変なピンチヒッター

 

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:みずの
お手数をおかけしますです。
まあ、あったらで構いません。
僕は、時間があったら御茶ノ水の石橋ブックサイドで
ギタマガのバックナンバーを探そうかなと思っていますが、ないかなー?
今日ちょっと家の事情で会社を早退した帰り、秋葉に
寄り道して、ナットとワッシャーとLEDとトランジスタ仕入れました。あと、テスターと丸ヤスリも。
道具と材料は着々とそろっているなあ。
投稿者:とりぃ
ギターマガジン2003年11月号のファズ製作記事は、只今探してますので、少々お待ちください。

ボリューム用のナット(@\10-)とワッシャー(@\5-)、千石では別売りでしたね。ポットの高さ調整するために、ウチでは10個単位で買ってますが、行くたびに製造元が違うのが悩み。(内径は同じでも外径が違ったりする)
投稿者:みずの
ボリューム用のナットとワッシャー買い忘れた!
投稿者:みずの
あ、そういえば店員さんに質問して、「104は0.1マイクロね」と教えられていた若者がいました。もしかして同じ部品を買おうとしてたのかな?なんて勝手に想像。
投稿者:みずの
失礼。うろ覚えで適当に書いてしまいました。
C945が正しいです。
年はくっているけど、僕は初々しい方かな?
さすがに店の中で「自作本」を広げるのはなんとなく恥ずかしいので、別紙に部品リストを書き写して持っていましたが、買ったものを見たら何を作ろうとしているか
分かるのかなあ?
千石では、買おうとしていた0.1μFのマイラコンデンサが品切れでした。もしかしてJH FUZZ目当ての客で売り切れたのかななんて想像。

初めて入った店で、部品ケースの前が空くのを待って、目当ての部品を探すのって、ディスクユニオンでえさ箱を漁るときの気分に少し似ている。
慣れた人はそんなことないと思いますが、僕にとってはどこの店のどのへんにどのパーツがあるっていう知識がないので、ほとんど宝探し気分。ちょっと楽しかったりして。もっと時間があればなあ。

千石に入っていく、こざっぱりした若者カップルの女の子の方が、「そんなら自作するしかないじゃん」と言っていました。
それを聞いて何を作るのかなあとちょっと気になりました。
投稿者:とりぃ
BC109は海外製品で、おまけにディスコンなので入手は困難です。ただこの手の回路なら国産小信号増幅用NPNトランジスタで全然問題ないです。もちろんC954(なんだか見知らぬ石だな)でOK。メジャーどころでは、C945,C1815あたりですか。よくこのへんの石で音の違いを語られる方がいますが、私には聴き分ける耳がありません。ただ先日作った「FUZZrizer2」はメリハリ感とローノイズを期待してC2655を使ってみましたが、いくらか違ったみたい。

第1回凶エフェの会で入阪した時、前日に日本橋のシリコンハウス共立(千石電商っぽいお店)のパーツフロアで、やはり「JH FUZZ」の記事を開いてパーツを探している青年がいました。翌日会えるかな〜?と思ったけど、流派が違ったか。

秋葉原では、そんな初々しい感じの人は見かけたことナイですねー、今のところ。海神無線あたりへ行けば、ツワモノがごろごろしてますが。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ