ホンダラ雑記帳

いろんな趣味をテキトーに楽しんでいます。

 

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

掲示板

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:pierrek523
シミソ様

病人です。
楽しい闘病生活を過ごしている、今日この頃です(爆)。

調子に乗って資料本を手に入れたりしたので、ますます悪化しています。




http://star.ap.teacup.com/pierrek/
投稿者:pierrek523
XJunでーす様

なるほど、ロットリングで舷窓を描く。それもいいですね。おおらかです。

最近は模型雑誌の種類が多くてジャンルが細分化されているので、やることがエスカレートしているような気がします。昔はMA誌しかなかったからなぁ。

http://star.ap.teacup.com/pierrek/
投稿者:シミソ
弄り病の世界へようこそ(笑)
これが艦船模型の怖いところです。
でも弄っていると苦労しつつも面白くありません?
これで、私はMだったんだというようになるともう完全に罹患しています。
今回の重巡祭りでこの病気は大流行するかもしれません。
いや、もうしている?(笑)
投稿者:XJunで〜す
pierrek523様、
舷窓といえば、私が高校生頃の艦船模型の雑誌記事だと、舷窓をロットリング(製図の墨入れ用のペン、各種の太さのペン先があった)で描きこむなどという荒技もありました。今は昔の話です。

昔の艦船模型の世界はわりとおおらかで、細かい作りこみ以上にスケールに合わせて見た時にそれらしく見えればいいというのが艦船模型をやる人たちのコンセンサスだったように思います。(笑)

http://silver.ap.teacup.com/xjun
投稿者:pierrek523
XJunでーす様

舷窓の件、ありがとうございました。
すでに1/4くらいドリルで開けてしまっておりました(笑)。っていうか、舷窓の数が多くて、穴あけも大変です(汗)。



http://star.ap.teacup.com/pierrek/
投稿者:XJunでーす
1/700はまさにディティール再現とオーバースケールとの闘いですね。このモデルで何ん楽しむかでどこまでするかが決まってきそうですね。
舷窓の閉鎖は開戦後の処置です。
投稿者:pierrek523
まつよっし様

ホント、1/700は小さいですね。
資料があっても、うまく再現できません。

ウデの無さ、眼の衰えに嘆きつつ、試行錯誤しながらやっております。でも、時の経つのも忘れるほど没頭できて楽しいですね。多少なりとも仕事のストレス解消になります(笑)。

http://star.ap.teacup.com/pierrek/
投稿者:pierrek523
シロイルカ様

艦橋Dアップ、皆さんの作例を拝見していると、どうしてもやってみたくなります(笑)。
このあたりが、一番楽しい工程です。


http://star.ap.teacup.com/pierrek/
投稿者:XJunでーす
ごめんなさい。舷外電路他のディティールはノーマークです。
素組でレイテ沖仕様にならずがっかりしたもので...
投稿者:pierrek523
躍人様

模型としての演出、ある程度は必要ですね。くどくならないように、注意しながらやりたいと心がけていますが果たして・・・。

http://star.ap.teacup.com/pierrek/
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ