ホンダラ雑記帳

いろんな趣味をテキトーに楽しんでいます。

 

カレンダー

2020年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

掲示板

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:pierrek523
XJunでーす様

アドバイス有難うございます。
接着剤については、皆さん色々と研究されているようですね。
なるほど、そういうやり方も有るのですか。
付けた直後の粘着性が高いので、やりやすそうですね。

http://star.ap.teacup.com/pierrek/
投稿者:pierrek523
あきみず様

複葉機の張り線はまともにやったことがないのですが、手間はもっとかかりそうですね。
あっ! 艦船にも張り線があるのを思い出しました。ブルブルッ。

http://star.ap.teacup.com/pierrek/
投稿者:pierrek523
シロイルカ様

艦橋などに短く切ったものを付けるときと違い、長い部分は非常にやりにくいですね。
途中で何回も止めようかと思いました(笑)。
艦船モデラーの方を尊敬します。

http://star.ap.teacup.com/pierrek/
投稿者:XJunで〜す
今更ですが、エッチングの扱い方のひとつに(他所でどなたかのコメもありましたが)合成ゴム系ボンド(黄色いやつ)をラッカーシンナーで伸ばしたものを爪楊枝で接着箇所につけてやると、高粘度型の瞬着よりも接着部に粘着するので、位置決めによく、全体の位置決めができた時点で高強度タイプの瞬着を流し込むという手もあります。ただし、黄色い接着剤が残るので、その後塗装ということになります。

http://silver.ap.teacup.com/xjun
投稿者:あきみず
艦船のエッチングは複葉の張り線
よりも手が掛かりますこれは
偏見ですかね、だけどできるだけ避けて通りたいです。

http://a6m2type21.cocolog-nifty.com/
投稿者:シロイルカ
いやいや、仰るよりも綺麗についていると思います。
瞬着でガビガビやりましたよ私も・・・
二度とやるもんか・・・と思いました(爆)
何度やっても『もういやや〜』感の残る工作ですね;




http://beluga-61.cocolog-nifty.com/
投稿者:pierrek523
Tamiya1/100様

アドバイス有難うございます。気をつけます。

仰るとおり、作業手順を考えないと上手く作れませんね。模型を目の前にして、そのことでいつも悩んでおります。性格が行き当たりばったりなもので(笑)。

おお、1/500妙高ですか。作り込めそうですね。完成したらぜひ拝見したいです。

http://star.ap.teacup.com/pierrek/
投稿者:pierrek523
XJunで〜す様

ホントにこんな作業はあんまりやりたくないですね。神経をすり減らしましたよ(爆)。

でも、あと何隻分か残っているので、使い切らないと勿体ないです。

http://star.ap.teacup.com/pierrek/
投稿者:pierrek523
躍人様

近寄って見ると汚いんですよ(汗)。

初めてのことで、実に大変でした。なんとか付けることが出来てひと安心ですが、これから船体を持つたびに、触らないように気を遣わなければなりません。

http://star.ap.teacup.com/pierrek/
投稿者:Tamiya1/100
書き直しているうちに”間違い”が”正解”になってしまいました。
低粘度でサラサラですので接着剤の量に注意して、
くれぐれもマスキングの下に液が
回り込まないように気をつけて作業してください。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ