快樂浪漫ちっく〜精武門ズ日記・2」へ近々引越し予定です。

 ★武術映画の傑作「精武門」にはまり、このタイトルを付けてみました。
     「精武門ズ」管理人が作った「精武門」関連作品のみ紹介しているHPです。気が向いたらど〜ぞ。

蘇乞兒  電影・電視

袁和平監督作品「蘇乞兒」をやっとこさ観た。
周杰倫が参加したとのことで話題になった作品だ。

主演は卓卓こと趙文卓(チウ・マンチュク)、周迅、安志杰。その他、楊紫瓊、劉家輝、周杰倫、デビッド・キャラダインという豪華メンバー。アクションも見ごたえあり。ロケーションもすばらしく、お金かけてますね〜という作品。

蘇乞兒といえば、梁家仁、甄子丹、周星馳などが演じている武術の達人である。
蘇乞兒演じる趙文卓は妻を演じる周迅と幸せに暮らしていたが、周迅の兄に恨まれて殺されそうになる。妻と命からがら逃げだした蘇乞兒は楊紫瓊に助けられ、周杰倫演じる神武と出会い腕を磨いていく。

この話前半と後半がくっきり分かれていて、前半の義理の兄への復讐の前半部分と乞食の王と呼ばれ乞食のような姿をしているが武術はめっぽう強いという伝説を作ったというストーリーの二部構成。監督はたぶん、武術が強いという伝説部分にも思い入れがあったんだと思うんだけど・・・。個人的には前半部分だけでも良かったかな〜。

観ているうちに妻や家族との愛情や挫折と自分探しの修行。外国人との武術対決。と「霍元甲」とついダブってしまう部分多数。

趙文卓がカッコよかっただけにやや残念かな〜。

しかし、ダブって見えてしまうところがまだまだ小生の勉強不足か?
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ