大好き!Mt.Onne

斜里岳に登ろう!遡ろう!
攀じ登ろう!

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:marbo
おかえりなさい!

私は8/14に斜里岳二ノ沢を遡行してきました。増水している二ノ沢はすばらしかった。私の登りも凄かったみたいだしね。もののふから動画をもらうことになっているので、乞うご期待ってとこです。

沢も後半戦です。残りのシーズンは、もうちょっとビューチフ〜な沢を登りますか?それともクレイジーな沢を探して登ることにしますか?
投稿者:moco
10日間のアラスカの旅から帰ってみると、北海道のなんと暑い事。

アラスカには絶対迷うことのない、登れそうな沢がいっぱいありましたが、氷河から流れる水の冷たさではすぐに身体がキンキンに冷えて、駄目でしょうね。

氷河クライミングに行ったときに、現地ガイドに、沢登の写真を見せると、ビューチフ〜&クレイジ〜って言ってました(笑)。

氷河は予想以上に硬く、歴史の重みを感じながらバイルを無駄に大ぶりしながら楽しんできました。

これから秋まで沢を楽しみたいと思ってるので、またよろしくお願いします。



投稿者:marbo
写真、ありがとうございました。
本当に、あの下降ルートを登りで使ったら嫌になっていて、気持ちの上では敗退ですね。

何故か、沢は滑でも、眺める滝でもなく「攀じ登る滝」があるかないかが面白いか、面白くないかの大きな判断材料としているもんだから、等高線の詰まったルートを選んでしまうんですよ。
結果、正解でしたね。

本当に今まで、美味しいところを避けてピークに立っていたのかもしれませんよ?
あ〜、勿体無い、勿体無い。

これからも“おさがり”じゃない山にご一緒させてもらいたいと思います。
投稿者:saijyo
こんばんは!先日はお疲れ様でした。
いつもであれば、この日は左股へ入っていたと思います。この日はクライマーのmarboさんが入っていることもあって強気で攻めました。しかし、そう考えるといつも美味しい部分を残してきているのかもしれませんね。右股を進んでいた場合にはこの時期ではかなり消耗して、登頂も難しかったかもしれません。15m+15mの滝は清涼感満点で素晴らしかったと思います。やはり「おさがり」とは違う自分だけのものは格別です。それがブタ沢であろうと自分だけのブタ沢ですからね。また、お付き合い下さい。


http://www7.ocn.ne.jp/~yaeko/index.htm
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ