映画『ジョナサン─ふたつの顔の男─』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

多重人格モノは、私の好物の一つ。
この作品、二重人格作品の新機軸
どう新しいかというと、
予告編でバラされているから、書くが、
一人の肉体の中に二人の人格がいて、
12時間ごとに入れ代わるというのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

もう少し詳しく書くと、
真面目な青年、ジョナサンの中にはジョンという、
もう一人の人格が隠れていた。
ジョナサンは、毎朝7時に起床、
ランニングをして、仕事に向かう。
そして一人で食事を取り、
帰宅して、毎夜7時までには就寝する。
すると、7時を境にして、
もう一人の人格、ジョンが現れ、
夜の時間を過ごす。
そして、朝7時になると、またジョナサンが現れる。
(寝る時間が少ないから、体の方は疲れるようだ)

どうしてそんな仕組みが出来たかというと、
脳科学者のナリマン博士により、
脳内にタイマーを埋め込まれ、
ジョナサンとジョンは
12時間で入れ替わるように正確にセットされていたのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

ただ、記憶は共有できないので、
その日あったことをビデオメッセージとして残し、
他方がそれを見て、行動に反映させる。
たとえば、アパートの廊下で老婦人を助けたので、
礼を言われると思うから、ちゃんと対応してほしい、
などと、些細で取るに足らないようなことまでも逐一報告し、
共有するようにしていた。
内向的なジョナサンと正反対のジョンだったが、
二人の間には、嘘をつかないこと、
彼女は作らないこと、
などというルールが存在していた。

しかし、ジョナサンが
夜のジョンの行動に不審を感じ、
探偵のロスに頼んで、
ジョンの行状を確かめたことから、
ジョンがエレナという女性と密かに交際にしていることが発覚し、
昼間偶然に会ったエレナによってキスまでされたことで、
ジョナサンとジョンの間のふたりの歯車が狂い始める・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな二重人格モノは初めて。
大いに期待できる。

しかし、物語が進むにつれて、
期待通りの作品ではないことが露呈してしまう。

致命傷なのは、
ジョナサンとジョンの二つの人格の連携がちゃんと描かれていないこと。
主にジョナサンの方からの描写で、
ジョンはビデオメッセージの中でしか登場しない。
ここは、ジョナサンの一日(半日)をしっかり描き、
ジョンと入れ代わる瞬間も捉え、
服装の趣味が違うらしく、
着替えて出掛け、
ジョンの夜の行動の一日(半日)を描写した上で、
ジョナサンに戻る瞬間を描く、
という推移をちゃんとしてもらいたいところ。
シナリオ設計上の重大な欠陥だ。

更に、二つの人格と一人の恋人を配したのだから、
ジョナサンとジョンの間でエレナを巡る嫉妬と争奪戦
なったら、さぞ面白かっただろうと思われる。
それこそ、映画史上初の展開だ。

ジョナサンはエレナと関係を持つが、
これが初体験だという。
ジョナサンが童貞だったのに対して、
ジョンは経験済み。
同じ肉体なのに、
人格が別な時には、
童貞と経験者に分かれるなど、面白い。

映画はどんどんわけが分からなくなり、
最後のくだりなど、ほとんど迷走

ジョナサンを演ずるのは、
「ベイビー・ドライバー」で大ブレイクしたアンセル・エルゴート

クリックすると元のサイズで表示します

エレナはスーキー・ウォーターハウス

監督は長編映画デビューのビル・オリバー

せっかくの良質な食材
料理人の才能不足で、
あまりうまくない普通の食事にしてしまった。
残念。

5段階評価の「3」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/MSECfIEsMwQ

シネマカリテ新宿で上映中。



タグ: 映画

半島を巡って  政治関係

元徴用工問題を巡り、
韓国外務省は19日、
ある提案をしてきた。
それは、被告の日本企業を含む
日韓両国の企業が出資する財団を創設し、
その財源から、原告に慰謝料を払うというもの。
この「和解案」を日本政府が受け入れるならば、
日韓請求権協定に基づく2国間協議に応じる用意がある、と。

日韓関係筋によると、
趙世暎(チョ・セヨン)外務第1 次官が16、17日に訪日し、
「和解案」を伝えたが、日本側はこれを拒否。

そもそも2国間協議は、協定に基づく正式な要請。
前提条件なしに、解決策を話し合うためのもの。
それなのに、先に「和解案」を示し、
これを受け入れるなら協議に応じる、というのだから、
順序が全く逆だ。

韓国外務省当局者は韓国記者団に
「韓国政府が民事訴訟に直接関与するのが難しい中、
(賠償の)強制執行より望ましい」
と説明。
韓国側の先延ばし方針が、
韓国メディアのみならず
原告や被害者団体も批判を始めたことを考慮した模様で、
近く被告企業の韓国財産差し押さえが現金化まで進む中、
和解案は、当事者間で解決する形を作って
強制執行を回避しようとしたものと思われる。
つまり、更なる先延ばし戦術だ。
そして、「負担は1人あたり500万円くらい。
受け入れやすい案だ」
などと能天気なことを言っている。

日本側外務省関係者は
「企業がお金を出しても、
国際法違反の判決がどうなるのかが示されていない」
と指摘。
「日本が何を問題視しているか、
理解できていないのではないか」
という声も出ている。
菅官房長官は
「韓国の国際法違反の状態を是正することにならず、
この問題の解決策にはならないと考えている。
韓国の要求提案は全く受け入れられない」
と拒否。
日本の主張は、1965年の日韓請求権協定
「完全かつ最終的に解決された」事柄であり、
その時、日本が支払った賠償金で
韓国政府が支払えばいい、というもの。
それなのに、
日本と韓国の企業に金を出させて支払わせるというのだから、
問題をすり替えている。

日本側としては条約で決まったものをまたやるということは、
条約の有効性そのものがなくなってしまうのではないか、
国際関係が無茶苦茶になってしまうではないか、というもの。
二つの国が結んだ条約を
相手国の裁判所が無効だと言ったら、
ひっくり返してしまうのでは、
国際的信頼は成り立たない。

韓国政府は三権分立で「司法の独立」を言い訳にしているが、
国内法より国際法が優先することは世界の常識だ。
韓国政府が立法措置などによって判決を無効化すれば済む話だ。
それに、新たに設立する「財団」など、
慰安婦問題の「財団」解散の前科がある韓国政府を
信頼せよというのが無理である。

既に日本政府は協定に基づく「仲裁委員会」設置を求め、
設置のための必要な委員を任命するよう
韓国側に求めたが、
韓国は期限までに回答しなかった。
このまま回答を避け続けるなら、
日本政府は国際司法裁判所への付託を検討している。
その付託にも応じないならば、
韓国政府は応じない理由を明確にしなければならない。

日本政府は21日、
差し押さえられた日本企業の資産(約1億6千万円)が売却された場合、
対抗措置とは別に
韓国政府に賠償を求める方針を固めた。
それは、「国際法違反を是正しなかった韓国の国家責任」を問い、
企業の損害額に応じて国家間で賠償を求めるもの。
その根拠は国連で、
国際法違反行為に関する国家の損害賠償義務は、
2001年に国連国際法委員会が採択した
国家責任条文で明文化されている。
しかし、それにも韓国政府は応じないだろう。
「国民感情」に反するからだ。

そして、元徴用工を称する人たちの裁判はさらに増えていく。
今頃、文大統領は、こんな判決を出したこと、
最高裁のトップにそんな判決を出す人物を
任命したことを悔いているだろう。


半島がらみで、もう一つ。

安陪総理は、北朝鮮の金正恩と会談すると言っている。
しかも「前提条件なしに」。
拉致問題が明らかになってから、
20年以上たち、
家族会のメンバーも高齢になっていることから、
何とか打開策を、
そのためにはとにかく首脳会談、
というのは分からなくもないが、
今会って、何の成果を得ようというのだろう。

当然日本は拉致被害者の返還を求める。
すると、相手は当然、その見返りを求める。
今、北朝鮮は本当に行き詰まっており、
平壤の富裕層にさえ、
配給が行き届かないほどだという。
北朝鮮は
とにかく食糧援助と経済援助を求めるだろう。
しかも、巨額の。
しかし、国連の経済制裁決議がある以上、
それを日本が破るわけにはいかない。
そうい状況なのに、
一体何を先方に提示するというのか。

ここは「対話」など求めず、
従来の制裁を強化し、
北朝鮮の人民が、
「これではやっていけない」と蜂起するのを待つしかない。
なにしろ、相手は駄々っ子みたいな人物だ。
そのやり方は核とミサイルで恫喝する
暴力団みたいな組織だ。

それにつけても、金正恩の頭の悪さが思いやられる。
前にも書いたが、
今が北朝鮮の最高の売り時なのだ。
核とミサイルを放棄すれば、
立場上、アメリカは北を援助せざるを得ないではないか。
様々な企業が資本と技術をつぎ込み、
北朝鮮は発展する。
日本に拉致家族を返して、
国交が回復すれば、
日本から莫大な経済援助を引き出すことができる。
金正恩の決意一つで、
国民を豊かにさせることができる。
なのに、核に固執し、
金を核開発につぎ込み、
国民を飢えさせている。
世界が見えていないとしか思えない。

今の高値売り抜けができなければ、
あとは凋落が待っているのが
なぜ分からないのだろう。

中国もアメリカとの関係で
北朝鮮を道具にしようとしたりせず、
世界の問題として考え、対処すべきだろう。
北朝鮮の生命線は中国が握っており、
石油の供給を完全に閉ざしたら、
あの国は一週間と持たないのだから。
中国は大国らしさを発揮して、
世界平和に貢献してもらいたい。


小説『いも殿さま』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

徳川吉宗の時代。
幕府勘定方に勤める旗本、井戸平左衛門は60歳。
そろそろ引退と考え、隠居生活を楽しみにしていた。
というのは、平左衛門は甘いものが大好きで、
隠居後は、諸国を巡って、
各地方の甘味を味わい尽くそうと考えていたのだ。

しかし、隠居届けを出そうとしたその日、
奉行の大岡忠相から異動を命じられてしまった。
石見銀山に代官として赴任してほしいというのだ。
聞けば、前代官に不正があり、飢饉もひどいから、
代官所を根本から建て直したいという。
辞退したかった平左衛門だが、
将軍が食するという〈嘉祥菓子〉を褒美にちらつかされて、
承諾してしまう。

お供は用人の尾見藤十郎
腕は立つが、少々頼りない男だ。

江戸から42日間の旅をして
石見に着いた途端、
平左衛門は、現実を目にして青ざめてしまう。
石見では、田畑は荒れ、民は飢え死にするか
処罰覚悟で一揆を起こすかという瀬戸際だったのだ。
代官所の手代からは、
「どうせ腰掛けで、何もせずに、
やがて江戸に逃げ帰るのだろう」
と言われる。
それまでの代官が皆、そうだったというのだ。

平左衛門はおいしい菓子も封印し、
民の救済に乗り出す。
しかし、様々な困難が待ち受けていた・・・

井戸平左衛門は実在した人物で、
享保16年(1731年)に第19代大森代官に着任した
井戸正明(いどまさあきら)がモデル。
「平左衛門」は通称。
享保の大飢饉による領内の窮状を目の当たりにし、
領民たちを早急に救うため
自らの財産や裕福な農民から募った寄付で米を買い、
幕府の許可を得ぬまま代官所の米蔵を開いて与えたり、
年貢を免除・減免した。
また薩摩国の僧である泰永から
サツマイモが救荒作物として適しているという話を聞き、
薩摩から種芋を移入した。
サツマイモは石見地方を中心に
救荒作物として栽培されるようになり、
多くの領民を救った。
この功績により正明は領民たちから
「芋代官」あるいは「芋殿様」と称えられ、
功績を称える多くの頌徳碑(芋塚)が建てられている。

その平左衛門の人物像は、
大変な好人物として描かれている。
まず、出世欲がない。
出世するには、上役や奉行などに付け届けや挨拶が要るが、
全く無頓着で、こう言う。

「一日中、そろばんだけを弾いていればよい。
それこそがわしの勤めよ。
なのに上に行けば行くほど、よけいな気苦労が出てくる。
下手に出世すると、
そろばんにも触れられなくなるかもしれない。
そんな勤めはたくさんだ」

そんな調子だから、
石見に赴任したとたん、宴席で商人から土産をもらい、
帰宅して開けて、賄賂の金が入っているのを見つけると、
返すように藤十郎に言う。
「厚意は働きで示してくれればよい。
金を渡せばなんとかなると思われてはかなわぬ」

まことに潔い。
そして、石見の領民の想像を絶する悲惨な状態を見て、
江戸のぬるま湯に浸っていて、
百姓の現実を知らなかった自分を責め、
領民のために私財を投げ打つのである。
あれほど好物だった菓子も領民の子供たちにあげてしまう。
最後は刀さえ売ってしまう。
「それは武士の魂です」と止める藤十郎に、こう言う。
「今、民は餓死しようとしているのだ。
魂などと言うてはおられぬ。
そもそもわしは、
そろばんは使うが、
剣など一度も使うたことはない」
そして、
「石見の民を一人として飢え死にさせてはならぬ」
と言い放つ。

実際、飢饉の時も石見からは餓死者は出さなかった。
石見に行けば食べ物がある、
という噂を聞いて他領から人々が押し寄せた時、
このままでは共倒れしてしまう、という藤十郎に対して、
平左衛門は「黙れい!」と一喝し、こう言う。
「国境のこちらと向こうはあれど、人に変わりはない。
情けないことを言うな。
関所など設けてはならぬ」

それまでの代官が搾取を繰り返しただけなのに対して、
平左衛門は賂(まいない)も取らず、
年貢を減免し、
民のための政治をした。
民は目を疑った。

だから石見に住む民は一つになり、
助け合いの輪が広がった。

平左衛門が代官をしていたのは、
わずか2年。
しかし、人々の心に平左衛門の姿は深く刻み込まれた。
そうでなければ、400もの芋塚が作られて
平左衛門の功績が顕彰されることはない。

なにしろ、青木昆陽が小石川薬園で
さつまいもの栽培に成功するより
平左衛門の方が3年も早いのだ。

享保18年(1733年)、備中笠岡の陣屋で死去した。
死因については、
救荒対策の激務から過労により病死したとする説と、
救荒対策のために幕府の許可を待たず
独断で年貢米の放出などを断行したことに対する責任から
切腹したとする説の二つがあるという。
本書は後者を取っており、
罪人を運ぶ唐丸駕籠に乗せられた平左衛門を
慕う領民が涙ながらに送る場面が
読者の涙腺を刺激する。

平左衛門が切腹したとの報告を受けた大岡忠相は、こう言う。
「やつはたった一人で十万人の命を救いおった。
惜しい者を死なせてしまった」

作者は映画「超高速! 参勤交代」の脚本で注目を浴びた土橋章宏
だから、藤十郎の扱いや
薩摩藩に潜入して種芋を得ようとする旅など
ややコミカルに過ぎるし、
文学作品として読むと物足りない。
まるでシナリオのようだ。
しかし、あまり知られていない市井の偉人に脚光を浴びさせ、
お役人のあるべき姿を表した作品として、
評価できる。


映画『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』  映画関係

昨日、本ブログで紹介した
「スノー・ロワイヤル」のリメイク前のオリジナル作品、
「ファイティング・ダディ 怒りの除雪車」
アマゾン・プライムで観られるので、観た。

この作品、日本では劇場未公開だが、
WOWOWで2015年5月14日に放映され、
同年7月3日にDVDが発売された。

クリックすると元のサイズで表示します

なにしろ監督が同じハンス・ペテル・モランドなので、
リメイク版とほとんど変わらない。
ただ、ノルウェーとアメリカの土地が違うので、
必然的に変る部分があり、
オリジナルのセルビア人組織は、
リメイクでは先住民の組織に変わっている。
移民=後から来た者と、
先住民=先に居た者との比較も面白い。
ノルウェーだから移民問題を抱えており、
主人公そのものが移民という設定だ。
「チャイナマン」という殺し屋は、日系のデンマーク人。
当然、リメイクにあるリザベーション=居留地や
インディアン=インド人
などというくすぐりは出て来ない。
移民が問題なので、
人種差別的発言も多い。

他に変ったところは、
警官の二人組がオリジナルは男2人なのに対し、
リメイクは男女ペアになっている。

人が死ぬたびにテロップが出るのは、同じ。

クリックすると元のサイズで表示します

最後はこう↓なる。

クリックすると元のサイズで表示します

エンド・クレジットで死んだ順番に名前が消えていく
(リメイク版は雪が飛ばされるように消える)
のは同じ。

撮影技法的にはほとんど同じだが、
オリジナル版の方がスタイリッシュで、
静謐感があるところが、
あえて挙げれば特徴か。
その分監督のセンスが光る。
リメイク版より除雪車の描写が多かった気がした。

クリックすると元のサイズで表示します

主人公の名前はニルス・ディックマンで、
これはリメイク版のネルス・コックスマンと
意味(性器男)は同じ。

演ずるのはスウェーデンの名優、ステラン・スカルスダルドで、

クリックすると元のサイズで表示します

リメイク版のリーアム・ニーソンがとにかく強そうなのに対して、
普通のお年寄りの印象。
年齢(ステラン68歳、リーアム67歳)も
身長(ステラン191p、リーアム191.8p)も
ほとんど同じなのだが。
組織の手下を殴って、息があがったりする。

オリジナルの腕を買われてのリメイクでの監督就任。
それも納得のオリジナル版だった。


映画『スノー・ロワイヤル』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

コロラド州の雪深い田舎町キーホー
長年除雪作業に従事した功績で
模範市民賞を受賞したネルズ・コックスマンの息子が、
麻薬取引のイザコザに巻き込まれ、殺される。
絶望のあまり一時は銃で自殺も考えたネルズだったが、
一緒に拉致されそうになった息子の同僚の情報から
地元の麻薬王バイキングの組織が関与していることを突き止め、
復讐を開始する。
末端のチンピラから芋蔓式に血祭りにあげ、
金網に巻いて滝に放り込む。

クリックすると元のサイズで表示します

3人の構成員が蒸発した組織は、
敵対関係にある
先住民による麻薬組織の仕業だと思い込み、
先住民の頭領の息子を殺害したことから、
組織同士の抗争に発展してしまう・・・

息子を殺した組織に対しての復讐劇、
その親父を演ずるのがリーアム・ニーソンとくれば、

クリックすると元のサイズで表示します

「96時間」シリーズ的な作品を予想するが、
映画は意外な方向に展開する。
ネルズの意に反したところで、
長年対立していた麻薬組織同士の争いに
火をつけてしまい、
事態はあれよあれよという間に
血で血を洗う展開になり、
沢山の死体が山と積まれる。

その色合いは、ダークどころかブラックそのもの。
人が殺される都度、
その人物の名前が十字架などのアイコンと共に
テロップで出るのも面白い趣向。

クリックすると元のサイズで表示します

ネルズの武器は素手と銃、それに除雪車が活躍する。

クリックすると元のサイズで表示します

「最強復讐親父」の面目躍如である。
観光地であるために、
麻薬を大目に見ていた地元警察まで巻き込んだ騒動に発展していく。
たった一人の殺人事件が
パンドラの箱を開けてしまったような大事件になっていくのがおかしい。
底には人間の愚かしさと哀しみが感じられ、
また、コロラドの雪深い風景と
高い山の光景が絶好の舞台効果をあげている。
また、登場人物が皆個性的だ。
「ファーゴ」(1996)やタランティーノの映画に一脈通じる。
誘拐した男の子を寝かしつけるために
読む本がないので、
除雪車のパンフレットを読むシーンなど、たまらなくおかしい。

ノルウェーのハンス・ペテル・モランドが、
自身の監督作「ファイティング・ダディ 怒りの除雪車」(2014)を

クリックすると元のサイズで表示します

ハリウッドでセルフリメイク
オリジナル版のセルビア系犯罪組織を
ネイティブ・アメリカンの麻薬組織に変更、
アメリカ的な病巣も現出する。
ホテルのリザベーションを「居留地」と誤解してごねる、
などはオリジナルにはない。

会話や設定に思いも寄らないことが現出し、
監督のセンスが光る映画だ。
ローラ・ダーンエミー・ロッサムなどが共演。

クリックすると元のサイズで表示します

特に、先住民の頭目の役者がいい。

クリックすると元のサイズで表示します

5段階評価の「4」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/QnYpbtkFoGY

TOHOシネマズ日比谷他で上映中。

タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ