ホンダラ雑記帳

いろんな趣味をテキトーに楽しんでいます。

 

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

掲示板

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:pierrek523
マジリ様

もともと資料はあまり持っていないのですが、資料があっても知りたい部分の写真が無かったり、不鮮明でわかりにくかったりで結局テキトーに作ることが多いです(汗)。

先日作ったMIG29の迷彩塗装では、マジリ流糸半田マスキングを使わせていただきました(御礼)。

http://star.ap.teacup.com/pierrek/
投稿者:夜戦部隊二等兵
私の参考資料は皆さんの完成品です。いつも、やせ馬の先走りで
みっともない作品を出してるんで、今回はじっくりと行こうかな。

とか言いながら、皆さんのを見ちゃったら出せなくなったりして(爆)
投稿者:pierrek523
あきみず様

おー、同じ本をお持ちですか。

ゼロ戦はやと、ゼロ戦レッド、ゼロ戦黒雲隊・・・、私の子ども時代零戦はヒーローであり最強の戦闘機でした。今でも、格別の思いがあります。

いろんな型式がエントリーされて、わくわくしています。楽しんで作りましょうね。

http://star.ap.teacup.com/pierrek/
投稿者:あきみず
同じ本がありますよ 昔は零戦の
良さスタイルを理解せずに手を出さなかったのですが、堀越技師の
身を削る努力に報いる作品をつくりたいです

http://a6m2type21.cocolog-nifty.com/
投稿者:pierrek523
まつよっし様

そうなんです。
資料を気にし過ぎると、製作が進まなくなります。何も無いほうが、割り切って適当に作るので、サクサク出来上がってかえっていいかもしれません(笑)。

いつものようにテキトーに作ります。

http://star.ap.teacup.com/pierrek/
投稿者:まつよっし
う〜む・・・さすがに零戦は多くの資料がありますね。やはり飛行機モデラーにとって零戦は特別な機体だということでしょうか。ワシも10冊くらいは持っているような気がします。ただ資料を眺めていると機体の色一つ決められなくなってしまいます(汗)ここは雰囲気でえいっと作るしかないですなあ・・
投稿者:pierrek523
シミソ様

 そういう議論があったとは知りませんでした。楽しいですね。
 手持ちの本の中にも何枚かこの写真があるのですが、残念ながらU1の文字は確認できません。印刷されたものではなく、生写真じゃないと無理なんでしょうね。
 デカールでは赤い文字になっています。

 殴り書きのような応急迷彩塗装は、刷毛塗りなのでしょうか?胴体の日の丸の周りなどはくっきり塗り残しているようにも見えますし、スプレーガンを縦に動かすことは普通しないように思うのですが。

http://star.ap.teacup.com/pierrek/
投稿者:シミソ
箱絵のこのU1が一時議論されましたね。
機番と同じ色だが防諜上、上から塗りつぶした。
暗い色(赤や黒等)で白黒写真では識別しにくい。
もともと書いてなかった・・・。
鮮明な写真ではうっすらとU1が見えるそうなので最初の2説が有力でしたでしょうか。

ちなみに零戦祭りのバナーの写真がこの機体の写真です。



http://shimiyan21.cocolog-nifty.com/blog/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ