2007/2/19

久しぶりの小樽  旅(道南/道央/道北)

札幌まで出かける用事は沢山あっても、なかなかその先の小樽までは足を運ぶことがありません。
ましてや冬の小樽へ行ったのは初めてじゃないかな?
「雪」と「運河」は似合うだろうなぁと思っていましたが更に「あかり」が加わって思い出に残る小樽旅行となりました。

泊ったのは小樽運河が目の前のホテルノルド。
(運河側の会場からホテルを見たところ)
クリックすると元のサイズで表示します

正面の回転扉とステンドグラス、それに石造りの建物が小樽らしいレトロ感を漂わせていましたね。内装も女性好みかも?

「第9回小樽雪あかりの路」は2月9日から18日までのたった10日間のイベント。
以前から興味があったのですが、なかなか小樽までそれを目的には出かけられない。
ちょうど良い時期に結婚式に招かれたものです。
すごい人出だとは聞いていましたが・・・想像以上でした(^_^;)。


「小樽運河会場」の運河には浮き玉キャンドルが。

クリックすると元のサイズで表示します

運河沿いをずっと続く様々なあかりのオブジェを楽しみつつ歩きます。

クリックすると元のサイズで表示します

どれも趣向が凝らされていて可愛いものばかり〜!
写真ばかり撮っていてなかなか先へ進めません。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますピントが合わなくてボケた写真も多いのですが・・・(^_^;)
花びら型にくり抜いたあかりがわかるでしょうか?

これらのあかりはすべてロウソクのなのでそのゆらゆらと揺らめく様がまた暖かさを感じさせます。

クリックすると元のサイズで表示します「旧国鉄手宮線跡地」沿いの会場も可愛いあかりたちがいっぱいです。

ハート系が多かったのでカップルや子供達には絶好の写真スポットばかりで・・・(笑)
ま、私達女二人も負けずにラブラブ写真撮りましたけど!!!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
雪を固めて作っただけとは思えないゲイジュツ作品も!

 ↓ は線路の跡地らしい氷のトンネル。
ここもなかなか人が途切れることが無く・・・シャッターチャンスが難しい。
とにかく運河も線路跡もすごい人で、毎年人気が出てきているイベントのようです。
さすが大観光地小樽ですねぇ!

クリックすると元のサイズで表示します

気温も高く(電光掲示板で+3.5℃)、雪がザックザクで十勝とは違った雪国でしたが、暖かいのはラクだなぁと感じた夜遊びでした。

あかりなので夜5時〜9時までのイベントです。



2007/2/20  20:24

投稿者:ヒカル

◆みかんさま◆

手宮会場は歩けないくらいいっぱい。
特にスタートの5時ごろの混雑はすごかったですね。

あのフクロウ、大きいので迫力ありましたねぇ!!


TBありがとうございます。
私は未だにTBの仕組み?がよく理解できないので(^_^;)打てないんですよ、ゴメンナサイ〜!

2007/2/20  20:17

投稿者:ヒカル

◆さとるさま◆

見事にピンボケ写真ばかりでしたよ〜!(特に人物←ゴメン!)

フォトコンテスト、もう出しました(爆)!
カメラのはとても出せませんが(^_^;)携帯の画像は結構綺麗だったので。
(携帯版フォトコンテストがある)
そして昨日が締め切りだったので昨日の最後の10分くらいにせっせと3枚送りました。

グランプリは任天堂Wiiだって〜♪

2007/2/20  19:34

投稿者:みかん

やっぱり週末は多かったんですね。
平日だというのに、私が行った日も多かったです。

でも、週末には週末の良さがありますね。
だって、フクロウさんに灯りがついてるんだもの。

ところで、もう終わっちゃったけど、TBしました。
ヒカルさんのブログには、なかなか出来ないことなので、勢いで^^;)

http://mikanbare.exblog.jp

2007/2/20  17:10

投稿者:さとる

 やっぱりキレイ。ヒカルさんの写真。そしてすごく上手く撮れてるね〜。フォトコンテスト本当に出してみたらいいと思う!

2007/2/19  22:39

投稿者:ヒカル

◆midoriさま◆

オソロシイほどの人ごみでした。
てか札幌駅でも関西と変わらない人ごみでした。

でも綺麗だったな〜あかり♪
日帰りバスツアーないかな(笑)。
帰宅深夜でも良いからさ!

2007/2/19  21:18

投稿者:midori

やっぱりすごい人だったんですね。雪祭りのとだぶったときに多かったわけじゃなかったですなw それにしてもきれいですね〜
かわいいオブジェもあるし!
しっかり楽しんだみたいですね!明日 感想聞かせてくださいww


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ