快樂浪漫ちっく〜精武門ズ日記・2」へ近々引越し予定です。

 ★武術映画の傑作「精武門」にはまり、このタイトルを付けてみました。
     「精武門ズ」管理人が作った「精武門」関連作品のみ紹介しているHPです。気が向いたらど〜ぞ。

台湾宿泊記1  旅行記

2泊3日台湾の旅。相当珍道中だったので、書いてみる。

○宿泊先○
宿泊は、台北の「某ホテル」格安だったので、相当心配だった。
メイン通りからは「こジャレた」レストランにみえる。
が、しかし、入り口は裏。そして、なぜか「休憩○○元、宿泊○○元」
と書いてある。
この光景。。。新大久保とか渋谷で見たことが・・。

ロビーもなんとなく狭いし・・・。
でもフロントの人達は妙に愛想がいい。

ほどなく、通された部屋は狭〜〜い部屋に小さなシングルベッドと
小さなダブルベッド・・・。
おいおい、こっちは3人だぜ!!どうやってねるんだよ〜。
こぎれいではあるが、窓はなく、暗い雰囲気。どうする自分!!

ここで、黙ってはいられない。早速、フロントへTELして、
たどたどしい英語でどうにか部屋を変えてもらえないか交渉してみた。

ほどなくマネージャーがやってきた。そして向かいの部屋をに通されるとそこは4つもベッドがあるコネクトルーム。
「い〜の?ここで?OK^^OK^^ありがと〜」といってマネージャーと硬い握手♪(ゲンキンすぎるよな〜)
しっかし、空き部屋があって良かった。言ってみるものだ・・・・。

部屋もなかなか広かったが。。。さらに風呂も驚きの広さである。
人間が二人、向かい合わせに入れる古びたジャグジーである。
「ちょっと、エッチっぽくないか〜?」「さらにガラス張りだし・・」
そんなことをいいつつ、荷を解き始めた。
これから、さらに珍道中は続く・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
★かなりビックサイズ。入るのが大変だった。

クリックすると元のサイズで表示します
★部屋からすりガラスでバスルームが見える(多謝 R小姐)

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ