2013/8/21

ディマシオ美術館  旅(道南/道央/道北)

美術館の名前に記憶はないでしょうが、インターネットオークションで落札された廃校跡にできた美術館、といえば記憶にあるでしょうか?

新冠町が2008年に廃校になった太陽小学校をインターネットオークションにかけました。

落札したのが大阪の不動産業者。

そこがフランスの幻想画家ジェラール・ディマシオさんの美術館になったわけですね!(2010年〜)

太陽の森 ディマシオ幻想美術館』です。

クリックすると元のサイズで表示します

行ったのは以前新冠のとほ宿に泊まった翌日です。

宿主に割引券をもらったから(笑)。

宿主自身も行ったことがないそうで(^^; ←以前は新冠町民は無料だったそうですがそれを逃してしまったらしく

私も新冠町の奥の奥にあるその場所に興味があったのと、その時は車だったので寄ってみようかと(笑)。

バイクなら走る方が面白いので美術鑑賞に時間は使いませんが。

クリックすると元のサイズで表示します

所々にあるこの看板、逃すと行けません(^^;

クリックすると元のサイズで表示します

思ったよりずっと奥地にありましたが到着〜!

突然ここだけ開けた感じです。

入り口に花が植えてあり、綺麗に整備されていて想像以上の素敵な美術館です。

クリックすると元のサイズで表示します

素敵な学校ですね〜明るい感じがまさに「太陽」って感じで。

あれ?

人がいる・・・

クリックすると元のサイズで表示します

なんと美術品でした。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらもです。(よくできています)

外国の方のようです(^^;

入場料は割引持参で1,000円が800円に。


こちらで一番有名なのは18枚に分かれた巨大な絵。

その絵を展示する場所がなく、探していて目に留まったのがこちらの廃校後体育館だそうです。

その巨大な油彩画がこちら。

クリックすると元のサイズで表示します

なんと幅27m、高さ9m。

3年かかって仕上げた大作で、世界最大の油彩画だそうです。

あまりにも大きすぎるため、1997年にチュニジア政府の要請でカルタゴの大聖堂で初公開された1回きりだそうです。

写真にも全部写りません(^^;

クリックすると元のサイズで表示します

床、壁に鏡が張られていて不思議な感の奥行きがある部屋です。

クリックすると元のサイズで表示します

各部屋や廊下には絵が沢山展示されていて、美術館にしては珍しく写真も撮り放題で、この自由な雰囲気がいいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

う〜ん、不思議な絵。

とても女性が美しく描かれています。

クリックすると元のサイズで表示します

この世界はもちろん実在するものでなく、ディマシオさんの頭の中でイメージした世界だそうです。

幻想画というジャンルになるそうです。

この方の頭の中を一度覗いてみたい・・・と思っていたらなんとご本人登場!

びっくり〜〜!!!

偶然にも2010年の開館以来、2度目の来館だそうです。

どうりでやたら外国人が多いな〜と思っていました(^^;

制作過程を見せていただくことが出来ました。

(つづく)



2013/9/3  5:58

投稿者:ヒカル

◆走かじさま◆

私もご本人対面はびっくり!でした。
描いているところが見られたのは感動でしたね。

>今度、とほ宿とセットで訪問してみます。。

ぜひ〜
おススメの時期は春駒が産まれた頃です〜とっても可愛いので。
あ、宿で割引券を頂いてくださいね(千円が800円になります)。

私こそ伏木田光夫美術館を知らなかったので調べました〜
浦川は何度も通っているのに知らなかったです。
いつか行ってみます!

2013/8/26  23:58

投稿者:走かじ

へえ〜、本人とご対面なんて、普通あり得ないですね。
あっち方面といえば、浦河の伏木田光夫美術館に立ち寄ったくらいです。今度、とほ宿とセットで訪問してみます。。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ