変なピンチヒッター

 

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:とりぃ
千石のガラエポ基板はそんなに悪くなかったような気がしますが、まあランドは剥がれるものと、いい練習になったと思ってくださいな。

006Pの電池ボックスは千石のB1で80円です。
ガッチリくわえ込むタイプ。私はライブ等で荒く扱われる可能性が高い場合、これを超強力両面テープ(テサとかゴリラとか)でケースに貼り付けています。電池の脱着でもかなりの力がかかりますが、まず剥がれません。

http://www.sengokudensyo.com/y3tm2jke.jpg
投稿者:とりぃ
ドリル刃が折れる理由は、基板に対して垂直が維持できない状態で圧がかかることによります。細い刃の場合、ちょっとでも斜めになるとポッキリいきます。ましてハンドドリルですと垂直の維持が難しい上、圧も一定を保てませんから。ただし熟練者になると、電動ドリルよりラク(面倒がない)と言いますが。入門者には、安い電動ドリル(ドリルドライバでも可)+ドリルスタンドの組み合わせがベスト。とくに基板の穴あけをやるならスタンドは必須です。両方揃えても安物でよければ5千円以内です。ドリルドライバだと鉄板の穴あけはキツイですが、アルミならゆっくりやればあきますので、エフェクターのケースくらいならOKでしょう。
投稿者:みずの
>0.8ミリのドリル刃はハンドドリルでは熟練を要します、まず折れます。
そういうものだったんですか・・。電動ドリル買うのはやぶさかではないけど、家族がビックリするだろうな-。
>ランドが剥がれやすいのは、粗悪品す。秋月の70円のヤツですか?
千石で買ったガラスエポキシのやつですけど、下のほうに剥き出しでまとめて売られているやつで値段は同じくらいだったかと思います。

電池はとりあえず両面テープでくっつけているのですけどね。でもそれだと電池交換のたびに両面テープ付け直しになりますしね。電池フォルダーを両面で貼り付けという手もあるかな?スポンジも試してみます。
投稿者:とりぃ
[追伸]
プリント基板、自作したんですか?エッチングして?すごいなー
0.8ミリのドリル刃はハンドドリルでは熟練を要します、まず折れます。このクラス専用の電池式小型ドリルもありますが、それを買うなら普通の電動ドリルを買った方がケース加工にも使えて応用範囲が広い。
でもしばらくはユニバーサル基板でいいんじゃないかと思いますが、ランドが剥がれやすいのは、粗悪品す。秋月の70円のヤツですか?
投稿者:とりぃ
やった!初号機、完成!!
「JH FUZZ」は力ずくで歪ませる方式なので「FUZZrite」とはまた違った音色になったと思います。
「GM.Fuzz」(ギターマガジンのヤツ)は、コンパレータなので、またこれも違う音色。楽しみですね。

次は、これらのファズと組み合わせて使える、単体のブースターなんで如何でしょう?簡単だし。

上の写真では電池が固定されていませんが、安価に済ますなら、台所用スポンジをそのまま敷いてやっても、このケースならちょうどいいかも。
または、フットスイッチとケースとの間隔がちょうどよさげに見えるので、その隙間に電池を押し込んでしまうのも、私がよくやる方法です。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ