2006/5/28

ニワトリと卵  自然・趣味


一つ前の「ヒトゲノム」に関連する記事を発見!

ついに「ニワトリが先か、卵が先か」論争に決着がついたそうです。

(*^^)// ハクシュハクシュ


結論は「卵」でした。

「生物が生きている間に遺伝物質が変化することはなく、ニワトリ以外の鳥が途中でニワトリになることはあり得ない。このためニワトリ以外の鳥が産んだ卵が、突然変異でニワトリの特性を備えた卵になった」

という事だそうです。

これを結論付けたのは英国の遺伝子専門家(←納得)と哲学者(←ナゼ)、養鶏家(←見たのか?)らだそうです。

まぁ私的には「スッキリしたー!(笑)」という結果ですが、いつまでも議論させておくのも面白いなとおもった命題でもあります(笑)。
真実はひとつですが、こういう問題に関しては永遠に悩んでもらうのも悪くない。

ちなみに何故今頃結論を出したかというと「映画チキン・リトルのDVDを発売するディズニーの依頼」だそうです。
そこでもまたオチがつくネタなのでした。



2006/5/29  18:36

投稿者:ヒカル

☆igregさま☆

宇宙のはしっこも無い方が面白いのに「果て」はあるらしいと最近聞きましたね〜
なんでも「何もない空間」が広がっているのが「宇宙の果て」らしい。

まぁ誰も見たわけではないので「らしい」なんですが、結論は出して欲しくないですよね。

>「生物が生きている間に遺伝物質が変化することはなく」という言葉にわたしはうなずくしかなくなりました。

う〜ん・・・確かに。
生まれたときがチャボで死ぬときがニワトリじゃダメなのかーーーっ!!!(ガクッ)


ヒトゲノムマップは是非世界地図の隣に貼っておいて下さい。(世界地図は一家に1枚貼ってるよね!)
「へぇ〜」が詰まっています(笑)。

http://star.ap.teacup.com/shihoro/

2006/5/29  18:30

投稿者:ヒカル

☆みかんさま☆

首が長いキリンの方が(餌が食べられるので)生き残って、その特徴的な形質が何代も何代も子供に遺伝された結果・・・という長〜い過程なのでしょうか?(^_^;)
キリンの首が短かった頃を見てみたいですよね。

>「突然変異」をどこか偶発的と思っているだけの浅知恵(浅疑問?)なんですけどね。

突然変異も大きな要因なのでしょうね!(な〜んてことを考えるのが楽しいです)。

高校の生物の先生が大大大好きで、それが理科好きに拍車をかけたかも(女子高校生なんてそんなもんです)。


うちの息子ね〜(笑)、こんな親が育ててるんだからほんっとに色んな事してきたんだけど、大して興味がわかなかったみたい。

子供が産まれた時から(笑)小学校の理科の自由研究を一緒にするのが楽しみでさ〜灼熱の夏休みに淡路島で切り立った岩場に張り付いて化石取ったのもいい思い出よ
ヽ(。・ー・。)ノ フッ・・・(笑) ← ヤケ

まぁそんなこんなで育てたのに昨日「ニワトリと卵」の話をしたら「だからそれが何?」って言われたーーーーっ!!(泣)

ま、そんなもんで・・・(^^;;;;

http://star.ap.teacup.com/shihoro/

2006/5/29  15:31

投稿者:igreg

「ニワトリが先か・・・」と、宇宙のはしっこの話は何度考えても不思議でわたしには理解不可能の話なのですが、どうしても考えてしまうんですよね。

本当は納得したくない(笑)んだけど「生物が生きている間に遺伝物質が変化することはなく」という言葉にわたしはうなずくしかなくなりました。(ちなみに理数系は壊滅的にできない子でした。今も苦手です。)

ヒトゲノムの記事は一度流し読みして理解できなかった(^^;ので、あと何回か読み直すことにします。ヒカルちゃんの文章力にはなんの問題もありません。わたしの理解力がないだけ。

2006/5/29  10:08

投稿者:みかん

な〜るほど!言われてみれば、当然と思える内容ですね。
でも、例えば、高い所のものが食べられるように首が伸びたキリン。そうなるべき進化を遂げたということなら、キリンの前の生き物からキリンに至る遺伝子の学習は、いつ行われたのだろう。。。なんて、思ってしまいました。高校生物で学んだ程度なので、「突然変異」をどこか偶発的と思っているだけの浅知恵(浅疑問?)なんですけどね。

理科って、得意じゃなかったんですが、生物だけは好きでした。でも、ソラマメに関して、ヒカルさん的な発想はなかったな。おもしろかったです。

本当に、ゲームより自然科学にワクワクする子が増えると良いですね。
息子さんのオチがウケました。言わなくても良いのに。(爆)

http://mikanbare.exblog.jp


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ