持病と食肉産業展  

本日は、前年度事業のファイルなど、
「非生産的」な仕事に従事。
こういう「あまり忙しくない」状況に至ると、
事務局長の「持病」が再発します。

どういう持病かというと、
「こういう生き方でいいのか」
という、
少々青臭い、
しかし、本当は全ての人がかかるべき病気。

最初に感染したのが、
小学校5年生の春、
バスにぶつかって、
生涯唯一の入院をし、
後頭部に受けた傷が原因で
早死にすることもあり得るという
医者の恐ろしい宣告に、
初めて自分の死を意識した時。

さいわい早死にはしませんでしたが、
小学生に対してはやや無神経な医者の言葉でした。

大きく発症したのが、
高校2年の秋、修学旅行の時。
今は新幹線ですが、
当時は「修学旅行列車」という専用電車に乗って関西に行ったもので、
その帰りの夜行列車の中で
旅情と旅の終わりの寂しさに、
突如人生の虚しさを感じてしまう。
(なにしろ、思春期でしたからね)

その2年後、
大学1年の終わりに
あるものに触れて、
彷徨の旅が始まるわけですが、
この時期のことは、
他人には理解不能なので、
現在では言わないことにしている、「空白期」です。

やがて30を過ぎ、人の親になってみれば、
そういつまでも思春期の名残を引きずったままにいるわけにもいかず、
生まれて初めてまともな職業に就き、
(つまり、組合に入り)
それから四半世紀、
結構忙しく、楽しくすごして来ましたが、
どんな性格診断をやってみても
「組織に向かない人」と言われる人間が
25年もやって来れたことが不思議。
東京食肉組合はよほどふところが深いに違いありません。

その間も時々病気は出そうになりましたが、何とか抑え、
でも今みたいな決算期の狭間の頃には、やはり発症します。

昔は先に残された「時間」が症状を抑えてくれましたが、
今は逆に「時間」が症状を進めます。
つまり、「先が見えて来た」わけで、
せいぜい10年、長くて20年の、
しかも若い頃とは違って、
おそろしく早く過ぎ去るようになった
「死刑執行」までの時間の少なさに、おののいております。

おそらく、3年後に控えた定年で、
「縛られない時間」の中に放り出された時、
何か劇的な変化がありそうで、おそろしい。
数年後に
アフリカの未開の村や戦火の地で
ボランティアの日本人老人の
死体が発見された、
などというニュースが
新聞の片隅に載ったりするかもしれません。

などとくどくどと書いているのが、
やはり持病が出たことで、
困ったもんです。

会議に見えた島田理事長と来週の打ち合わせをした後、
お台場へ。
毎年この時期に東京ビッグサイトで開催される
「食肉産業展」を見るためです。

クリックすると元のサイズで表示します

写真はいろいろ撮りましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

毎年かわりばえのしない

クリックすると元のサイズで表示します

よく似た写真ですので、

クリックすると元のサイズで表示します

掲載は最小限に。

クリックすると元のサイズで表示します

↓は消費総合センターのブース。

クリックすると元のサイズで表示します

↓全肉連さんは、今年はソーセージ製造の実演はなし。

クリックすると元のサイズで表示します

牛肉の試食とカレーの販売。
ここに「東京カレー」が並んだら面白かったでしょうに。

SIGインターナショナルには、わが組合の「黒豚ロースハム」が展示。↓

クリックすると元のサイズで表示します

主催者から「来年は出展しませんか」と誘われましたが、はて。





2009/4/23  7:34

投稿者:毘沙門天

よく理解できるほど 私も同世代で 同じ持病を持っています。戦時の薩摩知覧の若き獅子のことを 思えば 獅子の分まで 何か出来ないかと思う今日この頃です。競走馬のようにお迎えまで このままで いいのかと。美しい地球の為に ちっぽけな自分が 人間として

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ