2006/9/24

大雪高原沼めぐり  十勝

週末は全国的に良いお天気だったようですね。
北海道は紅葉が始まると同時に大雪旭岳では初冠雪がありました。
今は6〜7合目あたりが紅葉真っ盛りです。

土曜日はもちろん紅葉狩りに出かけました(北海道では「紅葉狩り」とは言わないけど)。
行き先は私の一番のお気に入り紅葉スポット「大雪高原沼」です。
例年、熊の出没頻度により入れる沼が違うのですが、なんと今年は「沼めぐり一周」できるとのこと。
訪れること5年目にして初です!今年の運が良かったのか今までの運が悪かったのか(^_^;)。

大雪湖レイクサイト(臨時駐車場)〜シャトルバス25分〜大雪高原温泉荘へ

【沼めぐり一周コース】約7キロ 約3時間

登山口〜分岐点ヤンベ温泉〜土俵沼〜滝見沼〜緑沼〜エゾ沼〜式部沼〜大学沼〜高原沼〜空(から)沼〜分岐ヤンベ温泉〜登山口

紅葉が一番のピークだった為か観光客も一番のピークで特に旅行会社のツアー客で緑沼までは大混雑。
北海道でこれほどの人ごみに出会う事はあまりない・・・

クリックすると元のサイズで表示します

正直帰ろうかと思ったくらい木道は大渋滞で緑沼まで通常1時間のところ倍かかりました。
しかし人垣の隙間から見る紅葉は素晴らしかった。
ツアー客はほとんど緑沼で引き返すのでその先は静かな沼の景色でした。


まず最初に入り口のヒグマ情報センターでクマへの注意を受けます。
今年も毎日のようにヒグマは目撃され、多いときは1日4〜5頭、それも夏場は草を食べるので高台の草地に多く見かけたそうですが、最近は冬眠に備えて沼近くの木の実を食べに来るので木道付近で足跡をよく見かけるようになったそうです。
このコースに入れるのも3時迄で「3時からはこの場所をクマに返してあげましょう」という説明でした。

クリックすると元のサイズで表示します
赤い日付が固体確認、青の日付が痕跡(糞や足跡)です。
赤のコースが私たちの歩くコースなのでどれだけクマの住処にお邪魔しているかがわかります。

一番人気があるのは緑沼↓ですが
クリックすると元のサイズで表示します

私は滝見沼↓の方が好きですね(奥に小さい滝があります)。
クリックすると元のサイズで表示します

いつもは高原沼が終点で折り返したのですが今日はこの沼の左側をぐるっと回りこんで一周コースへ。クリックすると元のサイズで表示します
曇っているので写りがいまひとつです。→
この場所がいつも終点だったからか?高原沼も私のお気に入り。
ここで三ツ星オニギリのお昼ごはん。
高原沼が一番奥になるわけですが、この場所に居られるのも13時迄です。
その後はボランティアのレンジャーが左右の道に別れて人を降ろし始めます。

クリックすると元のサイズで表示します

陽が射すと紅葉も一段と映えます。
この森の中を上がったり下がったりして紅葉のトンネルを抜けていきます。
あまりに日本離れした絶景が続くので、
「行ったことないけど天国はこんな場所かもね〜」
「そうだね〜っ(笑)」という会話も!

クリックすると元のサイズで表示します

正面の「高根ヶ原」は夏場の熊の遊び場所で、このあたりで最も熊の目撃例が多いそうです。
じ〜っと目を凝らしてもそれらしい姿は見えません(双眼鏡忘れたし・・・)。
そこで同行した師匠が一句、

「熊遊び 見られぬけれど 絶景かな」 ・・・字あまり?

少し先では熊の糞らしいものを木道脇に見ました。

クリックすると元のサイズで表示します
最大の空沼↑は春先の雪解けの頃は沼いっぱいに水をたたえているそうですが秋には干上がってしまうので名前がカラ沼なのだそうです。

雪壁温泉に吹き出る硫黄。
クリックすると元のサイズで表示します
この臭いをかぐと無性にゆで卵が食べたくなります、なぜでしょう?

帰りはヤンベタップ川沿いを下っていきますがあまり人が入ってないような急な下りです。
かと思うと登らされたりして悔しい思いをしつつ分岐点に到着。
途中に見かけたエゾオヤマリンドウ。
クリックすると元のサイズで表示します
ハチがお尻をフリフリしながら蕾の中にもぐりこんで行き、5秒ほど花が揺れていたかと思うとまたお尻から出てきて別の蕾に飛んでいく〜を繰り返していましたね。

最後は終点高原山荘で温泉です(¥700)。
クリックすると元のサイズで表示します
乳白色の硫黄泉で道東では珍しい泉質なのでは?
のんびり入っていると何やら聞こえてきたのは「シャトルバス最終」のアナウンス!
まだ4時なのに・・・危うくやらかすとこでした・・・(^_^;)。

やはり高原沼の紅葉は最高です。
今回は高原沼の更に奥(高原沼〜空沼あたり)が紅葉のピークで人混みにメゲず(笑)行って良かった!
大雪レイクサイドの駐車場置き場は千台以上の車があったように思います。
(銀泉台ルートにもここからシャトルバスは出ています)。
シャトルバスは今月末まで出ていたように思います。詳しくは上川町のHPで。



2006/9/27  21:27

投稿者:ヒカル

◆みかんさま◆

大雪は年々人が増えているように思いますが、知床にも匹敵する大自然が残されていると思いますよ!

私も「赤」好きです。
というか西日本の紅葉=赤ですよね。
こっちの紅葉を見たときに「あれ?黄色??」と不思議に思ったのを覚えています。
モミジが少ないですよね、こちらは。
その代わりに白樺系が多い。

西は立体的な紅葉(たとえば渓谷にモミジ)で、北海道は面(山の斜面に赤や黄色)の紅葉という気がします。

黒岳ロープウェイから紅葉を初めて見た時の感激は今でも忘れられないですね〜

http://star.ap.teacup.com/shihoro/

2006/9/27  21:18

投稿者:ヒカル

◆do_fujisakiさま◆

確かに奥地ですからねぇ、大雪は。
だけどたぶん管外の人のほうが多かったように思います。
皆早朝出発またはお泊り組とか・・・関西弁も聞きましたねぇ。

大雪は何年経ってもきっと変わらないでしょう、いつの日かの楽しみにして下さいね!

http://star.ap.teacup.com/shihoro/

2006/9/27  16:51

投稿者:みかん

すごく綺麗ですね。
大雪あたり、人の多さに避けていますが、それでも行く価値は十分にありそうですね。
私、赤が好きなんです。意外と山の紅葉は黄色ばかりな気がするのですが、こちらはバランスがよくて、更にうっとりしますね。

http://mikanbare.exblog.jp

2006/9/27  12:18

投稿者:do_fujisaki

いや、こりゃぁ見事な紅葉ですね。
深い雪で閉ざされる前の風景って感じで大好きです。
大雪を散策するのは、札幌からだと日帰りではしんどいですし、おいそれと叶うものでもありませんが、子供達がもう少し大きくなったら皆ででかけたいなぁ。

http://white.ap.teacup.com/do_fujisaki/

2006/9/25  23:06

投稿者:ヒカル

■横須賀太郎さま■

もう少し写真の腕が良ければ良い色に撮れるんでしょうが何せ押すだけなもので・・・(^_^;)。

こちらこそ見てくださってありがとうございます!

http://star.ap.teacup.com/shihoro/

2006/9/25  21:53

投稿者:横須賀太郎

◆ヒカルさま◆
大雪の大切?な、綺麗な写真を色々拝見させていただきまして有難うございます。デスクトップに貼り付けて、紅葉気分を味わさせていただいております。

2006/9/25  12:52

投稿者:ヒカル

◆小池さま◆

そうなんです、写真では現実の10分の1もお見せできません・・・残念です。
でも毎年見に行く口実も出来ていいんですけど(^^)。

夏の終わりに落葉があったので「ちょっと気が早いんじゃないか?」と思ったけど、この紅葉の早さなので納得できますね。
もう少しで三国峠も真っ赤になりカメラマンガずらーっと並びますよ。
秋にも是非いらしてください。

2006/9/25  11:19

投稿者:小池

きれいですね、写真で見てもきれいだから実際見たのはもっと凄いんでしょうね。ついひと月ちょっと前大雪ダム、三国峠を通ったのにもうこんなになっているなんて、なんか不思議です。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ