2005/9/13

(無題)  

製作中第八旅団CDのテストプレスが届いた。
手順としてこのテストプレスに問題なければ
工場本発注生産になる。
実は土曜日に届いたのだ。
試聴なんて時間にしたら1時間もかからないのことはずが
やっぱりこおいうことは
気分を変えないとなかなかできないものだ。
正直、今までにすでに飽きるほど聴いているので
また聴かなくちゃならんのかよーってカンジで
なかなか腰が上がらない。
そんなこともいっていられないので
今日やっと聴くわけで。

聴き始めてみると、そんなキモチとは裏腹
なんか自然に耳に入って行く。
あれ、と思い、送ったマスター音源と厳密に聞き比べてみる。
物理的には信号のピックアップや
ダビング工程上による損失ということで
説明が付くのだろうけど、
それがぼやけた、カドが取れた、という方向でなく
むしろ酒でいえば樽熟成きかせたカンジで
よりみなの音がとけあって深みがでているのだ。
いかにも自主制作デモ音源ですという
荒々しいカンジがとれて
よくある一般CD的音質
(つまりは聴き易い)に近づいている。

逆に言えば世の一般CDにしても
このようなプロセスを経ているので
あのような音になるのかと
理解してみたりする。







コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ