快樂浪漫ちっく〜精武門ズ日記・2」へ近々引越し予定です。

 ★武術映画の傑作「精武門」にはまり、このタイトルを付けてみました。
     「精武門ズ」管理人が作った「精武門」関連作品のみ紹介しているHPです。気が向いたらど〜ぞ。

やっぱり時計は右腕に  許紹洋

1930年代のドラマ撮影中の許紹洋。
ドラマでもやっぱり、時計は右腕なのだ。

クリックすると元のサイズで表示します


※「2046」を見たが、七三分けはキムタクより似合っているのでは?
0



2006/4/30  23:42

投稿者:Masa

トニーの目の演技には、惑わされますね〜。
以前、遠くの方から蝶ネクタイ&オールバックの生トニーさんを見たことがありますが、セクシーオーラが出まくりでした。
しかし、トニー迷の話だと普段着はジャージなどですれ違っても分からない風貌だそうです。

2006/4/30  23:09

投稿者:cinnamon

>haha♪トニーさんは、大人の魅力が満載なのでアンくんには、もう少し頑張ってもらわないと・・・。
確かに!ちょいと調子に乗りすぎでした〜
>_< トニーさん「月夜の願い」が31歳「恋する惑星」が32歳位だったと・・アンくんも大人の魅力頑張れ!!
トニーさん「シクロ」もよかった〜あの
“眼”の演技が忘れられません♪〃

2006/4/30  22:15

投稿者:Masa

haha♪トニーさんは、大人の魅力が満載なのでアンくんには、もう少し頑張ってもらわないと・・・。
>“秀樹感激!”
おお、確かに!!(笑)

2006/4/30  12:14

投稿者:cinnamon

七三分け、キムタクよりも梁 朝偉よりも似合っていると思います〜
それに、最近はすっかり見慣れてきて、杭州のイベントの時の写真が“秀樹感激!”に見えてきてしまいます(笑)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ