2010/8/13

ザ・ウインザーホテル洞爺 リゾート&スパ  旅(道南/道央/道北)

クリックすると元のサイズで表示します

左が洞爺湖。(道の駅とうや湖からの眺め)

矢印の先がサミットが開かれたウインザーホテルです。

もうちょっとアップにすると・・・コチラ。

クリックすると元のサイズで表示します

山のてっぺんにあるので温泉街から車で15分くらいかかります。

来た時は深い深〜〜い霧で、ドコ走ってるんだかわかんない道で、白線に添って視界数mを進んできましたが、最後に白線が何もなくなって「道どっち〜〜〜!(*_*)」と叫んだら、そこはもうホテルの中でした。

入口の屋根付き駐車スペースが車20台くらい置ける広さ。
いきなり玄関だったのは私も驚いたけど、向こうも驚いたでしょう。

霧の中から車が突然現われるんですから(笑)。

来た時はテラスも見えない視界ほぼゼロ状態で、せっかく湖側を取ったのに窓は真っ白いスクリーン(笑)←笑うしかない

翌日も朝から霧(というより雲の中)で、前後左右は霧。

チェックアウトが12時なのを良いことにの〜〜〜〜んびりしてたら10時過ぎて時々視界が晴れてきました。


早速周辺の探検へ。

サミットテラスです。

当時の首相は・・・
クリックすると元のサイズで表示します

え〜っと、何人前・・・?(^_^;)

サミットテラスに立ち位置が書かれています。

クリックすると元のサイズで表示します

正面から見ると・・・(湖側)。

クリックすると元のサイズで表示します

中からも素敵です。

クリックすると元のサイズで表示します
(到着時の写真なので外は真っ白。本当なら洞爺湖が見えるはずなのですが)

生演奏をゆっくり聞く時間がなかったのが残念。
翌朝はハープでした。

思ったよりホテルは混んでなくて、ロビーでものんびり出来そうでした。
(以前遊びに来た時は激混みだったのに)


晴れてきたのでロープウェイにも乗りましたよ〜

クリックすると元のサイズで表示します

降り場にはホテル別棟のレストランがあります(ラ・ロカンダ・デル・ピットーレ)。

クリックすると元のサイズで表示します

本当はここで夕ご飯の予定でしたが、時間がなくて(^_^;)。
温泉街のレストランで「いちばん早いメニュー」を注文し、それがアツアツの鉄板ミートスパゲティ。

「出るのは早いけど食べるの遅いやん!」

・・・と、思いました(笑)>お店の方へ

スパゲティなのに1,100円もしましたし・・・(←これ、何度も言ってるかも(笑))

ウインザーに泊まったらホテルの高級レストランで食べなきゃ?とは思ったのですが、おそらくそれは宿泊費より高くつきそうだし(^_^;)、同じお金を使うなら札幌でもっと美味しくて(安い)もんを食べたほうが良いやん・・・と3人の意見が一致しました。

夕飯を食べるならホテルプランに組み込まれたパックにします(爆)。

ま、それもいつかのお楽しみに・・・

宿泊費は朝食付きで15,000円ちょっとでした。
スタンダードのツインにエキストラベッドだったので、その追加分(私)は安くついたようですが。。。(通常は24,000円くらい)

朝食はとっても良かったです。
オテルドカイザーのパンも食べられます。

クリックすると元のサイズで表示します

朝から野菜とフルーツをもりもり食べました。

接客も良かったし、広くてのんびり出来るホテルなので、また機会があれば泊まりたいですね。
冬にスキーしてのんびり2泊とか良いかも?

またみんな、遊びに来てね(笑)。
次はジュニアスイートに泊まろう!!

(旅行会社に「広い部屋」と伝えてあったにもかかわらず、気を遣われて「安い部屋」になっていたそうです。←ナゼ?(笑))

ま、修学旅行のようで楽しい夜でした♪



2010/8/17  22:52

投稿者:ヒカル

◆走かじさま◆

登別温泉とは目と鼻の先ですからね〜ニアミスですね!
あのあたりの遊歩道を歩くのは好きですね。
鬼の花火も見たかったですけど(笑)。

子供が居ないのでアウトドア的な遊びができなくなり、仕方なくウインザーですよ(笑)。

>関西人スピリットの宿る人

友人も関西人でしたから〜(笑)。

朝食だけで24,000円は高いですよねぇ。
パックでなきゃ泊まれません!

2010/8/14  14:06

投稿者:走かじ

またまたニアミスですね。
ウインザーは近寄るのも、おこがましいので
スルーしました。
15000円なら、意外に安いですね。
僕も、きっとヒカルさんと同じ考えで、ホテルで食事はようしません。
「その分、他で安くてうまいもん食べよう」
賢明な関西人スピリットの宿る人の考えるまっとうなご意見です!


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ