総裁候補・谷垣禎一  

今日は朝7時30分、永田町のキャピトル東急ホテルで、
小野清子参議院議員の朝食勉強会
朝早すぎるので、近藤理事長はパス。
代わりに事務局長が出席したわけです。
小野議員は食肉組合の顧問。
このような勉強会は年に3〜4回開催され、事務局長も時々出席しています。

今日のゲストスピーカーは谷垣禎一(たにがき さだかず)財務大臣。
ご存じ、ポスト小泉の総裁候補とされている人の一人です。
事務局長の大学の3年先輩にあたるので、親しみを感じつつ拝聴しました。
内容は、小泉改革の内容 〜 財政の建て直し 〜 これからの社会

結果は全くの期待外れ。
総花的で、どこかで読んだような、
どこかで聞いたような話のオンパレード。
様々な問題点をあげるのはいいけれど、
では、自分がどうしたい、がなかなか出て来ない。
こういうことを考える必要がある、
議論する必要、というばかりで、
一歩進まない。
ちゃんと自分が「こうする」「ああする」と言えばいいのに、
たた並べ立てるだけ。
一つのことを言うにも、
分かりやすく、簡潔に言う能力がない。

同じ勉強会でも塩川正十郎さんの時には、
小泉改革とははそこまで考えているのか、と
感心させられ、
ほ〜う、そうなのか、と驚くことが沢山あった。
だが、谷垣さんの話は、ほ〜う、が一つもない。
トリビア的にいえば、「ゼロへぇ」。

あまりにも平凡で、
こんな人が総裁候補とは。
顔も全然修羅場をくぐっていないぼっちゃん顔で、
とても何かをなす人には見えない。

事務局長はこの人に会うのも話を聞くのも初めてだが、
ものすごくがっかりして、
お口直しに日枝神社の桜を見て帰って来ました。

ここのところ、決算で映画も観れずエアロビクスもできない事務局長。
今夜は帰りにさそわれるように、上野のお山に
毎年この時期、一度は訪れます。
桜は咲いていましたが、寒くて、寒くて
それでも、
「今日を花見と決めて招集をかけてしまった」気の毒な人たちが
飲んだり食ったりしていました。
事務局長はいつものコースで
しのばずの池の弁天島へ行き、
屋台で中国風お好み焼きみたいのを食べて帰って来ました。

花見は土曜日に再挑戦です。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ