2010/8/11

バスローブの国際基準  DIARY

クリックすると元のサイズで表示します

ウインザーホテルのバスローブです。

部屋には他に浴衣が置いてありました。

最初に説明を受けた折に聞いたのですが、

「館内(温泉)はバスローブでお出かけ下さい。」

との事。

え、バスローブで部屋から出ていいの〜!?ハズカシイ〜!!

と、ついつい(^_^;)思った日本人σ(^_^;。

バスローブは寝巻きではなくリラクゼーション施設での館内着、というのが国際基準なのだそうです。

置かれていた説明書をもういちど読み返しました(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します

やっぱりバスローブとスリッパなんだ・・・(^_^;)。

バスローブってひざ丈くらいだし、下に何を着て良いかわかんないし(爆)なんだか恥ずかしいでしょ!!


ま、もちろん説明どおりにバスローブで温泉へ出かけた我らでしたが・・・


友人が帰り一人の時に5人の集団とすれ違ったそうです。
その5人が全員「浴衣姿」。

彼女はココロの中で『そっちが間違いだから〜!!』と叫んでいたそうです。

5対1・・・なんだかバスローブの負けっぽい(笑)。


(正しいのはやっぱりバスローブですからね〜浴衣で出てはいけません)



2010/8/11  23:00

投稿者:ヒカル

◆北海道生まれさま◆

こんばんは!

私も温泉だと知らなかったんですよ、ちょっとラッキーでした。

なるほど、そんな時期もあったんですね。
買い手がついてサミットの会場にもなりよかったですね。

洞爺湖観光には良いホテルなので続いてほしいところですが・・・

でもお茶だけでも高そうなホテルです(^_^;)。

2010/8/11  22:39

投稿者:北海道生まれ

ヒカルさん
こんばんわ
やはり山の上のホテルでしたか。
2週間ほど前に函館に行く途中お茶しました。
義弟が、ここの買手が見つかるまでの間の休館中
警備の仕事をしていたもので、義母が見てみたかろう
ということで寄りました。
よくぞこんなところに作ったものと思いましたが。
ここ温泉でしたか。ま、洞爺湖温泉近くですからね。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ