2018/1/18

で、結局オーロラは?  旅(道外)

オーロラは見えたのか?というフィンランド旅。

クリックすると元のサイズで表示します

あっ!

オーロラ!(っぽい)

はい、うっす〜〜〜〜い、雲みたいなグリーンの帯が正真正銘のオーロラです(笑)。


えっ、オーロラってカーテン状じゃないの?

という私の質問に添乗員さんが「カーテン状は滅多に出ません、私も見たことがありません」

えっ、オーロラってグリーンじゃないの?

添乗員さん「グリーンのオーロラは見たことないですね、白ですね」ときっぱり(笑)。

そう、写真で撮るとオーロラと雲の判別がつくのですが、肉眼ではただの白い雲、というかケムリ?


上記写真は白い雪原が写っていますが、実際は何の明かりもない真っ暗闇のなかの観察ですからね、、、(露出とか調整してのこの写真)

クリックすると元のサイズで表示します
※右の方の小さな上の明かりは対岸の集落。

ロバミニエ郊外の凍った湖の上です。

オーロラ観賞用バス「モイモイ号」に乗ってオーロラが見える場所に(光源のない、北の空に雲がない場所)に移動、屋外での観測です。

見ていると、ふわっと出て消える煙のような雲が見えるのですが、それがオーロラ。

いちばん大きいものは、たった5秒の出現だったのでカメラを向ける間もなく消えてしまいました・・・



なんで?

オーロラって絶対見えるんじゃないの?

寒いとオーロラでるでしょ?

・・・と思っている皆さま、それは次の記事でご説明いたしましょう。

出勤しまーす。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ