インフルエンザの呼称変更  

新型インフルエンザが起こって以来、
このブログのアクセス数が急増しました。
普段の6〜7割増し。
何か書いてあるのではないか、
と興味を持って下さるのは、ありがたいことです。

豚肉は安全、という
食品安全委員会の委員長見解が出たので、
それを支部長に送り、
一方、テレビ局と新聞社に要望書を送りました。
「豚インフルエンザ」という名称を使わないでくれ
という内容。
豚由来とはいえ、
既に人から人にうつる人間の病気になっており、
「豚インフルエンザ」では、
誤った認識を与える。
そう呼ぶ限り、
無用な不安心理と風評被害を呼ぶ。
という理由を明解に書きました。

今朝の舛添要一厚生労働大臣の記者会見も
「新型インフルエンザ」と呼んでおり、
正式に新型と認定したのだから、
それに統一してほしい
とも要請しておきました。

「狂牛病」の時も同様の要請をマスコミに対してしましたが、
「BSE」になるまでに8〜9ヶ月かかりました。
マスコミというのは、
正義の味方のふりをするくせに、
いざ自分の過ちになると、なかなか改善しようとしませんからね。

ただ、黙っていれば、それでいいことになってしまうので、
組合として言うべきことは言おう、
ということでした。

そしたら、夜の「報道ステーション」では
豚のブの字も使わず、
「新型インフルエンザ」に統一されていました。
ネットを見ると、
「豚インフルエンザ」と「新型インフルエンザ」が混在。
中には、「新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)」という表記もあります。
そういえば、
6年前も、改めた後、新聞社は、
「BSE(牛海綿状脳症=狂牛病)」という表記を
ずっと使っていましたっけ。

マスコミもBSEの時に
過剰に反応したことを反省しているようで、
今回は豚肉の売り上げにもそれほど影響がなく、
ほっとしました。

食肉市場のネズミ駆除対策、などという会議にも出て、
(この1年で90匹もネズミが捕獲されていたなんて、
知りませんでした。)
あわただしく、夕方、
中央ブロックの総会へ取材に。
場所は新橋の新橋亭(しんきょうてい)。

クリックすると元のサイズで表示します

滞りなく進み、
途中2度ほど事務局長も説明をさせていただきました。

その後は懇親会。
やがてカラオケに突入したので、
中途で失礼いたしました。

今日は関東10県の会議も行われており、
出席した島田理事長の話によると、
来年の全国大会(6月)は千葉県に、
関東の大会(10月)は東京に
開催の要請
があったそうです。
関東の大会については、
既にいろいろな案を考えていましたが、
その前に千葉県がやることにより、
ディズニーランドがらみのプランは消え失せました。
残念。

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

これはかなり面白い
借金取り立て屋のヤクザたちに一泡吹かせる詐欺師の話。
これ以上詳しく書くと、
読む予定の方の邪魔になるので書かないが、
とにかく楽しめる。
先の直木賞候補。(落選)
是非映画にしてもらいたいもので、
心地よいゲームを楽しむ時間を観客に与えてくれるだろう。


さて、事務局長は明日からゴールデンウィークの休みに入ります。
30日と5月1日の2日間休暇をいただいて、
西の方を目指します。
気楽な一人旅で、
まったく違う文化に触れて来ます。
報告は1週間後に。





2009/5/1  7:51

投稿者:プー太郎

褐帝褐帝 波羅褐帝  今回はマハラジャへですか? 紀行楽しみです

2009/4/29  8:53

投稿者:イタコ

立派な事務局長の初期努力により今のところはメディア風評被害は極少 感謝 牛肉(狂牛病)は初期手遅れか  未だ年長者にネーミングで 食しない方も

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ