温泉と旅行記  旅行関係

昨夜は外泊
娘が会社の同僚を招待したので、
おっさんがいては気を使うだろうと、
浦安にある二つの温泉のうちの一つ、
「湯巡り万華郷」(万華鏡ではない)に宿泊。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは東京湾の地下1400メートルから汲み上げる本当の温泉。
四季の湯、漢方薬湯、ジャグジーなど種類も豊富。

↓はパンフレットからのサービスショット。

クリックすると元のサイズで表示します

↓事務局長が大好きな露天風呂も
ゲルマニウム風呂、コラーゲン湯、海香温泉など豊富。

クリックすると元のサイズで表示します

珍しいのは混浴風呂があることで、(ただし、水着着用)

クリックすると元のサイズで表示します

混浴スペースはカメラ持ち込み可だと初めて知りました。
(ただし、他人を撮るのはNG)

全体が大正時代の雰囲気。
系列が同じらしく、
お台場の「大江戸温泉物語」と似ています
レストランも和食・中華・焼肉とそろっており、
カラオケルームや宴会場もあり、
リラックスルームで宿泊も可能。
個室にも泊まれます。

午前11時から翌日午前9時まで営業。
料金は平日1800円。
土日祝は2300円。(夕6時以降入場は1800円)
夜中の2時を過ぎて滞在していると、1680円の加算。
ネットで300円引きのクーポンあり。
誕生日の方は無料。(知らなかった)

三度目の事務局長は、
全ての種類の温泉に入り、混浴し、
アカスリとマッサージをして、ゆっくり過ごしました。
アカスリは韓国人の女の人だったので、
黒いパンツをはかされます。
Tバックの下着をつけたのは初めて。

[ネパール便り・その3]

通りの向こうに現れたダルバール広場

クリックすると元のサイズで表示します

ダルバールというのは、ネパール語で「宮廷」のこと。
王国時代に、王宮前の広場として、国の中心でした。
王宮だけでなく、様々な寺院の複合体です。

クリックすると元のサイズで表示します

ここに外国人が入るには、
↓のようなところで、入場料を払わねばなりません。

クリックすると元のサイズで表示します

文化財保護のため。200ルピー(400円弱) ほど。
ネパール人は普通に通っています。
別に門があったり、縄が張ってあるわけではありませんから、
素知らぬ顔で入るのは可能。

独特な色合い、他に類のない多重の塔。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

↓シヴァ・パールヴァティー寺院の窓からは、
シヴァ神とパールヴァティー妃のカップルが民衆を見下ろしています。
シヴァ神は宇宙破壊神。

クリックすると元のサイズで表示します

ハトが沢山いて、

クリックすると元のサイズで表示します

その中に牛がのどかに暮らしています。

クリックすると元のサイズで表示します

↓シヴァ神の化身の一つ、恐怖の王・カーラ・バイラブ。

クリックすると元のサイズで表示します

刀を振りあげ、生首をぶら下げています。

↓ガルーダ像。

クリックすると元のサイズで表示します

宇宙維持神ヴィシュヌ神の乗り物の神。
インドネシアの国営航空は「ガルーダ航空」と申します。

クリックすると元のサイズで表示します

↓シヴァ寺院。

クリックすると元のサイズで表示します

この階段を

クリックすると元のサイズで表示します

登っていくと、

クリックすると元のサイズで表示します

↓広場を上から見下ろせます。

クリックすると元のサイズで表示します

けっこう、この眺めは好きで、しばらくそうしていましたが、
必ず怪しげな日本語の人が話しかけて来ます。

↓は、旧王宮。これだけ西欧風。

クリックすると元のサイズで表示します

↓クマリの館。

クリックすると元のサイズで表示します

クマリというのは、生き神の少女↓のこと。

クリックすると元のサイズで表示します

特別なカーストの中から
ケガや病気の跡のない、
美しく利発な少女が選ばれ、
両親から引き離されて、
僧侶や付き添いの老女から
神としての振る舞い方を教えこまれます。
祭では町を巡って邪気を払い、
日頃はここクマリの館で病気治療や願望成就の祈祷を行います。

実は、他の町にもクマリはいるのですが、
ここのクマリが特別なのは、
国や国王の運命を予言するから。
祭の時は、国王が訪れて、ひざまづきます。

初潮と共に引退し、次の少女にその位を譲るのですが、
退任したクマリは必ずしも幸福な人生を送らないようです。
また、退任したクマリと結婚した男は早死にするという噂もあります。

何だか作家の想像力を刺激する話です。
最近は近代教育も行われ、
昼間は学校に通っているそうです。

↓この窓から顔を出すこともあるとか。

クリックすると元のサイズで表示します

門にあった木彫りの彫刻に↓骸骨が刻まれているのも、何やら・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、朝の町をうろくつのも事務局長のいつもの旅行のコース。

クリックすると元のサイズで表示します

この町では、リキシャーが人を運びます。

クリックすると元のサイズで表示します

↓こんな簡単な構造。

クリックすると元のサイズで表示します

↓タクシーは大きく「SUZUKI」と。インドの合弁会社です。

クリックすると元のサイズで表示します

町の中には、いたるところに、
↓こうした神をまつる祠のようなものがあります。
日本でも昔はあらゆるところにありました。

クリックすると元のサイズで表示します

その脇には、お供えの花を売る人がいます。

クリックすると元のサイズで表示します

かつてネパールは、「神々の方が人間より多い国」と言われました。

クリックすると元のサイズで表示します

宗教の祭は年間50回ほど、つまり毎週あります。
今回、ネパールの旅を選んだのは、
そういう宗教に支配された人々の生活を見たい点がありました。

前の日、↓このように売り物を広げていたお店。

クリックすると元のサイズで表示します

毎日片づけて、翌日、また↓このように並べます。

クリックすると元のサイズで表示します

大変ですね、これは。

クリックすると元のサイズで表示します

これで一つも売れなかったら、

クリックすると元のサイズで表示します

どんな気持ちになるんでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

ネパールの人は日本が大好きで、
中国人、韓国人の区別なく、日本語で話しかけて来ます。
↓日本料理も人気。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

↓朝の定食屋さん。

クリックすると元のサイズで表示します

家は基本的にレンガで建てます。

クリックすると元のサイズで表示します

ネパールの国旗は、世界に類を見ない形。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ネパールでは特別な年号の数え方があるようです。

クリックすると元のサイズで表示します

掃除をする感心な人も。でも、自分の店の前だけです。

クリックすると元のサイズで表示します

↓変わった形の郵便ポスト。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ネパールにも新聞配達があります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今日は、これまで。
いよいよポカラに出発。





2009/6/1  6:19

投稿者:野いちご

旅に出掛けた気分で感激していてます。過去の楢山節講のような風習が現存していますのでしょうか?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ