ホンダラ雑記帳

いろんな趣味をテキトーに楽しんでいます。

 

カレンダー

2022年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

掲示板

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:pierrek523
まつよっし様

ご注意感謝します。実はすでに、動翼にクリヤーを吹く際のマスキングを剥がすときに銀が取れてビビりました(笑)。

銀の塗り分けは2色くらいかな(爆)。
投稿者:ymkm8151226(まつよっし)
おお!パネルの色違いを再現されるのですね、確か土佐工廠では7色の銀を使い分けているという話です。とてもマネはできませんがワシも鐘軌で3色くらいまではやりました。ただマスクすると銀が取れますので注意して下さい(汗)

http://blog.goo.ne.jp/ymkm8151226//
投稿者:pierrek523
シロイルカ様

操縦席の手を抜いたときに限って、キャノ
ピーの透明度が良いんです(笑)。

パネルの色を変えてみようかなと思ってい
ます。上手くいくかどうか・・・。
投稿者:pierrek523
XJunで〜す様

資料の解釈によって違うのですね。特に
艦船の写真は、真横から写したものが多
いですし。

リノリウム色の件、安心しました。
投稿者:シロイルカ
見えないと思ってたところがよく見えるってありますよね〜、でも閉めちゃったら忘れるのが一番(笑)
世傑をみるとアルクラッドの光沢は鈍い感じなのでハヤテさんの方法が良いかも・・・私は上からエナメルのシルバーやフラットアルミをパネル単位でオーバースプレーしたりもします・・・効果はう〜ん
投稿者:XJunで〜す
>リノリウム色
雑誌の記事を読むと、リノリウムも製造時期により主材料が若干異なったり、手入れの仕方や経年変化などによりかなり色味にはバラツキがあったようです。なので、赤褐色系統の色であれば、OKだと思いますよ。

>甲板色の塗り分け
アオシマとPiTのキットを比べても解釈が違うようです。手持ちの写真集も見てみましたが、ズバリの写真がなくよくわかりません。私の塗装例も一例ということで...

http://silver.ap.teacup.com/xjun/
投稿者:pierrek523
XJunで〜す様

こちらこそお世話になります。

わざわざ写真をトラックバックして
いただき、本当に有難うございます。
おかげさまで良くわかりました。
投稿者:pierrek523
躍人様

ネットで調べたりもしましたが、甲板の
塗り分けがわかるものは無いですね。

艦船モデルの難しさを痛感しながら作っ
ております。
投稿者:pierrek523
あきみず様

以前に、1/72九六艦戦(ニチモ)を作った
とき銀を塗ったのですが、わりと綺麗に塗
れたのでたかをくくっていました。

できれば、パネルの色分けもやってみたい
です。
投稿者:pierrek523
ハヤテ様

いや、ホント難しいです。

なるほど、パネルラインの塗装はそういう
方法があるんですね。気付きませんでした。

羽布へのオーバーコートは、早速取り入れ
させて頂きます。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ