓。

クリックすると元のサイズで表示します

韓国の片田舎で、めったに起きない殺人事件が起こる。
その犯人とされたのが、
ちょっと頭が弱く、記憶に問題のある青年トジュン。
現場にトジュンの持ち物が遺留品としてあり、
よく覚えていないので、犯人にされてしまう。
トジュンを女手一つで育て上げてきた母は、
トジュンの無実を信じ、
容疑を晴らすために、一人で真犯人を追っていく・・。

まさに良質のミステリーを読むような手応えを感じる。
面白いだけでなく、
現代の風俗や病根などが、その向こうから見えて来る。
何より母を演ずるキム・ヘジャの演技が
すさまじい存在感で迫って来る。
母親にすっかり同化して
怪しい人物を追っていた観客は、
最後のくだりで、
無償の愛にこたえられない人間の業に行き当たってしまう。
この部分は目を見張る出来だ。

監督は「殺人の記憶」のポン・ジュノ
ドラマをしっかり構築し、
人間をじっくり描き、
ストーリーテリングが巧みで、
最後は観客に衝撃を与える本作は、
最近不振に見えた韓国映画の底力を感じさせる。

5段階評価の「4.5」
0.5の減点は、トジュンを演ずるウォンビン
知的なものがかいま見られ、
今一つこの役になりきれていないから。
でも難役に挑戦した志は買いたい。

ところで、
「キネマ旬報」のベストテンが発表された。

日本映画は、

1.ディア・ドクター
2.ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜
3.劔岳 点の記

4.愛のむきだし
5.沈まぬ太陽
6.空気人形
7.ウルトラミラクルラブストーリー
8.サマーウォーズ
9.誰も守ってくれない

10.風が強く吹いている

外国映画は、

1.グラン・トリノ
2.母なる証明
3.チェンジリング
4.チェイサー
5.レスラー
6.愛を読むひと

7.アンナと過ごした4日間
8.戦場でワルツを
9.スラムドッグ$ミリオネア
10.イングロリアス・バスターズ


(赤字は、事務局長が観たもの)




2010/1/25  18:23

投稿者:出会いを無料で見つけてみたい

素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。
これからも更新頑張ってください。


http://yaplog.jp/deaizero/

2010/1/15  11:11

投稿者:nama ハゲ

コロッケ一個の商いを するものとして 超一流ホテルでの 新年賀詞懇親会は すごく楽しみですが  不況 業界縮小ぎみ 政権交代 仕分け作業等の
 いま 
はたして  全国大会規模のようなのがと  
私は あまり発言出来るような立場では ございませんが うまくも 提案も出来ませんが この際 局長の 特上のアイデアを出して頂き 違った 指向で 考えられたならばと 思うのは 私だけのようなのでしょうかと

2010/1/15  10:25

投稿者:麹町きゅーぴー

局長、今日も素敵な映画のご紹介ありがとう御座います。食べ物に弱い私は、映画まで料理に関係するストーリーが好きなんです。ジュリー&ジュリア見に行きます。料理で時代や国を超えて、人と人がコミュニケーションを持てると思っているのです!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ